2018年02月18日(日)15時58分

『Fe』海外レビュー

fe.jpg

『Fe』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:Zoink Games
  • 販売:EA
9.5/10 App Trigger
『Fe』は、人間が世界をどう扱っているのかという点についての重大な声明を持つゲームだ。Zoink Gamesは、ビジュアルとオーディオが生み出す雰囲気を利用して物語を語る3Dプラットフォーマーとして展開される、言葉のないインタラクティブ物語を生み出すという困難な仕事をこなしている。極めて少ない例外を除いて、彼らはほぼ完璧な芸術作品を完成させてみせた。決して素通りすべきではないと断言できるゲームだ。
9.0/10 Worth Playing
『Fe』は没頭しなくなるゲームだ。美しいビジュアルを無視したとしても、森林世界には探索すべきエリアが満載で、ふらふらするだけで楽しめるはずだ。プラットフォーミングと軽めのパズルも良く出来ているので、目的を求める向きも満足できるはずだし、抽象的なストーリーテリングに魅了される者もいるだろう。特に暴力より探索を好む層にとって、『Fe』は素晴らしいゲームだ。
4.5/5.0 Game Revolution
手応えは殆どないし、序盤の方が優れたアイデアが詰まっているものの、これらは素晴らしい体験の些細な不満にすぎない。『Fe』は諸手を挙げておススメできる。
8.5/10 Polygon
『Fe』は、マジカルで壮大な色とりどりの世界が驚嘆を生み出している。現実の森林散歩と同じく、自然の美しさを吸収して堪能すべきなのだ。
85/100 GamingTrend
良い点:
・ゲームに完璧に溶け込んだ美しい音楽
・直観的な操作性
・目を見張るビジュアル世界
悪い点:
・稀にストレスの溜まるメカニック
・数時間で疲弊してしまう

EA Originals初のゲーム『Fe』は、美しく奇抜なプラットフォーマーで、カラフルな北欧風世界を舞台にしたマジカルでミュージカルなアドベンチャーへと誘ってくれる。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・探索と発見を実感できる
・クリーチャー・デザイン
・ゴージャスなアート・スタイル
・歌と絆
・オーウェン・ウィルソン・トカゲ
悪い点:
・奇妙な終盤の敵と過酷なジャンプ
・ガイドの鳥がオフにできない
・フレームレートが不安定なSwitch版

『Fe』は隅々まで愛らしいアドベンチャーで、神秘的で素晴らしい森林には驚きが満ちている。特徴的なアート・スタイルと風変わりなクリーチャー・デザインは馴染み深いと同時に異質であり、この世のものとは思えないライティングと動物の声が補強している。細かなデザイン上の問題やSwitch版の不安定なパフォーマンスを除けば、発見と歌のチャーミングなゲームとして、容易におススメできる。

4.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・息を呑むほど美しい
・バランスが絶妙な能力
・唯一無二のオーディオと音楽
悪い点:
・環境に埋もれてしまうパズル
・説明が不足している

『Fe』は間違いなく『オリとくらやみの森』のようなゲームのコンセプトを借用しており、初期のEAインディ・ゲーム『Unravel』と同じくらい気取っているように感じられるが、本作には十分な独自性がある。胸騒ぎする色彩の使い方と殆ど幽霊のような環境は、時として『Fe』の一番の利益と相反しているが、忍耐強くプレーすれば特別な世界を発見できるだろう。

『Fe』は、定番ゲームプレー・メカニックと斬新なアイデアを巧みかつ美しく織り交ぜている。
7.0/10 EGM
『Fe』は感動的で目を見張る景色を備えた美しいゲームだが、過剰に複雑な物語や、美しいが探索し甲斐のない世界の犠牲となっている。分かりにくい道筋を導いてくれるシステムは便利だが、『Fe』の森林を探索する動機を奪ってしまっている。
7.0/10 God is a Geek
良い点:
・美しい環境
・息を呑むサウンドトラック
・ポジティブなメッセージ
悪い点:
・ぎこちない木登り
・少し長すぎる終盤のパズル
・迷子になりがち
・進行を邪魔するバグ

『Fe』は非常に美しく、音楽も同様に息を呑む出来だ。冗長なパズルや厄介な木登りメカニックが足枷となった、素晴らしい小品である。

3.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・目と耳の保養になる
・愛らしいクリーチャーたち
・考えさせられる物語
悪い点:
・ユーザー・フレンドリーではないマップ
・ムラのあるゲームプレー理論
・問題のあるプラットフォーミング

欠点はあるものの、『Fe』の色彩、魅力、かわいらしさは諸手を挙げておススメできる。

6.5/10 IGN
『Fe』は短命にもかかわらず、それでも冗長に感じる箇所もあるプラットフォーマーだ。プラットフォーミングは悪くないが独創性に欠け、ツリー・ジャンプや世界を動かす歌といった最高のアイデアも活用されていない。音楽やオーディオ・デザインなどは非常に美しいゲームだが、粗削りで中途半端なコンセプトを補うことはできていない。
5.0/10 Destructoid
発見感覚に重きを置いたゲームにしては、『Fe』は驚くほど中身がない。明確な目標も啓示もない。謎という考えの方が、この森に隠された実際の謎よりも魅力的なのだ。間違いなく美しいゲームだし、プラットフォーミングと軽めのパズルは水準以上。しかし、『Fe』は明らかに特定の感情を喚起することを目指しているが、ほぼ何も感じないのだ。これは正に失望以外の何物でもない。時として、木々は木々でしかないのである。
5.0/10 CGMagazine
『Fe』は、芸術性が目的化した、芸術的でぎこちないプラットフォーマーだ。物語はほぼ存在せず、動くのは楽しくなく、全体的に失望させられる。
中途半端であると同時に凝り過ぎな、真摯なエコ・プラットフォーマー。

最新記事