2018年02月28日(水)22時42分

『METAL GEAR SURVIVE』海外レビュー

mgs.jpg

『METAL GEAR SURVIVE』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:コナミ
  • 販売:コナミ
8.0/10 Shacknews
良い点:
・魅力的なシングルプレー・キャンペーン
・マルチプレーを補完する充実した魅力的なマルチプレー・モード
・複雑なサバイバルと作成メカニック
・素晴らしい協力プレー・モード
悪い点:
・不必要な少額課金
・物足りないナラティブ
・シングルプレーにオンライン接続必須

『METAL GEAR SURVIVE』は、サバイバル要素、シリーズ過去作への言及、ゾンビ・ゲーム、オンライン・ゲームの興味深いごた混ぜだ。『METAL GEAR』ゲームではなく、シリーズのファンを引き付けるどころかその逆であり、そもそもなぜそんなタイトルを付けたのか理解に苦しむ。使い回しを減らした新規IPにしていた方が、はるかにマシだったはずだ。とはいえ、長くプレーするほどに楽しさが増していく、興味深く魅力的なサバイバルでもある。『METAL GEAR』を期待せずに臨めば、比較的満足できるはずだ。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・中毒性のある作成システム
・小気味良い操作性と戦闘
・豊富なカスタマイズ・オプション
・凄まじい緊張感と恐怖
悪い点:
・物足りない物語
・骨子だけのマルチプレー
・バランスの悪い空腹と渇きシステム
・オンラインでの不快な振る舞い

今思い出しても悲しいが、小島とコナミの関係はもう終わってしまったのだ。だがコナミは現在も『METAL GEAR』を所有しており、新作ゲームを作りたがっている。作らせてあげようではないか。ハリウッド映画のリメイクもオリジナルを台無しにはしないように、『METAL GEAR SURVIVE』が過去の名作を台無しにすることはないのである。『METAL GEAR SURVIVE』は、フランチャイズ最高のスピンオフとなっている。我々が慣れ親しんだ『MGS』は死んでしまったかもしれないが、『SURVIVE』がこれほど楽しいのだから、今後の『METAL GEAR』が俄然楽しみになってくる。

4.0/5.0 Game Revolution
『METAL GEAR SURVIVE』は、タイトルさえ許容できるなら文句なく楽しいゲームだ。探索は楽しいし、戦闘も手強くやりがいがある。協力プレーは更なる拡張が不可欠だが、連携が求められる現状のままでも良く出来ている。雑なナラティブと貧弱なキャラクター成長はどんなゲームでもマイナスになるだろうが、『METAL GEAR SURVIVE』の場合は、華々しいフランチャイズの一部であるだけに、過去作との厳しい比較に晒されることになるだろう。私は土台を成すゲームプレーを楽しむことができたので許容できたが、『METAL GEAR』との繋がりだけを求める向きは失望するかもしれない。

仮にコナミが『METAL GEAR SURVIVE』を新規IPとして送り出していれば、春のヒット作になっていただろう。しかし、『METAL GEAR』という名前を付けたことが、不思議と個性を奪ってしまっている。ゲームプレーは楽しめるにもかかわらず、何かが欠けている気が拭えなかったのだ。小島が一切関与していないことが明白なのである。しかし、平凡なプロットと演技、脳死状態の少額課金を別にすれば、40ドルのゲームしては盛り沢山だ。

3.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・資源収集とサバイバルの充実した流れ
・色褪せないFOXエンジン
悪い点:
・独創性がない
・悪用可能で盛り上がりが少ないAI

独創性はないが、やりがいのある物資収集と拠点管理を備えた、悪くないサバイバル・ゲーム。

6.5/10 IGN
『METAL GEAR SURVIVE』の大半は、同じことを延々と繰り返すだけ。同じ拠点を同じゾンビから守り抜き、同じ素材を探して同じゾーンを探索し、変わり映えしない僅かな装備品のために同じ物資を漁るだけなのだ。とはいえ、コツを身に付けて、その流れの範疇で自分だけの目標を定めれば、奇妙な心地良さが生まれるし、拠点を延々と拡張し続けてしまうかもしれない。『METAL GEAR』シリーズの目玉であるタクティカルな潜入アクションには遠く及んでいないかもしれないが、手堅い旧アイデアとぎこちない新アイデアの当たり外れのあるコンボには、ある程度の魅力がある。
6.0/10 Game Informer
コンセプト: 『MGS V』の操作性とエンジンを用いてできたサバイバル・ゲームに、ウェーブ性協力プレー・モードを追加
グラフィック: 『The Phantom Pain』から使い回された環境は美しいが、キャラクターたちは堅苦しいアニメーションのせいでマネキンのよう
サウンド: スコアは概ね地味だが、オンライン・ロビーではシリーズやコナミ作品でお馴染みの楽曲を聞くことができる
プレー性: 走ったり隠れたり探索したりするのは最高だが、メインの打撃攻撃はぎこちない
エンターテイメント性: 盛り沢山のゲームだが、ストーリー・モードは退屈で、エンドゲームもイマイチ
リプレー性: 控えめ

『METAL GEAR SURVIVE』は、過去の遺産や期待ではなく、完全に自分の責任でつまずいている。協力プレーにはポテンシャルがあるし、プレーするほどに楽しさが増す可能性はあるかもしれないが、それ以外はただアイテムをたくさんもらえるだけの退屈な作業に過ぎない。私が70時間プレーして手にした金属や木、布を見ると、時間を無駄に浪費した感が拭えないのである。

