2018年05月18日(金)00時01分

『State of Decay 2』海外レビュー

sod2.jpg

『State of Decay 2』の海外レビューです。

  • ジャンル:サバイバル
  • 機種:Xbox One/PC
  • 開発:Undead Labs
  • 販売:Microsoft Studios
8.7/10 Xbox Tavern
良い点:
・やること満載の多彩なマップ
・優れたメカニックで手軽にプレーできる
・影響し合うゲームプレー・システム
・尽きないコンテンツ
・概ね優れたオーディオとビジュアル・デザイン
・高いリプレー性で最後まで楽しめる
悪い点:
・ドライブ中の不安定なフレームレート
・細かなバグ
・苦痛になりがちな物資漁り

『State of Decay 2』は前作から大幅な前進だ。多種多様なコンテンツが盛り沢山で、その全てが練り込まれたシステムや滑らかなゲームプレー、分かり易い機能に支えられている。本作は万人向けではないが、不満点やバグにもかかわらず、近年のMicrosoft独占タイトルの最高傑作の一つとなっていることは否定できない。手に汗握るアクション満載の、楽しいゲームだ。

85/100 GamingTrend
良い点:
・やり甲斐と深みのあるコミュニティ管理システム
・充実した戦闘メカニック
・4人協力プレー
悪い点:
・バグ、バグ、そしてバグ
・中心となるナラティブがない

『State of Decay 2』は、前作をあらゆる面で改善している。たくさんのバグや焦点を絞ったナラティブがないことが足を引っ張っているものの、最高に楽しい中毒性のある体験として成功している。

8.0/10 Destructoid
『State of Decay 2』は、チェックリストを作って長い期間をかけて削っていくのが好きなタイプのプレーヤーを念頭に置いてデザインされている。あっという間かつ頻繁に死が訪れるゾンビ世紀末とは、矛盾しているように聞こえるかもしれないが、そうした視点でゲームを見ると、粗削りな部分も些細な染みに見えてくるのだ。サバイバルや管理シミュに対する本作のユニークなアプローチは万人向けではないかもしれないが、既にカルト・クラシックの風格を感じさせる。
8.0/10 Worth Playing
『State of Decay 2』は不完全だが、それでも非常に良いゲームだ。プレゼンテーションはまずまずだし、AIは足枷になっているが、全体としては欠点を許せるほど充実している。コミュニティ要素をこれほど成功させたゲームは他にはないし、サバイバル・ゲームに馴染みがない人でも手軽にプレーできるゲームは珍しい。新規プレーヤーでも楽しめるが、前作のファンも満足させてくれるはずだ。
7.5/10 Wccftech
良い点:
・様なざまな改善で前作の長所を見事に発展させている
・一人でプレーしても最高に楽しいが、友達とプレーすると更に楽しい
・ゾンビ・ゲームらしく夜間は良い意味で恐ろしい
悪い点:
・粗削りなビジュアルとパフォーマンス
・2018年のオープンワールドにしては狭いマップ
・新たな追加要素が少ない

『State of Decay 2』は、2013年の前作と同じくらい楽しく粗削りだ。無数の技術的不具合を見ると、開発リソースが足りなかったのではという感じがするが、それでも、この続編で改善された核の部分は、相変わらずユニークで楽しいし、友達と一緒なら尚更だ。全体が個々を上回る類のゲームである。

7.5/10 IGN
『State of Decay 2』のゾンビだらけのマップは、物資漁りや戦闘、サバイバルに最適のロケーションだ。戦闘は残酷だし、ゾンビ・ウイルスは単なる風邪のようではあるものの、特殊ゾンビは永久的な死に対する真の恐怖心を煽る。しかし、本作はゾンビと同じくらいバグにまみれており、十数時間もプレーするとその両方に飽き飽きするようになってくるので、私が箱庭RPGに期待するほどのリプレー性はないように感じられる。
7.5/10 EGM
『State of Decay 2』は、ゾンビ・サバイバルのカルト・クラシックとなった前作を進化させ、規模も質もグレードアップしている。しかし、その前作と似すぎているせいで、深みや野心が不足しているという気持ちが拭えない体験となっている。
7.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・ムードのある舞台設定
・最高のロケーション・オーディオ
・しっかりとしたゲームの流れ
悪い点:
・すぐ飽きてしまうゲームの流れ
・特にマルチプレーで顕著な技術的不具合
・非直感的なメニュー

