2018年05月02日(水)16時17分

Switch版『ドンキーコング トロピカルフリーズ』海外レビュー

dkc.jpeg

Switch版『ドンキーコング トロピカルフリーズ』の海外レビューです。

Wii U版レビュー:『ドンキーコング:トロピカルフリーズ』海外レビュー

  • ジャンル:プラットフォーマー
  • 機種:Switch/Wii U
  • 開発:Retro Studios
  • 販売:任天堂
9.25/10 Game Informer
コンセプト: 素通りされた傑作『トロピカルフリーズ』に、イージー・モード的役割の新プレーアブル・キャラクターを追加してSwitchに移植
グラフィック: 2014年のオリジナルもHDでは綺麗だったし、Switchへの移行も成功している。特に毛並みの物理演算が際立っている
サウンド: スーファミ時代の作曲家David Wise氏が復帰したお陰で、サウンドトラックは懐かしさ満点。新曲も素晴らしい
プレー性: コング一家を動かしたり、地面を揺らしたり、ジャンプしたりするのは心地良い。走ったりジャンプしたりするほど楽しくないとはいえ、泳ぎすら快適
エンターテイメント性: 過去10年のプラットフォーマーの中でも傑作の一つ。ファンキーコングでのプレーはストレス解消になるし、ベテランは超高速でクリアできる
リプレー性: 控えめ

Switch版は、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が素晴らしいプラットフォーマーであるという事実を再確認させてくれた。新キャラクターの追加や携帯モードへの対応は経験者には嬉しいが、本作の真のターゲット層は、オリジナルの未経験者だろう。

9.0/10 GameSpot
良い点:
・様々な試練が待ち受ける過酷なプラットフォーマー
・最後までプレーヤーを飽きさせない独創的アイデアの数々
・新旧プレーヤーに多様性を提供するファンキーコング
・TVモードでも携帯モードでもこれまでで最も美しい『トロピカルフリーズ』

『トロピカルフリーズ』は、『ブレス オブ ザ ワイルド』や『スーパーマリオ オデッセイ』のような任天堂の看板というわけではないものの、独創性と突出した作り込みが顕著な素晴らしいプラットフォーマーである。難易度は高いがイライラすることは滅多にない絶妙なバランスで、何度も見たような場面ですら爽快だ。2014年にプレーしなかった人は、試してみよう。余裕で現代にも通用している。

9.0/10 IGN
『ドンキーコング トロピカルフリーズ』で追加されたファンキー・モードは、プラットフォーミングの容赦ない難易度を犠牲にすることなく、より取っ付き易くすることに成功している。ファンキーなおじさんの手助けがあったとしても、手応えは十分すぎるほど。Switch版は、楽しいプラットフォーミングを際立たせるために難易度を緩和させている。
4.5/5.0 Games Radar+
腕試しがしたいなら、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』はプラットフォーミング能力を最大限引き出してくれる。散歩気分で臨むと、難易度の高さに叩きのめされるはずだ。
隅々まで作り込まれ、極めて手応えのある『ドンキーコング トロピカルフリーズ』は、Wii Uで見捨てられて4年が経過した今ですら、一流のプラットフォーマーであり続けている。
89/100 GamesBeat
私は『スーパードンキーコング』が最初から好きだったし、全ての続編が好きというわけではないものの、『トロピカルフリーズ』にはシリーズの良さが全て詰まっている。プレーするのが楽しく、ステージも豊富、目と耳の保養にもなる。実際にアンロックしたい気持ちにさせるアンロック・ステージのお陰で、プラットフォーマーにとって重要なリプレー性の高さも実現しているのだ。オープニングで目にする島に辿り着くまでに5つの島が用意されており、それ以降も盛り沢山だ。

しかし、『トロピカルフリーズ』は『スーパーマリオ オデッセイ』風の万人向けゲームではない。ファンキー・モードの追加にもかかわらず、ジャンプが副z多雨になっていくと余計、アシスタンス無しでは子供にとっては難しすぎるかもしれない。それに、4年前のゲームが高めの値段設定で再リリースされたという事実は、親御さんや二度目の購入者の不評を買うかもしれない。アップデートされているのは確かだが、高価な価格を正当化するほどではないのだ。

だが、『スーパードンキーコング』のような昔気質のプラットフォーマーこそ忘れ去られがちなアート・フォームの頂点だと考える人は、『トロピカルフリーズ』は体験すべきゲームだ。長年に亘って平凡なプラットフォーマーを数多くプレーしてきた身として、ステージやキャラクターに対する開発者の愛情が明らかなゲームを体験できるのは喜びだ。彼らの情熱は隅々に至るまで輝いている。

唯一の疑問は、ファンキーの手助け無しでも、隅々まで探索できるスキルがあるかどうかだけだ。

86/100 COGconnected
良い点:
・改善されたフレームレートと解像度
・変わらず素晴らしい
・便利なファンキーコング
悪い点:
・あまり変化はない
・ゲームが簡単になり過ぎるファンキー
・なぜ未だにライフ制なのか

熱心な任天堂信者にすら、『トロピカルフリーズ』を改めて購入することはおススメできない。本作は素晴らしいゲームではあるものの、Wii U版との差別化が不十分なのである。しかし、私はターゲット層に含まれている。オリジナルを未プレーなので、全てが新鮮で素晴らしいのだ。『トロピカルフリーズ』をプレーするのがこれで初めてなら、決して素通りすべきではない。未経験者にとっては場外ホームランになるはずだ。

8.0/10 God is a Geek
良い点:
・素晴らしいレベル・デザイン
・最上級のサウンドトラック
・短いロード時間
・優れたパフォーマンス
悪い点:
・携帯モードの低い解像度
・経験者には目新しさがない

『ドンキーコング トロピカルフリーズ』は、オリジナルを未経験のSwitchプレーヤーにとって素晴らしいプラットフォーマーだが、経験者には目新しさがない。

7.0/10 Shacknews
良い点:
・古典的な手強い『ドンキーコング』プラットフォーミング
・ゴージャスなアート・スタイルと素晴らしいサウンドトラック
・どれだけ難しくても常に楽しいトロッコ・ステージ
・どれも便利なコングの能力
・探索し甲斐のあるステージの数々
・独創的で楽しいボス戦
・新旧プレーヤーに優しいファンキー・モード
悪い点:
・相変わらず悪夢なロケットバレル・ステージ
・苦痛なことが多い水泳
・辛い理不尽な死
・限定的な操作カスタマイズ・オプション
・協力プレーで死んだ時に追いつくのが面倒
・一部エリアでムラがある当たり判定
・協力プレー時にプレーヤー1がドンキーコングを強制される

『トロピカルフリーズ』は決して完璧ではないが、改めてプレーしてみて、この4年で全く古くなっていないことを実感できた。心が折れるほど難しいこともあるが、ジャンプを成功させたり、ボスを倒した時の達成感は別格である。今回は少し楽にプレーできるツールが用意されているが、手応えが全くなくなるわけではない。

『トロピカルフリーズ』はシリーズ最高傑作ではないものの、島を駆け回るのはやはり最高に楽しい。

良い点:
・作り込まれたステージと練り込まれたトロッコ・ステージ
・2Dゲームプレーを生かしきる3Dカメラの巧みな活用
・最高の音楽
悪い点:
・最初から痛々しいほど予定調和
・物足りないビジュアル
・極めて退屈なシークレットと特殊能力
・不当なほど高価

優れた2Dプラットフォーマーだが、新たなアイデアが一切ないため、懐かしさを求める人や、Switchで遊ぶゲームを必死で探している人にのみおススメできる。

最新記事