2018年04月06日(金)04時07分

Boss Keyがアリーナ・シューター『LawBreakers』の今後に言及

lawbreakers1.jpg

伸び悩んでいるマルチプレー・アリーナ・シューター『LawBreakers』の今後について、開発元Boss Key Productionsが声明を発表している。

Boss Keyは、『LawBreakers』が当初予定したようなサポートを可能にするだけのプレー人口を集めることに失敗した事実を認めた上で、最善策に思われる基本プレー無料への移行には綿密な計画とリソースが不可欠と説明。アップデートや追加コンテンツの予定はないものの、しばらくは現状のままサポートを継続するとしている。

同時に、Boss Keyはスタジオ存続のために異なるプロジェクトに取り組んでいることを明かし、近く詳細を明らかにするとしている。

『LawBreakers』は、『Gears of War』で知られる元Epic Gamesのゲーム・デザイナーCliff Bleszinski氏が立ち上げたスタジオBoss Key Productionsのデビュー作となるマルチプレーFPSで、昨年8月にPS4とPCでリリースされたが、同時接続人数は6月に実施されたオープン・ベータ時のおよそ7500人がピークで、それ以降は発売後も伸び悩んでいた。

ソース: GameSpot

最新記事