2017年12月24日(日)12時57分

『東亰ザナドゥ eX+』海外レビュー

tokyo.jpg

欧米でこの12月に発売された『東亰ザナドゥ eX+』の海外レビューです。

  • ジャンル:RPG
  • 機種:PS4
  • 開発:日本ファルコム
  • 販売:Aksys Games
9.0/10 God is a Geek
良い点:
・傑作のベスト・バージョン
・向上したグラフィックとパフォーマンス
・良くできた新ストーリー・コンテンツ
悪い点:
・一部のアニメーションの不具合

『東亰ザナドゥ eX+』は、今年の私のお気に入りゲームの決定版となるバージョンであり、JRPGファンにとって素晴らしいパッケージとなっている。

9.0/10 DualShockers
『東亰ザナドゥ eX+』を初めてプレーする人たちは、間違いなく待った甲斐があった。一方、既にプレー済みのファンは、多種多様な新イベントや大幅に改善された戦闘システムを堪能できるだろう。私は『東亰ザナドゥ eX+』を大いに楽しんだし、クリア後も新たに追加されたクエストを末永く楽しめるはずだ。
8.8/10 Video Chums
良い点:
・新たなシナリオ、モード、敵、ダンジョンは最高の追加要素
・PS4で向上したグラフィック
・白装束がとにかく最高
悪い点:
・バラエティと深みに欠ける物語、パーティ・カスタマイズ、ゲーム世界

オリジナルのVita版をプレー済みであろうとなかろうと、『東亰ザナドゥ eX+』は驚異的なアクションRPGダンジョン潜りゲームで、このジャンルのファンなら、充実したスピーディなチーム制戦闘、最高のサウンドトラック、チャーミングな世界をチェックすべきだろう。

8.0/10 RPG Site
このリマスター版に施された様々な改善のお陰で、Vita版がまるでベータ版のように感じられる。Vita版をプレー済みであっても、様々な新要素や再調整されたゲームプレーが、本作を新鮮な決定版たらしめている。『東亰ザナドゥ』をプレーするのがこれが初めてなら、PS4版を購入しよう。しかし、Vita版の経験者は、再調整された戦闘と追加ストーリーに、もう一度購入する価値があるかどうか自問自答する必要があるだろう。
7.0/10 Cubed3
『東亰ザナドゥ eX+』には、JPRGの古典を思わせる楽しい瞬間がそれなりに存在するものの、ペース配分のせいで傑作には至っていない。戦闘システムは素晴らしいが、仲間が多いわりに一人でしか戦えないという、唯一にして深刻な欠点を抱えている。燃え尽きるまで本調子が出ないだけに、長さを半分にすれば全体の質は向上しただろう。
『東亰ザナドゥ』は良いゲームだ。とにかく楽しいし、日本ファルコムは戦闘システムを知り尽くしており、尊敬に値する。私が直面した最大の試練は、最後までプレーするモチベーションを見出すことだ。大きな欠点のないゲームではあるが、とにかく長いので、興味を持続させるためにはより深みのあるテーマが不可欠だっただろう。残念ながら、日本ファルコム自身の傑作『英雄伝説 閃の軌跡』を再現するには至っていない。
良い点:
・驚異的な戦闘
・シンプルで充実したゲームプレー・メカニック
・レベル上げ作業を楽にしてくれるフィーチャーの数々
悪い点:
・平凡で面白味のない物語
・深みのないキャラクターたち
・物足りないレベル・デザイン

Asksys Gamesと日本ファルコムが『東亰ザナドゥ』のPS4移植に真剣であったなら、もっとできたことがあったはずだ。グラフィックには徹底的なオーバーホールが必要だったし、追加サイド・ストーリーも、そもそも平凡な物語を面白くすることはないオマケに過ぎない。しかし、良い部分を見れば、魅力的で楽しい戦闘を備えた楽しいダンジョン潜りゲームであり、Vita版を未プレーなら間違いなくプレーする価値があるだろう。ただ、40時間のプレー時間に値する『東亰ザナドゥ eX+』の美味しい部分を堪能するには、味気ないJRPGの大量のお約束に耐えなければならない。

6.0/10 Push Square
とにかく楽しい戦闘システムのお陰で、『東亰ザナドゥ eX+』は数時間を潰すのに最適のゲームだ。JRPGの王道ストーリーラインが展開されるため既視感は強いが、そこまで酷くはない。全体的に、本作には突出した点こそないものの、少なくともボリューム満点だし、プレーヤーを飽きさせない術を心得ている。