2018年02月01日(木)12時47分

『Rocket League』のトーナメント・モードがこの春配信へ

rlt.jpg

Psyonixが『Rocket League』のトーナメント・モードをこの春に配信すると発表した。

開発元のPsyonixが2015年7月の『Rocket League』発売以来実装を切望していたというトーナメント・モードは、ゲーム内で完結する勝ち抜きトーナメントをプレーできるモード。2月にはSteam版でパブリック・ベータを実施し、3月から4月に配信予定の春のフィーチャー・アップデートにて実装される。

このフィーチャー・アップデートでは、他にもアイテムの検索やソートへの改善、「残りあと一分」といったマッチ中のメッセージの無効化といった新フィーチャーが実装される予定。

更に、Switch版ではパフォーマンスとクオリティを選択できる機能が実装される。パフォーマンス・モードを選択すると解像度を抑えた状態(ドック時900p、携帯時720p)で60fpsでプレーでき、クオリティ・モードでは1080p、30fps、豪華なビジュアル・エフェクトでのプレーとなる。

新機能を追加するフィーチャー・アップデートと同時期には、新しいマップやイベントを追加するコンテンツ・アップデートも配信される予定。

ソース: Eurogamer

最新記事