『Left 4 Dead』よりも『ウォーキング・デッド』に近い、充実したムード満点のゾンビ物を探しているなら、『State of Decay 2』は前作を凌駕する、不完全だが楽しい続編となっている。物資漁り、作成、殺しというゲームの流れは飽きやすいかもしれないが、人間要素が引き留めてくれるだろう。他のプレーヤーを招き入れると丁寧に作られたムードが壊れてしまうかもしれないが、マルチプレーでの大騒ぎは、しぶとい技術的不具合の数々から目を逸らせてくれるはずだ。

3.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・より広大になった世界
・改善されたビジュアル
・やることが増えた
悪い点:
・不明瞭な方向性
・独創性に欠ける戦闘
・ストレスの溜まるゲーム・バランス

前作を改善し、バラエティも大幅に増加しているものの、『State of Decay 2』は単調な戦闘とコミュニケーション不足に苦しめられている。サバイバル・シミュのファンなら、ディテールへのこだわりやコミュニティ維持のための増加した要求を楽しめるだろうが、カジュアル寄りのプレーヤーにとって、常に大量のアイテムや物資を見つける必要があるというのは、長くプレーするほどに鬱陶しくなってくるのだ。

居住区の要求に積極的に応えることができるようになれば、全てが崩壊するかもという緊張感を途切れさせることなく楽しめるはずだが、その可能性は低いだろう。

3.5/5.0 Twinfinite
良い点:
・充実した満足感のあるゲームプレーの流れ
・漁り放題の広大なマップ
・とにかく楽しいコミュニティ管理
悪い点:
・特殊ゾンビがもっと多ければ嬉しかった
・物足りないLegacyミッション
・がっかりなパフォーマンスと頻繁なバグ

私は『State of Decay 2』を大いに楽しんだ・・・ちゃんと機能してくれた時は。核を成すゲームプレーの流れは単調だが、自分のコミュニティが水も電力もない小さな拠点から、自給自足が可能な街の一大勢力に成長するのを見れるというのは、非常に満足感がある。技術的不具合や平凡なビジュアルを許容できる人にとっては、最高のゾンビ・サバイバル・ゲームになるはずだ。とはいえ、本作は半歩しか前進していないように感じられる。協力プレーとゾンビの種類を除けば、シリーズを進化させる新要素があまりないのだ。前作をプレーし足りないと感じたファンはすぐ馴染めるだろうが、劇的な進化を求める人は失望するかもしれない。

3.5/5.0 Games Radar+
良い点:
・手強いが満足感のあるサバイバル・ゲームプレー
・技術的にオリジナルから大きく飛躍している
・価値ある追加要素となったマルチプレー
悪い点:
・相変わらず原始的な戦闘
・今夏叶ところの説明が下手なチュートリアル

いつもの欠点に悩まされているとしても、『State of Decay 2』は究極のゾンビ・サバイバル・シミュとしてのシリーズのポテンシャルを堂々と発揮している。

3.5/5.0 USgamer
大量のバグを許容できるなら、『State of Decay 2』はアクション・サバイバルを塗した極めて充実した予測不可能な管理シミュとなっている。改善されたUI、新たなマルチプレー要素、追加マップのお陰で、場面場面は同じではあるものの、前作を凌駕することに成功している。
6.5/10 Game Informer
コンセプト: 内なるサバイバリストを呼び覚まし、ゾンビの氾濫からコミュニティを守り抜こう
グラフィック: 美しい景色を、よろよろ登場するゾンビが台無しに。Xbox One Xですらフレームレートが安定しない
サウンド: まばらなサウンドトラックが緊張感を増幅させており、素人並みの演技からの丁度良い休憩になる
プレー性: システムは奥が深いが、Undead Labsは未だにその活用法を適切に伝達することができていない
エンターテイメント性: 良い部分もたくさんあるものの、引き継がれた問題点と、協力プレーが引き連れてきた新たな不具合が台無しに
リプレー性: 高い

