2018年02月21日(水)03時38分

Xbox One版『Cities: Skylines』がMODに対応

ufo.jpg

Xbox One版『Cities: Skylines』がユーザー作成MODに対応した。

ユーザー作成MODへの対応は本日配信された無料アップデートによって実施され、現時点では水泳プールや時計塔、巨大なハムスターやUFOなどを使用することができるMODが配信されている。

今後も、Content Creator Packと呼ばれる有料DLC(シーズン・パス所有者には無料で提供)で、更なるMODが配信される予定となっている。

『Cities: Skylines』は、2015年にPCでリリースされた都市建設シミュレーション・ゲームで、発売後も定期的なアップデートで様々なコンテンツを追加している。2017年にはXbox OneとPS4にも移植された。

ソース: Eurogamer