2017年11月10日(金)06時40分

『Need for Speed Payback』海外レビュー

nfspayback.jpg

『Need for Speed Payback』の海外レビューです。

  • ジャンル:レース
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Ghost Games
  • 販売:Electronic Arts
8.0/10 God is a Geek
良い点:
・シンプルで楽しいハンドリング
・『Burnout』風のテイクダウン
・豊富なレース・スタイル
悪い点:
・不必要に感じるスピード・カード
・ラバーバンドAI

『Need for Speed Payback』は確かに革新性こそないものの、『Forza Horizon』と『Burnout Paradise』の要素を織り交ぜ、楽しいド派手なレース・ゲームを生み出している。

8.0/10 CGMagazine
全体として優れたゲームも、酷いビジネス判断に足を引っ張られることがあるのだ。
4.0/5.0 Hardcore Gamer
EAとGhost Gamesは、過去に上手く行った要素を持ち込むことで典型的な『Need for Speed』を生み出すことを目指し、概ね成功を収めている。不必要なナラティブが足枷になっているものの、世界が開けると最高に楽しいのだ。オフロード・レースは中毒性があるし、Derelictsの捜索は今後シリーズの大黒柱として定着するかもしれない。より早い段階で車種を揃えることができるので、過去作よりもRPG的要素は薄まっている。そこに素晴らしいマシン・カスタマイズやコミュニティ・フィーチャーが加わることで、『Need for Speed Payback』のコア要素はファンを末永く魅了するだろう。
75/100 GamingTrend
良い点:
・チャプターごとのド派手な見せ場
・アクティビティが満載の広大なオープンワールド
・異なる特徴を持つベースの5車種
・操作性とハンドリングの大幅な改善
・お帰り、カスタマイズ
悪い点:
・痛々しい台詞
・オープンワールド内の透明の壁
・適当なダメージ・モデリング
・あまり好きではないサウンドトラック

操作性、カスタマイズ、映画的演出を大幅に改善した『Need for Speed Payback』はより優れたレース・ゲームという公約を果たしている。とはいえ、ぎこちない台詞や広大なオープンワールドを狭める透明の壁が、稀なノッキングを引き起こしている。シリーズにとって良い一歩であり、Ghostの次回作の優れた土台となるはずだ。

3.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・素晴らしい『ワイルド・スピード』的なストーリーライン
・目を見張るオープンワールド
・レースやサイド・コンテンツの最高のセレクション
悪い点:
・難易度の壁に直撃するドラッグ・クエストライン
・複雑すぎるAI
・少々作業感がある

『Need for Speed Payback』は、『ワイルド・スピード』的ルーツへの回帰を成功させているが、作業が多く、美しいが空っぽな世界のせいで、傑作には及んでいない。

3.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・スリリングなレース、ドリフト、ドラッグ・イベント
・最高の景色
・楽しいハンドリング
悪い点:
・ベタなストーリーライン
・胡散臭いゲーム内課金
・作業が多すぎる

レースやドリフト、オフロード、チェイスをしている時の『Payback』は、古典的な『Need for Speed』らしい良く出来たアーケード・レース・ゲームに仕上がっている。『Forza Horizon』のような華麗さやハンドリングは持ち合わせていないが、バラエティ、スピード感、スリルで大きな成功を収めている。

残念ながら、そうしたシンプルな喜びは、過剰な作業や合間のドライブのせいで台無しになっている。『Need for Speed』が最も尊敬されるレース・シリーズだったことはないが、最も楽しいシリーズの一つではあった。『Payback』には邪魔が多すぎる。

3.0/5.0 USgamer
欠点を抱えた新作で『Need for Speed』が帰ってきた。最高のレース・ゲームの骨格はあるし、オープンワールドをドライブしているだけの時は素晴らしい。進行システムは作業が必要だし、最低限の物語はB級映画のような深刻さでレースの喜びの妨げになっている。『Payback』には良いゲームが埋もれているものの、そこに辿り着くまでの道のりは険しい。
5.9/10 IGN
『Need for Speed Payback』は巨大でしっかりした出来の、自信に満ちたアーケード・レース・ゲームだが、リニアな警察とのチェイス、凝り過ぎで陰湿なアップグレード・システム、酷い台詞、そして薄っぺらなアクション・シークエンスが足を引っ張っている。何も問題はないし、見た目は派手だが、ビデオスルー級の復讐譚に全てを賭けた『Payback』は、私にとってはバストだった。
5.0/10 GameSpot
良い点:
・シンプルなドライビング・モデルが生み出すアーケード的なスリル
・広大で多彩なオープンワールド
・単調さを緩和する多種多様なイベント
悪い点:
・陳腐で広範囲に及ぶ物語
・制限的なストーリー・ミッション
・スピード感に欠ける
・目に余る作業偏重
・印象に残らないオープンワールド

『Need for Speed Payback』のありふれたレーシングは、作業偏重によって更に拡大されている。殆どレトロですらあるシンプルなハンドリング・モデルは、それなりの楽しさを提供してくれるが、一番盛り上がる場面に参加させてくれなかったり、ゲームの隅々に染み渡る平凡さといった欠点を凌駕するには不十分なのだ。『ワイルド・スピード』ではなく、実にガッカリな結果となっている。

4.0/10 EGM
『Need for Speed Payback』は、フランチャイズにとって新たな谷間になるかもしれない。面白くないキャラクターたちと酷いAIが無茶苦茶な進行システムをさらに悪化させており、他のレース・ゲームと比べて、このシリーズの凋落っぷりを象徴している。マルチプレーは手堅い出来だが、それは車は大破したが燃えなかったから良かったと言っているようなものだ。
シリーズを再び後退させる酷く平凡なオープンワールド・レース・ゲームで、『Need for Speed』が帰ってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Need for Speed Payback