2018年02月06日(火)13時36分

『Dead Rising』開発元が大規模なレイオフを実施

caoconv.jpg

『Dead Rising』シリーズで知られるCapcom Vancouverが、大規模なレイオフを実施したことが明らかとなっている。

野球ゲーム『The Bigs』などを手掛けてきたカナダの開発スタジオBlue Castle Gamesは、2010年にはカプコンに買収されCapcom Vancouverへと改名。『Dead Rising 2』から『Dead Rising 4』まで、人気ゾンビ・オープンワールドを一手に任されてきた。

再編成の一環として実施された今回のレイオフは、全従業員のおよそ30%が解雇されたという。レイオフに伴い、未発表プロジェクトがキャンセルされた。なお、『Dead Rising』シリーズは継続するものの、規模は縮小されるとのこと。

ソース: GameSpot

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ: 業界 タグ: -