2017年06月11日(日)00時50分

『DiRT 4』海外レビュー

dirt4.jpg

『DiRT 4』の海外レビューです。

  • ジャンル:レース
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Codemasters
  • 販売:Codemasters
9.2/10 IGN
『Colin McRae Rally 2005』以来初めて、Codemastersが『Colin McRae』の懐かしいコ・ドライバーを『DiRT 4』に登場させているのは象徴的だろう。『DiRT 4』は、シリーズの古き良き時代への回帰に感じられるからだ。グリストがペースノートを読み上げる声――「Colin」という名前で始まるあらゆるゲームを食い尽くした90年代末期から2000年代初頭に、私の脳裏に焼き付いた声だ――を聞き、私は20年前に戻っていた。当時のCodemastersのラリー・ゲームは、他のオフロード・レース・ゲームの基準となっていた(少なくとも『Richard Burns Rally』や『WRC: Rally Evolved』の頃までは)。そうした日々が帰ってきたのだ。取っ付き易いが手強く、泥臭いがゴージャスな『DiRT 4』は、ラリー・レーシングの新たな基準となるだろう。練り込まれたキャリア・モードと終わりなきステージが途方もないスタミナを注入している。文句なしで素晴らしい。
9.0/10 GameSpot
良い点:
・2つの特徴的なドライブ・モデルと無数の不確定要素によって難易度を細かく調整できる
・スリリングで手に汗握るラリー
・便利で役立つチュートリアル
・ゲームの寿命を延ばし、未知の恐怖を維持するYour Stage
悪い点:
・すぐに単調で退屈になるLandrush

デイリー、ウィークリー、マンスリーのコミュニティ・チャレンジだけでなく、レース・スタイルに応じた対戦オンラインまで、『DiRT 4』はコンテンツ満載だ。過去のナンバリング・シリーズと同じ華麗さや状況は失われているかもしれないが、『DiRT 4』は『Dirt Rally』の純粋なシミュレーションが持つ奥深さを維持する一方で、豊富な難易度オプションを提供することで、幅広い客層に門戸を開いているのだ。『Dirt Rally』の容赦ない難易度が古くからのファンを遠ざけてしまったとするなら、取っ付き易さに力を入れた本作は彼らを引き戻すことができるだろうし、Your Stageのほぼ無限の可能性が彼らを飽きさせないはずだ。『DiRT 4』はCodemastersの真骨頂を示す輝かしいお手本である。

良い点:
・唯一無二のラリー・レース
・膨大な数のモード
・やりがいのあるキャリア・モード
悪い点:
・リプレー中の不安定なフレームレート
・好き嫌いが分かれそうなチーム管理要素

Codemastersの土台となるレース・フランチャイズの最新作は、PS4で最も優れたラリー・レーシング以外の何物でもない。

9.0/10 Game Informer
コンセプト: ラリー・ステージを無限に生成できるようになっただけでなく、Codemastersのオフロード・シリーズを大きく進化させている
グラフィック: 多少フレームレートの低下はあるものの、非常に綺麗なゲームだ
サウンド: 駄目になる前にパーツの軋みが聞こえるのは恐ろしい。ナビゲーターが順位を伝えてくれるが、大抵は無視して好きにプレーした
プレー性: いつも通り、様々な調整が可能な難易度とアシストによって、各個人が自分だけのスウィート・スポットを見つけることができる
エンターテイメント性: ほぼラリー部分だけを楽しんだとはいえ、『Dirt Rally』の穴を埋める盛り沢山のパッケージである
リプレー性: 高い

『Dirt Rally』は素晴らしいゲームだったが、フィーチャーが不足していた。『Dirt 4』はそうした穴を埋めるだけでなく、フランチャイズに豊かな背景を加えることで、シリーズの最高傑作に仕上げている。複数のレース・スタイルを超えた新たなアイデンティティもある。Codemastersは、決して満腹になることのないつかの間の危険への食欲を刺激するご馳走を提供してくれる。

9.0/10 God is a Geek
良い点:
・あらゆるプレーヤーを満足させる2つの異なるハンドリング
・ほぼ無限のリプレー性をもたらすYour Stage
・素晴らしいキャリア・モード
・Rallycrossがハイライト
悪い点:
・公式WRCライセンスがない
・少し一本調子なAI

包括的なキャリア・モードから楽しいRallycrossやJoyrideまで、『DiRT 4』はCodemastersの最高傑作の一つだ。ラリー・ゲームとしてもずば抜けている。

8.8/10 Gaming Nexus
まともなシミュレーション・レース・ゲームの到着を一年近く待たされた結果、『DiRT 4』は私を没頭させてくれた。
良い点:
・現実的なシミュレーション・ハンドリング
・尽きないリプレー性を約束するコース生成
・白熱のオーディオ
悪い点:
・物足りない環境グラフィック
・コース外でのアクティビティが不足しているキャリア・モード

『DiRT 4』にはレースの魅力が凝縮されている。車のチューニングに時間をかけ、試乗をし、ガレージに戻してさらに調整を加え、全てが完璧になるまで何時間も繰り返すこと。赤いライトが消えてゴー・サインが出た途端に一日の疲れが吹っ飛ぶこと。完璧な走りを決めて勝利に浸ること。最後の瞬間に大逆転されても、自らの過ちから学んで前を向いて新たな挑戦に挑むのだ。

