2018年03月20日(火)22時00分

『進撃の巨人2』海外レビュー

attackontitan2.jpg

『進撃の巨人2』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:オメガフォース
  • 販売:コーエーテクモゲームス
4.5/5.0 Hardcore Gamer
今年初めにプレーした時はそれなりに楽しめたものの、私は『進撃の巨人2』に面白い戦闘と原作に忠実な物語以上のものは期待していなかった。製品版は確かに戦闘と移動を中心とした体験なのだが、作り込まれた支柱がそうした要素を支えていたのだ。PS4版のパフォーマンスも良く、3D版『進撃の巨人』世界は原作に極めて忠実だ。たまに引っかかるカメラや最初は分かりにくい操作体系を除けば、戦闘も移動も爽快だし、高速でパワフルな気分を存分に堪能させてくれる。キャラクター・カスタマイズ・システムは驚くほど充実しており、カスタム・キャラクターも予想以上に物語に溶け込んでいる。お気に入りキャラクターと友達になれたり、やる価値のあるサイド・コンテンツや良く出来たオンラインプレーも加わり、オメガフォースも胸を張れるであろう驚くほど優れたゲームに仕上がっている。
『進撃の巨人2』は、確実にフランチャイズ・ファンを満足させるであろう、山ほどの血みどろアクションと驚くほどの深みを提供してくれる。
8.5/10 DualShockers
異なる視点から物語をプレーできるのは楽しかったし、のんびりジャーナルを読めば、ハードコアなファンもさらに没入できるだろう。『進撃の巨人2』はファン向けのゲームであり、予備知識のあるファンに重要な見せ場を提供してくれる。数時間もプレーすれば立体機動装置を習得できるし、巨人を倒しながら仲間に命令を下すことも簡単になった。アニメのシーズン3までの繋ぎになるので、楽しめて本当に嬉しい。
8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・完璧な移動システム
・奥が深くやりがいのある戦闘
・驚くほど深いキャラクター・カスタマイズ
・最高に楽しいカジュアルなキャラクター同士のやり取り
悪い点:
・物語に殆ど関与できない
・原始的な対戦マルチプレー
・ゲームプレー上の違いがないアンロック・キャラクター
・少しうっとうしい素材収集作業

オメガフォースはゲーム版『進撃の巨人』で極めて希有な偉業を成し遂げており、全く新しいビデオゲームを完成させている。『無双』フォーミュラも多少残されているが、新鮮でユニークなコア・ゲームプレー体験を補完する役割を果たしている。物語にもう少し深く関われたら嬉しかったが、ミッションの間に用意されたキャラクターたちとの交流が補って余りあるだろう。『進撃の巨人2』はアニメのゲーム化作品としては最高峰であり、それは何も完璧なストーリー・モードやグラフィックが理由ではなく、『進撃の巨人』でしか実現できないユニークなゲームプレー体験を生み出しているからだ。

8.0/10 GameSpot
良い点:
・爽快な動きと戦闘メカニック
・超不気味な巨人
・爽快な巨人退治
・最高のビジュアル・スタイル
悪い点:
・物語が軌道に乗るまでに時間がかかる

序盤はテンポが悪いものの、『進撃の巨人2』はエキサイティングなゲームプレーと、メロドラマ的ではあるが心の琴線に触れる深みのある魅力的なプロットを提供してくれる。全体的にはテンポが良く、壮大な空間を自由に動き回れるのである。移動と戦闘メカニックのユニークなコンビネーションに引き込まれる物語が加わり、『進撃の巨人2』は今年最大のサプライズの一つとなっている。

8.0/10 Cubed3
『進撃の巨人2』の序盤数時間は極めて失望させられる出来で、前作と全く変わらない陳腐な小銭稼ぎにしか感じないが、物語が進み、様々な要素が解除されていくと、その強みが姿を現していく。ゲームプレーはド派手でダイナミックだし、立体機動装置は本当に爽快、末永くプレーできるだけのボリュームもある。『進撃の巨人2』はアニメ・ファン必携のゲームであり、『無双』スピンオフとしては最高傑作の一つである。
8.0/10 Gaming Nexus
前作から大幅に改善されているものの、作成キャラクターでプレーできるといっても、前作と全く同じカットシーンを見ながら、全く同じミッションをプレーさせられる苦痛の埋め合わせにはなっていない。とはいえ、戦場を飛び回りながら巨人を倒しまくるゲームプレーは、これまで以上に楽しめる。
4.0/5.0 Twinfinite
良い点:
・アニメや漫画に忠実
・キャラクター作成システム
・豊かなRPG要素
・部隊管理と人間関係の構築
・手強く恐ろしい巨人
悪い点:
・アニメ視聴済みだと冗長に感じるナラティブ
・ファン以外にはアピールしないであろう物語
・退屈なオンライン対戦モード

