2017年08月03日(木)03時38分

『Tacoma』海外レビュー

tacoma.jpg

『Tacoma』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:Xbox One/PC
  • 開発:Fullbright
  • 販売:Fullbright
9.5/10 God is a Geek
良い点:
・素晴らしい物語
・練り込まれた環境
・興味深いキャラクターたち
・素晴らしいARデータ・セグメント
悪い点:
・物語ほど強力ではないエンディング

ビデオゲームにおける優れたストーリーテリングの可能性を信じているなら、Fullbrightがまたしてもその可能性を証明してくれた。それも、最高水準で。

9.5/10 Game Grin
最高の物語とストーリーテリングを欲しているなら、『Tacoma』をプレーしよう。自らの目標を完璧に達成している。
9.0/10 Destructoid
『Tacoma』は万人向けではない。短いものの、瞑想的で理路整然としている。静かな探索や共感を楽しむ人向けなのだ。派手なアクションや戦闘は存在せず、手の込んだパズルやゲーム・オーバーもない。その代わり、『Tacoma』は練り込まれた舞台設定をプレーヤーに提示し、かつて家と呼ばれた場所の謎を探るよう促すのだ。人生というのは、銀河の真っただ中にあってすら、平凡で目新しさはないかもしれないが、『Tacoma』のプレゼンテーションは文句なく驚異的である。
9.0/10 NZGamer
『Tacoma』の物語は伝統的なものだが、それは必ずしもネガティブな要素ではない。開発陣はジャンルに期待されるものを活用し、感情移入できるキャラクターたちを構築している。彼らの人生、彼らの体験、彼らの欠点を祝福しているのだ。彼らはシニカルな世界に組み込まれているものの、それを利用して人間性の希望的側面を掘り下げているのである。
おススメ Eurogamer
短く極上で少々物足りない、『Gone Home』の心地良い環境ストーリーテリングのスペキュレイティブ・フィクション版。
8.5/10 IGN
『Tacoma』は、比較的短い時間で8人のキャラクター全てを興味深い存在にするという試練を見事に克服している。順番のバラバラなARレコーディングを用いてTacomaで起きたエキサイティングな出来事を知るというのは、会話のあらゆる側面を見るユニークな手法であり、人気を獲得してくれることを願いたい。この美しいステーションをより長く探索する時間や出来事がもっとあればなお嬉しかったが、私がこの驚異的な架空の未来で過ごした時間は素晴らしいものだった。
84/100 PC Gamer
真実味と深みのあるキャラクターたちによる、知的で思慮深いSFミステリー。
8.25/10 Game Informer
コンセプト: 迫り来る破滅を前に、Tacomaの乗組員6人の生活を追う
グラフィック: 宇宙ステーションには落ち着いた雰囲気があり、薄暗いエリアが満載
サウンド: 一部の部屋では抑制の効いた音楽が流れるが、サウンド・デザイン全体は最低限に抑えられている
プレー性: 録画シミュレーションのプレー、ポーズ、巻き戻し機能は上手く機能しており、物語を繋ぎ合わせると非常に面白くなってくる
エンターテイメント性: モラルと人間関係についての魅惑的な物語のお陰で、プレーする価値のある体験に
リプレー性: 控えめ

ユニークな分岐物語と強力なキャラクター陣によって、『Tacoma』は惨事を目前にしたモラルと人間関係についての魅惑的な物語を語ることに成功している。『Gone Home』の土台を更に発展させているが、没入感のある物語を独自の手法で語り切っている。

4.0/5.0 Games Radar+
良い点:
・驚くほど背筋も凍る未来像を提示
・斬新な手法でキャラクター同士のやり取りを見せるAR録画
・キャラクターたちの人生の隙間に隠された魅力的なディテールを自分のペースで見させてくれる
悪い点:
・上手く絡み合わない各プロット、何か見逃したら尚更
・数少ないパズルは単純でわざとらしい

一部の物語は期待ほど上手く収束していないものの、Fullbrightのこの2作目は、企業が我々から人間性を奪う様を掘り下げた、物静かで恐ろしい作品である。

4.0/5.0 Twinfinite
良い点:
・見たり干渉するのが楽しいARクリップ
・秘密や遊びに満ちたTacoma宇宙ステーション
・Fullbrightによる素晴らしい物語
・優れたサウンド・デザインと声優の演技
悪い点:
・没入感を削ぐ不安定なパフォーマンス

