2017年09月26日(火)16時25分

米俳優組合のスト終結、パブリッシャーと暫定合意

声優やモーション・キャプチャー俳優の待遇改善を求めてストライキを実施していた米俳優組合SAG-AFTRAが、ActivisionやElectronic Artsを含む11のパブリッシャーと暫定合意に達したと発表した。

SAG-AFTRAは、分配金契約の導入や労働時間の制限、モーション・キャプチャー時の安全性の改善、オーディションにおける透明性の向上などを求め、昨年10月からストライキを実施していた。

今回の暫定合意によって、俳優たちは録音セッションの回数に応じたボーナスを受け取ることができるほか、声優の喉を守るために一度の録音セッションは2時間が上限とされた。加えて、パブリッシャー側には、声優を雇用する前に対象ゲームのジャンルや台詞の内容を開示することが義務付けられる。

SAG-AFTRAの役員会は、10月に合意内容を審査、承認する見込み。

ソース: GameSpot

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: -