2018年03月15日(木)04時24分

『星のカービィ スターアライズ』海外レビュー

kirby.jpg

『星のカービィ スターアライズ』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Switch
  • 開発:HAL研究所
  • 販売:任天堂
9.0/10 EGM
『星のカービィ スターアライズ』は、『カービィ』の完全新作に期待する懐かしさを完璧に捉えており、そこに適度な塩梅のヒネリを加えることで、既視感の強いゲームに新鮮な楽しさを加味している。ピンクの綿毛がこれほど爽快だったことはない。
9.0/10 Destructoid
現時点でHALには『カービィ』のフォーミュラを劇的に変える意思はないと思うし、それで何の問題もないのだ。全ての作品が傑作になることはないが、全体的に見れば、コンソール版はどれも特別な愛情と気遣いが際立っている。『星のカービィ スターアライズ』はゴージャスで可愛らしく、とても楽しい。当然のことだ。
おススメ Eurogamer
HAL研究所は、2Dプラットフォーマーの素晴らしい化学実験品一式を生み出している。
85/100 COGconnected
良い点:
・ローカル4人協力プレー
・シンプルだが充実したゲームプレー
・懐かしいカービィ盛り沢山
・美しいカラフルなビジュアル
悪い点:
・オンライン機能がない
・しょうもないamiiboサポート
・少し短すぎるかも

一つ明確にさせて欲しい。私は『星のカービィ スターアライズ』を大いに楽しませてもらった(息子とのマルチプレーは更にだ)。『星のカービィ スターアライズ』は手堅い『カービィ』アドベンチャーに仕上がっており、過去の『カービィ』のファンを喜ばせるに違いない。ローカルの4人協力プレーに対応しているため、本作を隅々まで堪能するには、一緒にプレーする相手が不可欠だ。過剰に長いゲームでもなく、シークレット探しにどれくらい時間を割くかにもよるが、6時間かそこらでクリアできる。だが、懐かしさ満点なので、シークレットを探し出す価値は十分すぎるほどあるはずだ。任天堂は既に無料DLCを発表済みだが、たとえ有料であっても、新しいワールドやステージを追加してくれることを願っている。amiiboにも対応しているが、ヘルスとパズルの欠片が貰えるだけなので、あまり意味はないだろう。『カービィ』作品のファンか、優れた横スクロール・プラットフォーマーを探しているなら、『星のカービィ スターアライズ』で間違いないはずだ。

8.3/10 IGN
『星のカービィ スターアライズ』というタイトルは飾りではない。3人の友達とプレーしようと、仲間AIとプレーしようと、常に入れ替わる独自のパワーを持った仲間たちが本作最大のスターである。能力の組み合わせで工夫するのは飽きないし、特に友達とのプレーにおけるリプレー性の高さには無限の可能性があるはずだ。ただ、ようやくパズルにやりがいを感じてきたところで、ラスボスに出てきてほしくはなかった。
8.0/10 GameSpot
良い点:
・ゴージャスなビジュアルとアニメーション
・多彩でキャッチ―なサウンドトラック
・新しいギミックを定期的に提供することで飽きさせない
・バラエティとチャレンジを大幅に増すボーナス・コンテンツ
・実験を推奨する、リラックスした協力プレー
悪い点:
・簡単すぎるストーリー・モード

『星のカービィ スターアライズ』だが、その出来栄えは最高クラスだ。芸術的なショーケースであり、協力プレー・プラットフォーミングの最高の機会となっている。唯一の不満は手応えのある要素をアンロックで隠してしまったことだが、そもそも存在しているという事実自体が、苦痛とは無縁のプラットフォーミングに飽き飽きしているプレーヤーを喜ばせるはずだ。

8.0/10 Shacknews
良い点:
・強力な横スクロール・プラットフォーミング
・出入り自由の協力プレー
・様々な実験を可能にする無数の能力と仲間システム
・高いリプレー性
・友達の能力の連携が楽しい
悪い点:
・目立つフレームレートの低下
・活かしきれていない一部の友達能力
・面白くないミニゲーム
・工夫のない連打戦になりがちなボス戦

パワーの融合や能力の連携における実験の余地に加え、定番レベル・デザインだけでも、近年の『カービィ』でも優れた部類に入るはずだ。しかし、出入り自由の協力プレーこそが本作のスターであり、Switchのライフ・サイクルの序盤を飾る最高のカウチ協力プレー・ゲームとなっている。

