2017年09月28日(木)02時20分

『FIFA 18』海外レビュー

fifa18.jpg

『FIFA 18』の海外レビューです。

  • ジャンル:スポーツ
  • 機種:PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PC/Switch
  • 開発:EA Canada
  • 販売:EA Sports
良い点:
・驚きに満ちた最高のストーリー・モード
・一流のプレゼンテーション
・スピーディで楽しいゲームプレー
悪い点:
・やはり魅力を感じられないFUT

『FIFA 18』は、あらゆるゲーマーを満足させる素晴らしいゲームだ。Alex Hunterの最新章は共感を呼ぶ人間臭い出来だし、多種多様なモードを通じて洗練されたゲームプレーを堪能することもできる。この美しい競技のファンなら、本作をチェックすべきだろう。

4.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・ピッチ上の改善
・選手の容姿がそっくり
・2年目にして本領を発揮したFrostbiteエンジン
悪い点:
・下部リーグは楽しくない
・頑固な批評家をなだめることはできないであろういつものFUT要素

数々の改善が施された最高のサッカー・パッケージだが、それでもライバルのファンを引き込むことはできないだろう。

グラフィック 5.0: スポーツ・シミュとして最高の美しさ。『FIFA』は毎年最高のビジュアルを提供してくれる
操作性 5.0: フランチャイズ最高の操作性だ
音楽/効果音/ボイスアクト 4.5: ジャンル最高峰の実況がリアリズム溢れるサウンドを盛り上げている
バリュー 3.0: これまでリプレー性に苦しんできた『FIFA』だが、『FIFA18』も例外ではない

『FIFA 18』は、サポートに値するゲームだ。細かな不満点の多く、特に選手の動きも解消されているし、The Journeyも唯一無二の体験となっている。グラフィックもゴージャスで、思わず見惚れてしまう、正に芸術だ。FUTへの改善がないのはマイナスだが、全体としては時間とお金を投資する価値はあるだろう。なにはともあれ、レアル・マドリッドのファンが狂喜する中、最も美しいスタジアムの一つでロナウドの髪が風をディフレクトするさまは最高である。存分に楽しもう。

4.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・シリーズ最高のサッカーを体験できる
・素晴らしいライティングを備えたゴージャスなグラフィック
・相変わらずスポーツ・ゲーム最高のモードUltimate Team
・キャリアに新たに加わった交渉は素晴らしい
悪い点:
・キャリア・モードの改善を不十分と感じる人もいるかも

『FIFA 18』はとにかく素晴らしい。過去作だけでなく、ライバルを大幅に凌駕している。全面的に大幅な改善が施されており、ファンが待ち望んだゲームに仕上がっている。オフラインは相変わらず『NBA 2K18』のような深みに欠けるものの、年々積み重ねられてきた改善が実を結んでいる。

4.5/5.0 Hardcore Gamer
『FIFA』の勢いは衰える気配を一向に見せていない。ピッチ上のアニメーションや多彩で現実的なプレゼンテーションへの改善によって、プレーヤーを飽きさせないゲームプレーが更にグレードアップしている。不必要に複雑なメニュー・システムへの依存したFUTとキャリアにも、同様のグレードアップがあればなお良かったが、全体としては、今年最も取っ付き易い大衆向けゲームとして、『FIFA 18』が再び王座に君臨するだろう。
4.5/5.0 Game Revolution
各モードにはそれなりに問題点も残されているものの、『FIFA 18』は『12』で最後に刷新して以来の最高傑作だと感じている。違いはあまり目立たないし、ゲームプレーへの影響を実感するにはそれなりに時間がかかるものの、シリーズで最も洗練された作品であることは間違いない。よりリアルな選手のアニメーション、怖いほど似ている容姿、改善された天候エフェクト、細部へのこだわりが凄いスタジアムがピッチに命を吹き込んでおり、今年の『FIFA』ファンは大いに楽しめるだろう。
スポーツ・ゲームの新作が手抜きに感じられることは多いが、『FIFA 18』はそう感じさせない。隅々まで濃密な充実したゲーム・モードが満載で、あとはどこから手を付けるか決めるだけ。どこから始めようとも、サッカー・ファンは決して失望しないはずだ。
8.75/10 Game Informer
コンセプト: 2年目のAlex Hunterの物語を語りつつ、熱心なファン向けにシングルプレー・チャレンジを強化
グラフィック: TVスタイルのプレゼンテーションは相変わらず一流で、Frostbiteエンジンのお陰で全てが美しい
サウンド: キャリア・モードにおける監督やチーム・メイトは相変わらず無言で、2年連続だけに気になる
プレー性: パスが思ったところに行かなかったりするし、過去作の様々な問題点も健在だ。とはいえ、左スティックでのランやドリブルは単純に心地良い
エンターテイメント性: いつものゲームに、魅力的なHunterの物語を追加
リプレー性: 高い