キャラクターのレベルを上げれば指導者になることができる。その特性次第で、交易や建設、秩序の維持、武力での権力奪取にグループを特化させることができる。シンプルだが、単なるサバイバルを超えた目標を掲げるのに極めて効果的な方法である。ナラティブはあくまで最小限だが、お陰で想像力で隙間を埋めやすくなっており、それが上手く成功している。最後までクリアすれば、貴重な時間を節約できるアンロック可能なエンドゲームの特典込みで、3人の生存者を連れて新たなコミュニティを作ることができる。最初のグループの物語が終わりを迎えると、この地に平和と協調をもたらした生存者たちに、この先何が待ち受けるのか知りたくなった。だが、少なくとも近いうちに知ることはないだろう。現状のままでは、イライラを我慢する価値はない。

6.5/10 Critical Hit
結論は単純。前作の大ファンなら、より構造化された拠点構築やコミュニティ管理といった変更を楽しめるはずだ。素晴らしいシステムがあるが、最終的には無意味に感じられる単調で底の浅いゲームプレーが足を引っ張っている。『State of Decay 2』の規模や低価格も、磨き上げ不足を補うことはできていない。
6.0/10 God is a Geek
良い点:
・予測不可能で手に汗握る
・真の結果が待ち受ける決断
悪い点:
・グリッチやバグがてんこ盛り
・単調でやりがいがないゲームプレーの流れ
・フレームレートが安定しない協力プレー

進行や楽しさを阻害するグリッチが満載の、失望させられる続編。

3.0/5.0 Game Revolution
『State of Decay 2』は欠点を抱えたゲームで、独占タイトルを求める声の増加が足を引っ張ったように見える。開発にあと半年かけていれば、このレビューのトーンも大きく異なっていたはずだ。しかし、突貫工事が否定できない箇所もあるし、ゲームプレーやデザインに関しても前作から大きな進化は遂げていない。実際、いくつかの面で前作の特徴的な要素が削除され、よりありきたりなゲームになったと感じている。

しかし、Xbox Oneの所有者なら、Game Passでプレーする価値はあるだろう。前作もGame Passでプレーできるので、まだ未プレーなら最高のゲームだ。30ドルの通常版の購入をおススメできるかどうかは分からないが、50ドルの『Ultimate Edition』は絶対に買わないだろう。4日早く入手できることに20ドルの価値はないし、配信予定のDLCが含まれているとはいえ、ゲームが自分の好みに合わない可能性もあるのだ。

とはいえ、『State of Decay 2』は大いに楽しめるゲームだし、前作のファンなら尚更だ。マルチプレーも新鮮なヒネリを加味してくれるし、パッチを通じて前作超えが実現するかもしれない。だが現時点では、超お得なGame Passでチェックすることをおススメする。

3.0/5.0 Hardcore Gamer
『State of Decay 2』は前作を間違いなく改善してはいるものの、やはり多くの技術的不具合に苦しめられている。雑に感じられるし、一部のシステムはちゃんと機能せず、AIはとにかく酷く、バグも多い。少々メチャクチャな出来にもかかわらず、私はプレーするのを止められないほど虜になっている。驚くほど奥深く豊かなサバイバルRPGであり、この価格帯では類似作品を見つけることは非常に困難だ。イライラさせられるゾンビ・アドベンチャーにもなりえるが、魅力も溢れており、協力プレーが新たなレベルの楽しみを提供してくれる。継続して手を加え続ければ、『State of Decay 2』は意義深い傑作になりえるかもしれない。だが現時点では、ゾンビ・ゲームの最高傑作には程遠い。
4.0/10 CGMagazine
前作が好きだった人は、ありがたいことにまだその前作をプレーできる。この続編は、現時点ではまだ粗削りすぎておススメできない。
40/100 COGconnected
良い点:
・有望なコア・システム
・車のドアでゾンビを弾き飛ばせる
悪い点:
・信じられないほど雑
・退屈なゲームプレー
・平凡な設定

『State of Decay 2』には極めて優れたゲームの流れや楽しい物資管理シミュが隠されているのだが、とにかく全てが受け入れ難いほどに破たんしているのである。腹立たしいことに、私がプレーしたかったゲームの片鱗が垣間見えるが、その直後にはまだ発売できる状態ではないことを思い知らされるだけなのだ。

回避 Eurogamer
技術的に乱雑で大群に取り付かれた、一度は有望だった社会シミュレーションの無駄遣い。

最新記事