2017年04月19日(水)03時39分

タランティーノ映画をゲーム化した『Reservoir Dogs: Bloody Days』が5月18日リリースへ

見下ろし型シューター『Reservoir Dogs: Bloody Days』が5月18日にSteamでリリースされる。

スペインのデベロッパーBig Star Gamesが開発を手掛ける『Reservoir Dogs: Bloody Days』は、クエンティン・タランティーノの監督デビュー作『レザボア・ドッグス』を基にしたシューターで、6人のプレーアブル・キャラクターを操作し、18の異なる銀行強盗シナリオを成功させることになる。

俳優陣の肖像権を獲得することができなかったため、登場するキャラクターたちは全てゲーム・オリジナルとなるが、1人のキャラクターを30秒操作すると時間が巻き戻り、同じ時間帯の出来事を異なるキャラクターを操作して追体験するという、映画の時間軸操作ストーリーテリングを模したメカニックが導入されている。

パブリッシャーは、映画『レザボア・ドッグス』の権利を持つ映画配給会社ライオンズゲート。

ソース: Eurogamer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: ニュース タグ: Reservoir Dogs: Bloody Days