8.0/10 Cubed3
家族全員で楽しめる『星のカービィ スターアライズ』は、長い間上手く行ってきたフォーミュラにこだわることで、これまでと同等の楽しさを提供してくれる。4人プレー要素はかなり笑えるし、パワーの組み合わせがエキサイティングなシナリオを生み出している。唯一の欠点は古くから懸念されてきた単純さだが、HALは新旧ファンを喜ばせる楽しいコンテンツをふんだんに盛り込んでいる。
8.0/10 CGMagazine
『星のカービィ スターアライズ』は、シリーズで最も簡単で底が浅いゲームだが、それでも友達と遊べば大いに楽しめるだろう。
少々短いとはいえ、『星のカービィ スターアライズ』は賑やかな楽しさを存分に提供してくれる。ボーナス・モードは概ね今一つではあるものの、熱心なファンは豊富なシークレットや難易度の高いパズルを楽しめるはずだ。HAL研究所は本作では革新を試みていないが、またしても万人向けの極めて洗練されたプラットフォーマーを完成させている。協力プレーを楽しみたい人は絶対にチェックすべきだ。Joy-Conを分けるこれ以上の理由は殆ど存在しない。
4.0/5.0 USgamer
『星のカービィ スターアライズ』の友達作りギミックは、この手堅い出来の『カービィ』アドベンチャーに陽気な楽しさを盛り込んでいる。一人でも友達とでも楽しく週末を過ごすことができるゲームだが、携帯モードでプレーするのがベストだろう。全く『カービィ』が好きじゃない人は感心しないかもしれないが、それ以外の人は楽しめるはずだ。
7.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・懐かしさ満載の美しいゲーム
・高いリプレー性
・友達と遊ぶと最高に楽しい
・可愛らしいフレンズれっしゃ
悪い点:
・超簡単で極めて短い
・ベスト・アルバム感が凄い
・『星のカービィ64』ほど凄くない能力ミックス
・自殺願望のある仲間AI

『星のカービィ スターアライズ』は、独立した新作というよりも、ベスト・アルバムのように感じられる。『カービィ』の傑作の大半をベースにしており、『スーパーデラックス』ほどの規模には達していないものの、非常に楽しめる作品に仕上がっている。当然ながら友達と一緒にプレーした方が楽しめるし、ファンを喜ばせる懐かしさも満載だが、近年で最も難易度の低い『カービィ』なのも間違いない。

7.0/10 Polygon
長年の『カービィ』ファンをしっかり満足させる中身に欠けているのは事実だが、少なくとも友情の持つ力を真摯に信じているように見える。かなりカオスで少し中途半端なゲームではあるが、長年の憎しみを断ち切って、キスで敵を癒せるゲームを相手に腹を立てることは難しい。短めでシンプルではあるものの、『スターアライズ』はシリーズに期待する洗練と個性を見せ付けている。フランチャイズの名場面を駆け抜ける子供向けのアドベンチャーであり、非対称ゲームプレーと生き生きとした精神は、このシリーズを新世代に紹介するのに最適である。
7.0/10 Critical Hit
『カービィ』のSwitchデビューは、友達と遊ぶのに最適の賑やかで楽しいゲームに仕上がっている。陽気でカラフルだし、新旧メカニックを巧みに織り交ぜているが、良作と傑作を隔てる斬新な輝きが欠落している。
65/100 GamesBeat
任天堂がチャンスを生かしてより独創的にならなかったのは残念だ。『カービィ』フランチャイズは『タッチ!カービィ』や『毛糸のカービィ』といったスピンオフで新しいアイデアを試してきたが、今ではナンバリング・シリーズが殆ど進化していない。

だが、単独で見たとしても、『スターアライズ』は退屈だ。ステージはどれも予定調和だし、パズルは簡単、4人協力プレーも、文字通り4人で一緒にプレーできるようになっただけなのだ。

『スターアライズ』はそれなりに良く出来た横スクロール・ゲームだが、『カービィ』のSwitchデビューはこんな退屈なゲームよりもはるかにエキサイティングであるべきなのだ。

6.25/10 Game Informer
コンセプト: 3人のAI、もしくは人間操作の仲間と一緒に、敵を吸い込んでパワーを奪ったりしながら、いつもの冒険に出かけるカービィ
グラフィック: これまでで最も平凡な見た目の『カービィ』として、本作は2011年にWiiで発売された『星のカービィ』を僅かに上回る
サウンド: いつも通りの楽しく陽気なサウンドトラック。本作はフル・オーケストラで大幅にパワーアップ
プレー性: 動きは滑らかで、敵を軽く吸い込み、悠々と宙を舞う
エンターテイメント性: 『カービィ』フランチャイズの自己満足の極みを象徴した本作。見た目にもプレーにも問題はなく、ラスボスまでは目新しさも殆どない
リプレー性: 低め

『スターアライズ』の最高のサウンドトラック、最高の操作性、壮大なフィナーレは称賛に値する。ビジュアルが『カービィ』にしては平凡の極みであっても、シャープに見える。HALは洗練された『カービィ』体験を完成させているが、殆ど関与していないような気分にさせられるほど難易度が低く、印象に残らない冒険に落ち着いてしまっている。

4.5/10 God is a Geek
良い点:
・愛らしい見た目
・色々実験できる豊富なコンビネーション
悪い点:
・簡単すぎる
・どちらかというと退屈
・60fpsじゃない

見た目は愛らしいし、決して悪いゲームではないのだが、『星のカービィ スターアライズ』は特定の年齢層に狙いを定めており、それ以外の人間にとっては簡単すぎて、悲しいかな退屈なのだ。

良い点:
・極めて丁寧に作り込まれている
・素晴らしいビジュアル
・ユニークで比較的複雑なパワーを持つ豊富な敵
悪い点:
・シリーズの基準で見ても無意味に簡単すぎる
・ビジュアルが分かりにくく、協力プレーに向いていない
・退屈で単調なレベル・デザイン
・腹立たしいロード時間

『カービィ』はこれまでも敵に厳しかったが、退屈でバランスの悪い協力プレー・プラットフォーマーは、誰にとっても楽しくない。