2018年05月26日(土)16時00分

『Dark Souls Remastered』海外レビュー

dark-souls-remastered.jpg

『Dark Souls Remastered』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクションRPG
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:QLOC/フロムソフトウェア
  • 販売:バンダイナムコ
良い点:
・既に完成された打撃戦闘を劇的に改善する滑らかなフレームレート
・財宝に満ちた広大なゲーム世界
・DLCのものも含め、素晴らしいアート・デザインとボス戦
悪い点:
・残存する稀なカクツキやムラのあるテクスチャ
・邪悪な難易度にまで踏み込むことの多いオリジナル・デザイン

オールタイム・クラシックの平凡なリマスターだが、単にフレームレートを安定させただけで、過去10年で最も影響力のあったビデオゲームの決定版となっている。

9.0/10 Destructoid
『Dark Souls Remastered』は、塗り替えたペンキを超えた生のミステリーが全てを物語ってくれる。火継ぎの祭祀場を眺める感覚は、100回目でも1回目と同じくらい特別だし、開かれた世界は今でも新鮮だ。フロムソフトウェアは『Dark Souls』に時にはやり過ぎなほど詰め込んでおり、未だに新たなアイテムや戦略を発見し続けている。本作の長い寿命を示しており、リマスターの正当性を十二分に有している。
9.0/10 IGN
『Dark Souls Remastered』は、残虐だが公平な『Dark Souls』の本質を、ほぼ安定した60fpsや4Kへの対応といった現行機の基準に引き上げている。ベタっとしたテクスチャや白熱した場面でのカクツキは目につくものの、それでも大幅な改善となっている。『Dark Souls Remastered』が存在する今、これが初めてであろうと100周目であろうと、他のバージョンをプレーする理由は何もない。
『Dark Souls Remastered』は、シリーズ1作目の驚異的な強みを思い出させてくれる。原点に返ることで居心地の良さは少し失われてしまったが、今でも素晴らしいゲームである。まだ未プレーの人にとっても、古き良き時代を懐かしみたい人にとっても、本作は最高のリマスターである。
すでにオリジナルをプレー済みの人が『Dark Souls Remastered』を購入する必要はあるだろうか?『Souls』シリーズのロードマップを示したゲームなのは間違いない。レベル・デザイン、ボス・デザイン、アート・スタイル、ゲームプレーは現在も色褪せていない。『Dark Souls』の中の『Dark Souls』であり、2011年の発売時にコンソール版を蝕んでいた問題は修正されている・・・それ以外に何を言う必要があるだろうか。
8.75/10 Game Informer
コンセプト: 難易度の高いダーク・ファンタジーというサブジャンルを主流にしたクラシックに改善を加えてリマスター
グラフィック: 7年前のゲームという感じはするが、安定した60fpsは本当にありがたい
サウンド: 稀な音楽と伝統的ファンタジー・サウンドがどんよりした雰囲気を盛り上げる
プレー性: 最初は作り込まれた戦闘に疲弊させられるかもしれないが、努力すれば旅を楽しめる
エンターテイメント性: 強固なフレームレートのお陰で、コンソールで『Dark Souls』をプレーする際の決定版に
リプレー性: 平凡

様々な改善はあるものの、『Dark Souls』はフロムソフトウェアの近作と比べると古臭さを感じる。混沌の苗床のようなボスや、理解しがたい混沌の廃都イザリスのようなゾーンといった後半の質低下は、相変わらず驚異的な体験の興味深い汚点となっている。

4.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・史上最高のゲームの一つ
・全体的に修正されたフレームレート
・マルチプレーとマッチメイキングを改善
悪い点:
・PC版経験者にとってはアップグレードではない

既に『Dark Souls』をプレー済みなら、改めて本作を買う理由は殆どない。「リマスター」という言葉はかなりの労力が費やされたことを示唆するが、特にフレームレートに関しては確実に改善されているものの、大きく飛躍しているわけではない。

しかし、『Dark Souls』を初めてプレーしたい人にとっては、本作が最善策だ。

4.0/5.0 Hardcore Gamer
『Dark Souls Remastered』は、過去7年の進化を実感させてくれる。懐かしさがほぼ全てだが、新規プレーヤーにシリーズの黎明期を見せ付けてるポテンシャルもある。近作に施された戦闘や動きへの調整が組み込まれていないせいで少し古臭さは感じるが、緊迫感のある戦略は言うに及ばず、圧倒的な満足感を堪能できる。フロムソフトウェアは、掘り下げ甲斐のある複雑に入り組んだナラティブを作り上げた。多くのパブリッシャーが無料アップデートで済ませるような改善で既存のPCプレーヤーからお金を取るべきかどうかという議論はともかく、『Prepare to Die Edition』よりも技術的に強固なバージョンであることは否定しようがない。『Dark Souls Remastered』には、唯一無二のやりがいのあるコンテンツが隅々まで詰まっている。

最新記事