『FIFA 18』はAlex Hunterを更なる大舞台へと誘う。物語は確かに魅力的ではあるものの、久しく大きな変化のないキャリア・モードなどにも、そろそろ手を入れるべきだということも露呈している。どのモードもプレーする価値は十分にあるが、本作はあくまでスーパースター寄りだ。

85/100 COGconnected
良い点:
・戦術に焦点を当てている
・キャリア・モード
・改善されたディフェンス
・数々の細かな改善
・実在の選手を(遂に)再現
悪い点:
・The Journeyのシーズン2
・最悪のPKシステム

『FIFA 18』は追加要素のゲームであり、ほぼ全てのモードのファンは追加要素を楽しめるはずだ。守備のアートへの注力、待ち望まれた選手ごとのプレー・スタイルキャリア・モードに加えられた細かな調整が大きな違いを生んでいるし、Pro Clubも遂に真価を発揮している。Hunterの2年目のスランプがこの傑作の唯一の欠点だ――あとは、お願いだからPKシステムにパッチをあててくれ。

8.1/10 IGN
『FIFA 18』は新たなアイデアを導入することで、過去の栄光に胡坐をかいていないことを証明している。しかし、より簡略化された体験となっており、最高レベルのサッカーがもつ複雑さを謳歌することに失敗している。攻撃偏重なため、スペクタクルな試合を繰り広げることはできるが、深みと戦略を備えた実際の試合というより、オフェンスの練習試合のように感じてしまうのだ。
8.0/10 Video Gamer
良い点:
・近年で最も滑らかなボール・コントロールと攻撃
・FUTに施された調整が最高のモードを更に改善
・芝居がかっていて楽しいThe Journey
悪い点:
・重要性が低く感じるディフェンダー
・セットプレーが苦痛

『FIFA 18』は近年のシリーズ最高傑作だ。明白な欠点も残されているとはいえ、全体としては再び進化を遂げている。

良い点:
・驚異的なマッチデイの雰囲気
・前作より若干試合速度が落ちたゲームプレー・スタイル
・陳腐さが楽しいThe Journeyを含む最高のモードの数々
悪い点:
・相変わらず物足りないディフェンス
・強すぎるスター選手
・組織化が大変なセットプレー

改善は僅かだが、それでもゲームプレーとプレゼンテーションにおいて、近年で最高の『FIFA』である。

8.0/10 Gaming Nexus
刷新されたキャリア・モードとThe Journey第二章はどちらも素晴らしい体験で、クロスや戦術的ランといった一部のゲームプレー要素は修正されているものの、腹立たしい問題が残されている。まだ楽しめるゲームではあるものの、このフランチャイズもかつての栄光に胡坐をかく余裕はもうないだろう。
4.0/5.0 Digital Trends
良い点:
・滑らかで魅力的なゲームプレー
・抑制の効いたストーリー・モード
・美しいビジュアル
・Ultimate Teamに新たなプレー法を加味するSquad Battles
悪い点:
・最悪なセレブのカメオ出演
・鈍いメニュー・システム