『進撃の巨人2』のキャンペーン・モードをプレーしていると、アニメ版のファンへのラブレターのように感じられる。ナラティブの方向性に関しては何も新しいことはやっていないものの、前作の長所を更に改善し、そこに自分を重要な存在だと実感できるような深みを加えることに成功しているのだ。プレーヤーをフランチャイズの心臓部に追い込むことで、今世代最高のアニメ・ゲームとなっている。

7.5/10 Worth Playing
前作をプレーした経験がないなら、『進撃の巨人2』を大いに楽しめるはずだ。戦闘はスピーディだが単純作業ではなく、考え無しにボタンを連打しても簡単に殺されてしまうのだ。アニメや漫画の政治的陰謀は欠如しているが、それでも物語は盛り沢山だし、プレーできるコンテンツも豊富である。敵の種類が少ないので長時間はプレーできないが、このシリーズに少しでも興味があるなら、『進撃の巨人2』を大いに楽しめるだろう。
7.5/10 App Trigger
『進撃の巨人』フランチャイズのファンは、必ずプレーすべきゲームだ。アニメ同様、このゲームはアクションやユーモア、心、ゴアが満載だ。細かな欠点のせいで傑作とは呼べないものの、単なる小銭稼ぎ以上の優れた作品に仕上がっている。メカニックを理解してしまえば、純粋に楽しめるはずだ。戦闘は少し単調だが、それでも作業には感じないし、素晴らしい物語とキャラクター同士のやり取りが見事な推進力になっている。
75/100 GamingTrend
良い点:
・戦闘システムの改善がゲームプレーを豊かに
・素晴らしい移動メカニック
・物語要素と都市生活自由時間の巧みな扱い
悪い点:
・単調さが気になるかも
・非常に目立つパフォーマンスの低下
・敵の数が増えると不正確になりがちなエイミング

パフォーマンスに多少の欠点を抱えているとはいえ、『進撃の巨人2』はアニメや漫画のファンが人類を賭けた戦いを追体験する素晴らしい方法となっている。息を呑むゲームプレーやキャラクター同士の最高のやり取りなど、ペロリと平らげることができるはずだ。

7.0/10 IGN
アニメや漫画に忠実なエキサイティングな空中バトル、前作からの細かな改善、対戦/協力オンライン・ゲーム・モードなど、『進撃の巨人2』は素晴らしい長所が沢山ある。しかし、2016年の前作から多くを使い回しているため、シーズン2コンテンツに辿り着くためには、退屈なサイド・クエストとつまらない会話選択だらけの焼き直しストーリー・モードを通過しなければならないのだ。
3.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・最高の戦闘
・とても楽しい協力プレー
・充実したマルチプレー
悪い点:
・あまり取っ付き易くない

『進撃の巨人2』は決して完璧ではないが、極めて充実した戦闘メカニックを織り交ぜた独創的なアプローチによって、サプライズ・ヒットとなっている。ただ、一風変わったゲームなので覚悟すること。普通じゃない・・・

68/100 COGconnected
良い点:
・キャラクター・カスタマイズ
・極めて爽快な巨人退治
・変動性
悪い点:
・不必要な記述子
・文字通り1作目の焼き直し
・細かなバグやグリッチ

『進撃の巨人2』は、続編としては失望する出来だ。リプレー性を増す新フィーチャーが沢山追加されているにもかかわらず、アニメ・シリーズや前作が好きで本作を手にした人は、困惑する覚悟をしておこう。一方、シリーズの新参者ならコレクションに加える価値がある。今回は面白い物語無しでも最後まで楽しさを維持しており、それだけで欠点を帳消しにしてくれるのである。全体的に見て前作を大きく改善しており、祝福する価値があるだろう。

『進撃の巨人2』は前作と同じ過ちを犯しているが、より悪化している。物語はありきたりで楽しさが目減りしている。プレーヤーの新キャラクターは物語にフィットしておらず、無理やりねじ込まれたように感じられるのだ。コア・ゲームプレーはそのままではあるものの、新たな欠点がいくつか加わり、体験の足を引っ張っている。目標のはっきりしない続編のように感じられるため、前作の単なる焼き直しになってしまっているのである。前作はファンを満足させる楽しいゲームだっただけに残念だが、『進撃の巨人2』は前作の良さを潰してしまった。

最新記事