グラフィック 3.0: リアリズムは悪くないが、環境と敵は退屈、キャラクター・オプションは限定的、グリッチがある
操作性 3.0: 『MGS V』の操作性は相変わらず強固だが、作成や打撃武器、拠点建築といった追加要素は違和感があり形式ばっている
音楽/効果音/ボイスアクト 2.0: 音楽は目立たず、声優の演技は平凡で、際立った箇所が何もない
バリュー 2.0: マルチプレーには目新しさがない。モードは今後増えるようだが、マルチプレーの寿命は不透明だ

『METAL GEAR SURVIVE』は試作品のようなゲームで、『METAL GEAR』という名が持つ重みを考慮することなく、アイデアを製品化してしまったように感じられる。コナミにはIPとFOXエンジンを自由に使う権利があるし、そうしない理由もない。小島は一人で『METAL GEAR』を作り上げたわけではないのだ。しかし、本作は相互作用などを深く考えることなく、メカニックにメニューを基にしたシステムを大量に取り付けただけに感じられる。同ジャンルの他のゲームからアイデアを借用し、差別化を図るためだけに複雑にしているかのようだ。退屈でストレスの溜まる、分かりにくいゲームである。『METAL GEAR SURVIVE』は、無意味に過去作へのオマージュを散りばめただけの、平凡なサバイバル・ゲームに過ぎない。

3.0/5.0 USgamer
『METAL GEAR SURVIVE』は最高のゲームではないが、楽しいゲームだ。物資や生存者の探索は手に汗握る体験となっており、プログレッションにも満足感がある。残念ながら、空腹と乾きの減少が早すぎるし、メニューへの行き来があまりに多すぎるのだ。多少の調整や変更を加えれば、『METAL GEAR SURVIVE』は傑作になりえるかもしれないが、現時点では、そこそこにすぎない。
59/100 PC Gamer
一抹の輝きは見られるものの、苦痛なほどテンポが悪く過酷なサバイバル・シミュレーションが台無しにしている。
良い点:
・ポテンシャルのあるコンセプト
・資源漁りと装備品探索は面白い
・大いに楽しめる協力プレーモード
・恐ろしい場面
悪い点:
・退屈で単調なアクションと探索
・面白くないゾンビの敵と退屈で笑いのない物語
・テンポが悪すぎる序盤
・多すぎるチュートリアル
・殺風景なメニュー

シリーズのファンが慣れ親しんだクオリティやアクションは存在せず、興味深いハイライトもいくつかあるものの、退屈過ぎて腹も立たない。

5.0/10 Destructoid
プレミアム・ミニゲームは、真のキャンペーンを備えた大作へのボーナスであるべきだ。カプコンは『バイオハザード ザ・マーセナリーズ』で同じことを試み、3DS作品で派手にコケてしまった。『METAL GEAR SURVIVE』は、Grasshopperの『Let it Die』のような基本プレー無料ゲームか、ちゃんとした『METAL GEAR』作品であるべきだった。本作はそのどちらでもない。
5.0/10 CGMagazine
『METAL GEAR SURVIVE』は、優れた『MGS』ゲームでも優れたサバイバル・ゲームでもない。最も高価なサバイバル・ゲームであるだけでなく、少額課金まみれでもあり、消費者を小ばかにした金稼ぎにしか感じられない。
2.5/5.0 Digital Spy
良い点:
・手に汗握るディフェンス・ミッション
・ディフェンスをより楽しくする協力プレー
・驚くほど楽しいステルス・メカニック
悪い点:
・分かりにくいユーザー・インターフェース
・イライラする戦闘
・作業が多すぎる
・単調なミッション

ゾンビの登場する『METAL GEAR』が楽しくなりそうなのは想像がつくが、『METAL GEAR SURVIVE』は期待に応えてくれない。浅薄でありきたりな物語とキャラクターからサバイバル・システムと戦闘までが、プレーヤーを楽しませることよりも忙しくさせることだけを念頭に置いているかのように感じられる。どうすれば楽しくなるか考えずにメカニックとアイデアを詰め込んだだけの、プレーヤーの時間を尊重していないゲームだ。

2.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・試練と呼ぶにふさわしい手強いサバイバル
・ファンを喜ばせる『Metal Gear』らしさ
・底抜けに楽しいマルチプレー
悪い点:
・荒涼とし過ぎている
・呆れるほどの少額課金
・必要以上に苦痛
・『Metal Gear』である必要性がない

『METAL GEAR SURVIVE』はコナミの果敢な挑戦であり、サバイバル・ゲームとして良く出来ているが、特別楽しいわけでもない。この媒体の不快な面を目にしたいなら、試してみるといい。そうでないなら近づくのは止めておこう。

2.0/5.0 Game Rant
安価な価格をもってしても、『METAL GEAR SURVIVE』は誰にもおススメできない。フランチャイズの熱心なファンには尚更だろう。『METAL GEAR』の精神を捉えることに失敗しており、長所もあるものの、短所を補うほどではないのだ。長くプレーするほど楽しめるかもしれないが、殆どのプレーヤーは拷問のような序盤数時間を耐えることはできないだろう。
小島離脱後初となる『METAL GEAR』はフォーミュラを雑に扱っており、素晴らしさと不可解さが同居している。