Fullbrightはまたしても、ゲームというよりも体験に感じられる作品を作り出している。その物語は多面的で、宇宙ステーションに散りばめられた物語の欠片がプレーヤーを待ち受けている。ARクリップを再構築して物語を追うというのは、斬新かつユニークなストーリーテリング手法だし、そこに『Gone Home』で見たような探索や周辺への干渉が加わることで、2013年の物語主導型ゲームプレーがしっかりと進化しているように感じられる。SFアクションやエイリアン退治を求めるなら、他を当たるべきかもしれない。しかし、素晴らしい物語と没入できる魅惑的な宇宙ステーションを求めるなら、『Tacoma』は極めて優れた選択肢となるはずだ。

7.0/10 GameSpot
良い点:
・ステーションの命を吹き込む豊かな環境ストーリーテリング
・顔のないキャラクターたちに感情的深みをもたらす強力な演技
・多層的なディテールを通じてキャラクターたちやその人間関係を掘り下げることで現実味が増している
悪い点:
・大局的な物語が主要人物の物語と効果的に繋がっていない

私は今でも本作について考えを巡らせているし、説明されたなかった部分について推測し、近未来世界の入り組んだ政治について思いを巡らせている。ホログラムと彼らが残したものを通じてしか知りえないTacomaの乗組員に、私は概ね深い愛着を感じたのだ。そこに存在しない人間に感情移入させること、それが『Tacoma』最大の功績である。

7.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・驚異的な脚本
・描き込まれたキャラクターたちと世界構築
・環境ストーリーテリングの最高峰
・ホログラムの会話録画を見直すクールなギミック
悪い点:
・長いロード時間
・サスペンスを台無しにするとあるディテール
・インタラクティブ性が低い
・ジャンルを進化させていない

『Tacoma』には最高のキャラクター描写があり、大きく毛色の異なるSFだが、私の楽しみは物語の語り口における一つの過ちに吸い取られてしまった。ロードにも問題を抱えているし、見た目もどこか平凡だが、周囲を見渡せば、環境ストーリーテリングは一流だ。最後には、キャラクターたちに感情移入することができたものの、彼らの窮状にはあまり関心が持てなかった。

7.0/10 Polygon
『Tacoma』は何よりもまず物語を優先しているが、それ以上に、インタラクティブ体験であり、それが長所でもあり短所でもある。物語は再生メカニックを中心に構築されており、それがこのステーションで起きたことを示唆してくれる。しかし、再生システムということはつまり、ひたすら人々の話に耳を傾けたり、ワイヤーフレームを眺めたりすることになるのだ。打ち捨てられた宇宙ステーションについてのゲームにしては、『Tacoma』には人々との交流が数多く盛り込まれている。しかし、私の脳裏に刻まれたのは、宇宙で一人きりになった瞬間なのである。
3.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・素晴らし舞台設定と雰囲気
・多彩で描き込まれたキャラクターたち
・超一流の環境ストーリーテリング
悪い点:
・物足りない物語
・驚くほど短い
・白紙状態のAmy Ferrier

Fullbrightは、驚異的ではあるが最終的には消化不良なナラティブ・アドベンチャーを作り上げている。キャラクターたちと舞台設定は、セリフと雰囲気に関しては業界随一だが、全体のプロットが貧弱過ぎてまとまりに欠くのである。とはいえ、宇宙ステーションを一人で探索した旅路を後悔することはないだろう。

3.5/5.0 USgamer
インターフェース: 見やすいUIによる巻き戻し、ポーズ、早送りは全て正確で手軽。だが、2088年にはserifフォントなど存在しないのだろう、一部のオブジェクトに書かれた小さな文字は必要以上に読みにくくなっている。でも、それが未来なのだろう
ボリューム: どこまで徹底的に調べるかにもよるが、『Tacoma』は短くも極上の2、3時間だ。私がプレーした時は3時間を少し超えたが、少し長めの部類に入るだろう

『Tacoma』に登場する宇宙ステーションほど、隅々まで作り込まれたゲーム世界には、滅多にお目にかかれないはずだ。キャラクターたちは概ね物足りず、物語は魅力に欠けているものの、この宇宙ステーションは時間を割いてでも訪れたくなる場所である。自分で準備をしてビリヤードをプレーすると、パニックを起こしたデジタル幽霊が生活費の心配をするゲームなんて、他にないだろう?

良い点:
・ビデオゲーム最高峰の見事な脚本と声優の演技
・あからさまなお約束を避けた野心的で入り組んだ物語
悪い点:
・多すぎる無関係な会話と面白い交流の欠如によって、最後まで見届けるのが苦痛
・驚くほどぎこちない最後のまとめ

『Gone Home』に次ぐ残念な新作の物語は、面白味やまとまりに欠けており、インタラクティブ・ストーリーテリングのアートを進化させることに失敗している。

『Tacoma』の一流の物語とプレゼンテーションは、探索ゲームのファンですら退屈してしまう不適切な構造に落とし込められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Tacoma