2018年05月26日(土)12時39分

『Disco Dodgeball Remix』海外レビュー

discododgeballremix.jpg

『Disco Dodgeball Remix』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:Zen Studios
  • 販売:Zen Studios
90/100 GamingTrend
良い点:
・楽しい設定とゲームプレー
・最高のEDMサウンドトラック
・膨大なアンロックとゲーム・モード
悪い点:
・原始的なアート・スタイル

私は『Disco Dodgeball Remix』を大いに気に入った。この風変わりなFPSドッジボールは、多彩なゲーム・モード、テンションの高い音楽、超楽しいゲームプレーでプレーヤーを飽きさせない。アート・スタイルは少々幼稚ではあるものの、このゲームには合っているだろう。『Disco Dodgeball』は最高のゲームだし、任天堂のeショップで予約すれば20%オフだ。

陽気なコンセプトに騙されてはいけない。『Disco Dodgeball Remix』は決して見過ごすべきではない本格的なゲームだ。ゲームプレーは楽しく、スピーディで激しく、殆どのトリプルAシューターよりもバランスが取れている。マルチプレーとシングルプレーの両方で、豊富なコンテンツを提供してくれる。
良い点:
・豊富なモードとゲーム・タイプ
・楽しいシングルプレーのアーケード・モード
・オンラインのポテンシャル
・陽気で楽しい設定
悪い点:
・違和感のあるジャンプ
・画面分割は2人プレーのみ
・強固なオンライン・コミュニティ次第

本作の寿命はマルチプレーにあり、友達と一緒にプレーできれば、至高の時間が過ごせるだろう。でなければ、二晩ほど笑って楽しめる程度のコンセプトに過ぎない。『Disco Dodgeball Remix』というタイトル自体ユーモラスなので、それはそれで何も悪くないはずだ。

細かな問題はあるものの、本作を末永くプレーし続けるコアなファンを獲得しそうなゲームだ。とにかく抗し難いほどグルーヴィでカラフル、そして陽気なのだ。
良い点:
・短時間なら最高に楽しめるマルチプレー
・誰でもプレーできるお手軽操作
・充実した物理エンジン
悪い点:
・マルチプレー以外にやることがあまりない
・パーティ・ゲームのライバルほど洗練されていない
・ぎこちないジャンプとブースト

友達となら最高に楽しめるし、酒が入ればなおさらだろう。皮肉に聞こえるかもしれないが、そうではない。15分ほど時間を潰したい時や、LSD味の口直しが必要な時に引っ張り出完璧なパーティ・ゲームだ。ただ、何十時間もやり込んだり、世界的ブームを巻き起こすようなゲームではなく、それで何も問題はない。全てのゲームが『Rocket League』ほどの成功を収めることができるわけではないし、これは深みこそないもののバカっぽい楽しさに満ちた『Disco Dodgeball Remix』なのだから。

5.0/10 Nintendo Life
眩く点滅するライト、キャッチ―でノリノリのクラブ・ミュージック、そして涙が出そうな量のモードやカスタマイズも、生焼けの極上素材を補うことはできていない。もう少し時間をかけ、より食欲をそそる興味深いメイン・コースに仕上がっていれば、『Disco Dodgeball』は数は少ないが急激な伸びを見せているSwitchのオンライン重視ゲームのメニューにおける強力な選択肢になれたはずだ。
3.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・安定したオンライン体験
・強固なロビー・システム
・ダンス・サウンドトラック
・楽しい声優
悪い点:
・出来の悪い単調なビジュアル
・面白味のないアリーナ
・ダンス・サウンドトラック
・違和感のある操作性

競争の激しいオンライン・マルチプレーの世界においては、頭一つ抜きんでるには特別なゲームでなければならない。『Disco Dodgeball Remix』は、悪い意味で特別だ。優れたアイデアを、限界を超えて引き延ばしてしまっている。私はプレーしたので、君たちがプレーする必要はない。