『FIFA 18』のストーリー・モードは、ねぎらいと選択の幻想に頼り過ぎているきらいがあるが、それでもEAはAlex Hunterとその家族の物語を見事に語り切っている。やりがいのあるゲームプレーはサッカー嫌いをも魅了する出来で、脚本をしっかりとバックアップ。ただ、時間を作って家族に別れを告げることを忘れないように。可能な限りの時間が必要になる。

4.0/5.0 Twinfinite
良い点:
・素晴らしいプレゼンテーションとリアリズム
・Frostbiteエンジンが選手やスタジアムの雰囲気に命を吹き込んでいる
・少々ベタで過剰にドラマチックだが、Hunterの新たな物語は楽しめる
・末永くファンを楽しませる膨大なコンテンツ
・ピッチ上への改善のお陰でオフェンスは素晴らしい
悪い点:
・ディフェンダーがかなり不利に感じる
・雑なHunterのレイティング・システム
・ピッチ上のいつもの不満点は健在

『FIFA 18』は、『FIFA 16』がそうであったような、前作からの劇的な改善には感じられない。オフェンスに施された改善は、スーパーゴールや流れるような試合展開を可能にしている。残念ながら、そのせいで一方的な試合展開になりがちなのである。そこに何年も前から解消されていないピッチ上の問題点も加わり、運が悪いとこっぴどい負け方をする羽目になる。それでも、シリーズのファンなら最新ロースターや一流のプレゼンテーション、シリーズの代名詞でもあるリアリズム、そしてAlex Hunterの物語のドラマチックな次章を楽しめるはずだ。

4.0/5.0 USgamer
ビジュアル: 4KとHDRは『FIFA18』、特にThe Journeyに最適だ。一部のメジャーなスタジアム、なかでもMLSのスタジアムは過去作にはなかった雰囲気を醸し出している
サウンド: 実況はいつも通り平凡かつ単純で単調。時代が違うといったところ。しかし、スタジアムの雰囲気は大幅に改善されている。観客の興奮が実感できる
インターフェース: お洒落でシンプルかつ使いやすい。他のどのスポーツ・ゲームよりもロードが早い。それが『FIFA』の秘密兵器だろう

ピッチ上のアクションには繊細さが増し、プレゼンテーションも派手に、そしてJourneyの新章もある。だが、友達とカウチに座ってスピーディで派手なサッカーを楽しむという、『FIFA』の本質に変わりはない。そこが楽しいのである。

『FIFA 18』は、サッカーの華麗なショーとしての側面を支える、魅力的な攻撃サッカーを展開する。Frostbiteエンジンが真のスターであり、「美しい競技」の圧倒的なビジョンを見せてくれる。
7.0/10 GameSpot
良い点:
・多種多様な雰囲気がさらに盛り上げる一流のプレゼンテーション
・幅の広さと奥の深さを兼ね備えたモードが末永く楽しませる
・前作よりも僅かに反応と安定性が改善されているように感じられる
悪い点:
・動きとボールは『ウイイレ2018』に後れを取っている
・前作からあまり変わっていないモード

バラエティ豊富なゲーム・モードからプレゼンテーション、FUTへの定期的なアップデート、デイリー・チャレンジ、現実の出来事に触れる実況まで、『FIFA 18』はサッカーの世界を堂々とビデオゲームに移し替えている。だがピッチ上となると話は別で、より滑らかで充実した『ウイイレ2018』の後塵を拝している。今年の改善は嬉しいが、『FIFA』が再び世界チャンプに返り咲くためには、更なる努力が必要だろう。

7.0/10 DualShockers
『FIFA 18』は完璧とは程遠く、カスタマイズ性の欠如と感情のない選手のアニメーションが足を引っ張っているが、決して悪いゲームではない。しばらく『FIFA』をプレーしていなかった人から長年のファンまで、シングルプレーのためだけにでも本作でシリーズに復帰すべきだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: FIFA 18