2017年11月13日(月)04時33分

『Guardians of the Galaxy: The Telltale Series, Episode 5 - Don’t Stop Believin’』海外レビュー

gotg5.jpg

『Guardians of the Galaxy: The Telltale Series, Episode 5 - Don’t Stop Believin’』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/iOS/Android
  • 開発:Telltale Games
  • 販売:Telltale Games
『Guardians of the Galaxy: The Telltale Series, Episode 5 - Don’t Stop Believin’』によって、このシリーズはTelltaleの新たな古典となった。彼らは常にユーモアとドラマのバランスが絶妙で、このシリーズもその手腕が衰えていないことを証明している。声を出して笑う箇所もあれば、感動で涙することもある。このシリーズはアクション満載の結末で幕を閉じたが、成功の秘訣であるテーマと人間関係を綺麗にまとめている。
4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Don’t Stop Believin’』は中弛みしているように感じられるが、最終的にはユーモアとハートに満ちた楽しいフィナーレとなっている。これがTelltale版ガーディアンズの最後になったとしても、ガラクタ宇宙家族が将来戻ってこれる余地を残しつつ、シーズンが好調のまま幕を閉じたのは嬉しい。
7.2/10 IGN
『Episode 5 - Don’t Stop Believin’』は、面白いサプライズを用意しつつ、スリリングで充実した結末を迎えている。ただ、ガーディアンズ崩壊という薄っぺらな偽の危機と中途半端な再集結が、シリーズ全体の足を引っ張っている。だが、不満こそあるものの、シーズンとしてはTelltaleの中でも傑作の部類に入るだろう。ガーディアンズと聞くと、Telltale版のことが真っ先に思い浮かぶようになったほどだ。シーズン2で再びミラノに乗船出来たら最高に嬉しい。
7.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・ガーディアンズたちの過去を知ることができる
・素晴らしい声優の演技
・笑える
悪い点:
・退屈な探索
・貧弱なエンディング
・いくつかの技術的グリッチ
・堅苦しいアニメーション

このエピソード5は、シーズンにポジティブな結末を用意しており、ハッピー・エンディングは誰でも好きなものだが、ネガティブな選択を覆い隠してしまってもいる。シリーズのキャラクター主導要素は素晴らしく、ガーディアンズの過去を知ることができたのも嬉しいが、Telltaleの古臭いエンジンと往々にして退屈なインタラクティブ性はやはり足枷となっている。更なるシーズンや他のMarvelシリーズが楽しみではあるものの、プレーヤーを引き留めておくためには、物語へのプレーヤーの関与の仕方を変える必要があるだろう。

3.0/5.0 Twinfinite
良い点:
・ユーモラスで心温まるフィナーレを盛り上げる最高の脚本
・豊富なキャラクターの掘り下げ
・過去の決断を上手く活用
悪い点:
・完全に無意味に感じる決断
・フィナーレにしてはかなり短め
・ポテンシャルを活かしきれていない一部のシーン

シーズン全体としては、私が望んだ体験を提供してくれた。これほど笑いが絶えなかったのは『Tales From the Borderlands』以来だし、今年公開された続編映画よりも、こちらのアドベンチャーと物語の方が楽しめた。ガーディアンズたちと銀河を救えるので、避けられないシーズン2が楽しみだ。しかし、Telltaleは決断により重みを持たせる必要があるだろう。

5.0/10 Destructoid
『Guardians of the Galaxy: The Telltale Series』のフィナーレは華々しいというより貧弱だが、仲間たちと過ごした楽しい時間を台無しにするほどではなかった。とはいえ、この仲間たちとは離れたくないので、このシーズンで蒔かれた種が今後実ってくれることを願うばかりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: Guardians of the Galaxy: The Telltale Series