2018年01月06日(土)18時49分

『Brawlout』海外レビュー

brawlout.jpg

『Brawlout』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Switch/PC
  • 開発:Angry Mob Games
  • 販売:Angry Mob Games
4.0/5.0 Cubed3
『Brawlout』は、現時点でSwitchに空いた穴を埋めようという試みだ。残念ながら、ロンチを急かしたせいで磨き上げとコンテンツが不足している。このジャンルのメインである格闘はぎこちなく感じられ、まだまだ調整が必要だろう。そこにそれなりのバグと疑問の残るメカニックが加わり、現時点では対戦プレーヤーを満足させる出来とは言い難いものの、友達と遊べるパーティ・ゲームを求めるカジュアルなプレーヤーなら、それなりに楽しめるはずだ。
7.3/10 Game Space
良い点:
・強固なデザイン
・美しいキャラクターと世界デザイン
・簡略化された戦闘が楽しい
悪い点:
・本作ならではの特徴がない
・課金が押し付けがましく感じるストア

『Brawlout』は、優れた格闘アクションではあるものの、このジャンルに何ら革新性をもたらしていない。簡略化された格闘と取っ付き易さを備えた手堅いゲームであるとはいえ、新たな傑作対戦アクションが登場した暁には、本作をプレーし続ける理由は何もなくなってしまうだろう。Switchユーザーにとっては、数年以内に何らかの形で『スマッシュ ブラザーズ』が出るのは確実だし、任天堂のファースト・パーティ・ゲームだけに大成功を収めることは間違いないのだ。では、『Brawlout』は良いゲームなのだろうか?答えは概ねイエスで、格闘アリーナ・ゲームに期待する要素が全て詰まっている。しかし、独創性の足りないデザインや奇妙な課金の壁のせいで、本作はTKO負けを喫するかもしれない。

72/100 COGconnected
良い点:
・良くできた格闘アクション
・面白い格闘スタイルを持つ8人のユニークなキャラクター
・優れたチュートリアル・モード
・ブロックよりも動きを重視しているのはクールなアイデア
悪い点:
・キャラクターが重たく、リカバーが難しい
・8人中6人のキャラクターに10のクローンが存在

Switchでのロンチに向けて過酷な戦いを強いられた『Brawlout』は、格闘自体は良くできているもののバラエティに欠けているし、取っ付きにくさも本作の足を引っ張っている。Switchで『スマブラ』が出るまでの繋ぎには悪くないかもしれないが、長続きはしないだろう。『Brawlout』は私の格闘アクション禁断症状の恒久的解決策にはなりえないかもしれないが、しばらく楽しむには十分な出来である。

7.0/10 Destructoid
『Brawlout』は、DrifterやJuanの参戦もあり、インディ版『スマッシュ』という立ち位置だ。マトモな発売後のサポート、そしてなによりもユーザーが付いてくれば、Wii Uの『スマッシュ』が開けたクッパ級の穴を埋めるほどに成長できるかもしれない。それまでは、物足りなさの残る楽しいパーティ・ゲームとして機能するだろう。
7.0/10 Nintendo Life
『Brawlout』のコア・アクションは非常に楽しい。『スマブラ』のような傑作のアイデアをふんだんに盛り込んだタイトでスピーディなアクションは、実に爽快である。ただ、ロースターが限定的なので攻撃にもバリエーションがあまりないし、技術的問題のせいで傑作とは言えないものの、まだSwitch版が発表すらされていないゲームの、持ち運べる安価な代用品としては、決して悪い選択肢ではない。ただ、前述した問題点は肝に銘じておくこと。
6.0/10 Wccftech
良い点:
・楽しいローカル・マルチプレー
・楽しい多彩なキャスト
悪い点:
・新キャラクターのアンロックが酷い
・遅滞を感じる入力

『Brawlout』は酷いゲームではないが、おススメするのは難しい。一人で『スマブラ』をプレーしまくるような人なら、楽しめるかもしれない。しかし、カジュアルなプレーヤーが参戦する理由は一つもなく、『スマッシュ』と比較しても劣っているので、本作を欲しいもののリストに加えることはないだろう。

5.0/10 GameSpot
良い点:
・陽気なビジュアルと楽しいキャラクター・デザインが魅力的
・他のキャラクターたちとの相性も抜群なJuanとDrifter
・面白い戦略性をもたらすRageメカニック
悪い点:
・ストレスの溜まる防御や掴みメカニックの欠如
・キャラクターやアリーナのアンロックが苦痛
・不安定な接続

『Brawlout』は、本作に影響を置与えたゲームとの差別化に全力を注いでいる。だが、その手法――重要なメカニックを排除して作業的なアンロックに重きを置く――は完全に裏目に出ている。更に、オンライン・モードもマトモに機能しないことの多く、現時点では失望させられる出来となっている。しばらくはWii UかGameCubeで『スマブラ』を楽しもう。

良い点:
・良くできた『スマッシュブラザーズ』風格闘
・楽しいキャラクターたち
悪い点:
・限定的なシングルプレー・コンテンツ
・多くのコンテンツがゲーム内貨幣の壁の背後に隠されている
・メチャクチャなオンライン・マルチプレー

『Brawlout』がローカル・マルチプレーの定番になることはないだろうが、他のどのゲームよりも上手く『スマブラ』体験を模倣した楽しいゲームである。最高の『スマブラ』クローンというのはあまり聞こえが良くないかもしれないが、正にその通りなのである。シングルプレー・コンテンツ不足が足を引っ張っているのは残念だし、不安定なオンライン・プレーに重きを置き過ぎているという事実も致命的だ。オンラインが機能すれば、『Brawlout』は大幅に改善されるだろう。しかし、オンラインの機能しない現時点では、欠陥だらけと言わざるを得ない。

カテゴリ: 業界
タグ: Brawlout

最新記事