2017年12月24日(日)01時28分

『SpellForce 3』海外レビュー

spellforce3.jpg

『SpellForce 3』の海外レビューです。

  • ジャンル:RTS
  • 機種:PC
  • 開発:GrimLore Games
  • 販売:THQ Nordic
おススメ Eurogamer
昔気質のRTSが、高いレベルにいる友人の助けを借りて、力を増し続けている。
8.5/10 Hooked Gamers
良い点:
・最高の物語
・充実した戦闘
・手堅いキャンペーン
悪い点:
・少々厄介な操作性
・貧弱なAI

『Spellforce 3』は、RTSとRPGのブレンドとしては最高峰だ。ルーツに忠実に、まず何よりもファンのためのゲームだが、シリーズの新参者にも優しい作りとなっている。練り込まれたキャンペーン、素晴らしい脚本、充実した戦闘は、素晴らしいRPGの特徴である。『Spellforce 3』はそこに、征服、拠点建設、RTSバトルを付け足している――最高じゃないか。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
『SpellForce 3』は、開発中に垣間見せたポテンシャルを開花させている。多層的なゲームプレーと物語を楽しむにはそれなりの時間を投資しなければならないが、この種の、この規模のゲームとしては、驚くほど敷居が低い。RTSとしてもRPGとしても最高に奥が深いわけではないが、どちらも良く出来ているし、異なるゲーム・スタイルを融合させて独自の体験を生み出している。ハードコアなCRPGやRTSのファンにとっては、システムが少し単純に感じられるかもしれないが、システムは複雑な寄りも単純な方が良いはずだ。RPGファンは、『SpellForce 3』をデュアル・クラスのようなものと考えると良いかもしれない。何も突出したところはないが、両方をそれなりにしっかりこなしているのである。社会問題のスケープゴートとして魔法使いが追い立てられるという発想は目新しいものではないが、決して焼き直しにならないよう、開発チームはそこに独自性を加えている。2017年はRPGが豊作だが、『SpellForce 3』はこの年末にきて、既に驚異的なリストに加わった。
4.0/5.0 Impulsegamer
『Command and Conquer』と『Baldur’s Gate』が子供を作ったら、『SpellForce 3』になるのかもしれない。壮大な物語を冒険しつつ、軍事拠点を発展させていこう。
74/100 PC Gamer
『SpellForce 3』はRPGとRTSを融合させて楽しいゲームに仕上げているが、長く楽しめるだけの独創性がない。
7.0/10 GameWatcher
ストラテジーとRPGメカニックのユニークなミックスであり、奇跡的にも両立に成功している。
6.5/10 Wccftech
良い点:
・推進力となる楽しいスピーディなRTS
・堂々とした建造物や多彩な地形など、目を見張るビジュアル・デザイン
・素晴らしいサウンドトラックやアンビエント音など、最高のオーディオ・デザイン
悪い点:
・とんでもなく酷い声優の演技
・強引で出来の悪い物語
・RPG時の貧弱なレベル・デザイン、広すぎてスカスカなマップ
・戦術的繊細さのない原始的なAI
・イライラさせられるバグ

『SpellForce 3』は悪いゲームではないし、素晴らしい箇所もある。広範囲に及ぶ問題が散らばる、広大な世界が広がっている。RPGとRTSを巧みに融合させており、偏ることもない。しかし、RTS以外にやることがなくなってしまうことも多く、非常に美しいエリアも探索は退屈なのである。物語には興味深い要素も含まれているのだが、過剰な説明や声優の酷い演技など、ストーリーテリングは非常に物足りない。『SpellForce 3』は、特にスピーディなストラテジーはそれなりに楽しめるゲームだが、苦痛に感じられることも少なくない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 海外レビュー タグ: SpellForce 3