2018年04月15日(日)22時50分

『Super Daryl Deluxe』海外レビュー

super-daryl-deluxe.jpg

『Super Daryl Deluxe』の海外レビューです。

  • ジャンル:メトロイドヴァニア
  • 機種:PS4/PC/Switch
  • 開発:Dan & Gary Games
  • 販売:Dan & Gary Games
88/100 COGconnected
良い点:
・爆笑物の皮肉と巧妙さ
・隅々にわたる突出した独創的スタイル
・整理されたメカニック
悪い点:
・ストレスの溜まる手動セーブ要素
・戦闘能力の低い雑魚敵

『Super Daryl Deluxe』はグラフィック・ノベルの奇抜さと、古典的アーケード・ゲームの手軽な楽しさを見事に融合させている。サウンドトラックは楽しいが、滅多に流れることはなく、殆どは長い時間を過ごす廊下で流れる平坦な曲を延々と聞かされるのだ。キャラクターの動きはスピーディで、操作性はシンプル。Darylはスウェットバンドを身に付けたファンキーなヒーローで、『Super Daryl Deluxe』はエキセントリックな高校体験である。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・素晴らしく奇妙
・楽しい戦闘
・見事なアート・スタイル
悪い点:
・万人向けではないかもしれないドライなユーモア
・行ったり来たりの繰り返し
・いくつかの奇妙なデザイン決定

ユーモアはゲームで成功させるのが困難な要素だが、『Super Daryl Deluxe』はドライでシュールなアメリカン・インディのトーンを見事に捉えている。メトロイドヴァニアとRPGのマッチアップに固有の単調さにもかかわらず、脚本やグラフィック・スタイル、Dan & Gary Gamesが盛り込んだイマジネーションによって、素晴らしく奇妙なインディの傑作に仕上がっている。

良い点:
・隅々まで巧妙で笑える
・攻撃と装備における豊富なカスタマイズ・オプション
・クラスメートの一人がグリズリー
・極めて独特な体験
悪い点:
・単調になりがちな戦闘
・何をすれば良いのか分かりにくいことがある
・作業が必要になる時は本当に長い作業が必要になる

細かな不満はあるものの、『Super Daryl Deluxe』は素晴らしい。物語はどんどん奇妙に、ロケーションはどんどんシュールに、そして台詞はどんどん面白くなっていく。こんなゲームは殆どプレーしたことがなく、そんな機会を得ることができて本当に嬉しかった。

8.0/10 Nintendo Life
『Super Daryl Deluxe』は今Switchで最もクールなゲームの一つだ。スキル重視の戦闘は、ゲームを一変させる無数の能力のアンロックに夢中になるし、物語はウィットに富んだ台詞に笑いが止まらない。スタイリッシュなアート・スタイルのお陰で、ビジュアル・プレゼンテーションには見惚れてしまう。軽く元気づけが欲しいなら、外出先で『Super Daryl Deluxe』をプレーするのが最善である。
4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Super Daryl Deluxe』は、優れたメトロイドヴァニアとRPGメカニックを融合させ、それだけでも十分に優れているが、自らの極めてバカげた高校のビジョンに命を吹き込むために、クリエーターたちは全力を注ぎ込んでいる。隠されたジョークは尽きないし、新聞の切り抜きからありえないような内装に至るまで、ディテールへのこだわりはすさまじい。Water Falls高校のレイアウトはまるでダリの絵画をビデオゲームのマップにしたかのようで、怒り狂った生徒たちは初代『ドンキ―コング』の再現である。『Super Daryl Deluxe』は、ぶっ飛んだユーモアが好きな人は必ずプレーすべきゲームで、史上最も馬鹿げたRPGヴァニア候補は確実だろう。
7.0/10 Destructoid
本当にバカなゲームだが、私はそこが大好きだ。見過ごされがちなゲームだが、長所が短所を上回っているという典型的な一例だ。『Super Daryl Deluxe』はカルト・クラシックそのものだ。概ね楽しめるが、プレーヤー自身が楽しみを見出すために努力しなければならない。変えたいところは山のようにあるが、プレーしたことは全く後悔していない。

本作には情熱が詰まっている。期待できる今作のクリエーター2人の次回作が待ちきれない。

6.5/10 God is a Geek
良い点:
・チャーミングなアート・スタイル
・豊富なクエスト
・狂った楽しいストーリーライン
悪い点:
・新エリアごとにやり過ぎに感じられる難易度の急上昇
・メニューが頻繁にフリーズするバグ
・オート・セーブ機能がない

『Super Daryl Deluxe』は決して悪いゲームではない。新エリアに突入するたびにRPGでお約束の難易度の急上昇やメニューのバグに遭遇することになるが、RPGファンにとっては、Darylや馴染みの面子とたっぷり時間を過ごせるだけのボリュームがある。

6.0/10 Cubed3
世の中には、いくつかものつまずきが長所の足を引っ張っているゲームが存在する。『Super Daryl Deluxe』は特殊なケースだ。考えうる様々な方向性の中から本作が選択した馬鹿げた方向性こそ、本作の魅力となっている。露骨な繰り返し、概ね無意味なナラティブ、好感の持てないキャラクターたちなど、一つでも場違いな要素があったら、全てが空中分解していただろう。正直な話、これは不可解な結論だが、自らの質の低さを認めるゲームは殆どない。そのアイデアが酷いことは自覚した上で、突っ走ったゲームなのだ。それ自体は立派なことだが、やはりおススメすることは難しい。