84/100 COGconnected
良い点:
・手に余ることなく豊富な選択肢を提供するハンドリング
・最高の難易度曲線
・説得力のある天候
・違いが実感できる異なる路面
・豊富なイベントとチャレンジ
・これまで以上に深みのあるキャリア・モード
悪い点:
・5つのラリー・ロケーションのみ
・相変わらず取って付けたようなLandrushモード

『DiRT 4』は極めて洗練され、練りに練られたゲームで、このジャンルに多くのプレーヤーを引き込むことに成功するかもしれない。美しいゲームだし、アーケード・スタイルのハンドリングという選択肢が新たに加わったことで、敷居も低くなっている。オプションが増えたことで、ハードコアなプレーヤーの扱いも良くなっている。速く、汚く、手強いレース・ゲームが好きなら、間違いなく『DiRT 4』を気に入るはずだ。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・シミュ好きとゲーマー両方の期待に応えている
・素晴らしいYour Stageの自動生成
・スキル重視のレースのために巻き戻しの廃止
・Landrush、Rallycross、Joyrideのミニゲーム
悪い点:
・少々敏感過ぎるレース
・相変わらず表面的に感じるチーム作り
・前作の楽しくクールなマルチプレー・フィーチャーの削除

『Dirt Rally』がまだ来ぬ未来を垣間見させてくれただけだったとするなら、『DiRT 4』はラリーだけでなく、本格的なレース・アクションと共に長寿シリーズを復活させている。より焦点を絞ったスタイルや控えめな態度を目指したせいか、『DiRT 3』のテンションの高さや楽しさはいくらか失われているものの、無限の新ステージのお陰で、『DiRT 4』は末永く楽しめるラリー・ゲームとなるはずだ。

8.0/10 Push Square
『DiRT 4』は、『DiRT Rally』の強固な土台に、DiRT AcademyやLandrushの復活といった嬉しいアップデートをまぶしている。ハンドリングはどちらも充実しており、運転するのが本当に楽しい車ばかりで、極めて満足感がある。キャリア・モードはやることが山盛りだし、Your Stageのお陰で新しい試練が尽きることもない。些細なグラフィックの欠点を除けば、エンジン全開のデベロッパーにとっての新たなサクセス・ストーリーである。
4.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・終わりなきレース・アクション
・爽快
悪い点:
・少々平凡なビジュアル
・クロスカートめ

多くの現代レース・ゲームがビジュアルのショーケースになろうと頑張っているところに、『DiRT 4』はボンネットの下に力を入れている。忌々しいクロスカートを除く全ての車種は爽快で、いたずら好きな機械の野獣を手なずけようとしているかのようだ。ぶつかるたびに車体が変形するし、ラップごとに泥だらけになるし、バンプごとにドライバーの頭が揺れる様子が見て取れるのだ。超説得力がある。

しかも、常に新しい車種や未知の試練が待っているので、長くプレーした後でも新鮮さが失われることがない。『DiRT 4』は、次のコーナーに何が待ち受けているのか分からない時こそがラリーの真髄であるということを証明している。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
Codemastersは『DiRT 4』で十分意義深いアップグレードを持ち込みつつ、レーシング・シミュとしての柱を維持している。ハードコアなファンを満足させつつ、シリーズに興味があった人たちを引き込めるだろう。楽しいレースとシリアスなレースという、2種類の特徴を持たせることに成功している。技術面でも、車狂を笑顔にするはずだ。ビジュアルとオーディオ・デザインは素晴らしいし、楽しいモードも豊富だ。キャリア・モードとコース生成は最高の追加要素だが、そのどれもプレーヤーを満腹にすることはない。これまで『DiRT』シリーズをプレーしたことがないなら、『DiRT 4』は入門編として決定版である。
『DiRT 4』は、練られた試練としても、ラリー世界全体への前菜としても偉業と言える。ハンドリングの素晴らしい実際のレース部分が高品質なのも嬉しい。
7.5/10 Destructoid
『DiRT 4』はラリー・レーシングを再定義するゲームではないかもしれないが、可能な限り純粋な体験を提供することに焦点を絞っているのは、万人を満足させたがる業界においては賞賛すべきことだろう。既に真夜中で疲れ切っているにもかかわらず、キャンペーンに舞い戻るのが待ちきれない。
良い点:
・最高なシミュレーション・ハンドリング
・モードや自動生成コースなど豊富なコンテンツ
・特徴は薄いがとても取っ付き易いゲーマー・モード
悪い点:
・不必要な対立を生むシミュレーションとアーケード・ハンドリングの二択
・平凡なプレゼンテーション
・手作りコース不足と物足りないグラフィック
・キャリア・モード

手堅いラリー・レースだが、心配になるほど優柔不断なゲームでもあり、万人を満足させようとしたために焦点がぼやけ、個性が失われている。

70/100 PC Gamer
取っ付き易く、カスタマイズ性の高いオフロード・レース・ゲームだが、中途半端なキャリア・モードが足を引っ張っている。
3.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・変わらず超ハードコアなラリー・モード
・最高なコミュニティ・チャレンジ
・やりがいのある全モード
悪い点:
・過去作から後退したLandrushとRallycross
・とにかくイライラすることがある
・万人向けを目指して失敗している

一流のラリー・シミュとしてだけでも買う価値がある。しかし、帰ってきたレース・モードは退屈でイライラさせられ、物足りない。

『DiRT 4』は真に迫る革新的なオフロード・レース・ゲームだが、並外れた前作のフォーカスや巧妙さが欠けている。