2018年06月02日(土)13時26分

『Agony』海外レビュー

agony.jpg

『Agony』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Madmind Studio
  • 販売:PlayWay S.A./Madmind Studio
6.5/10 Hooked Gamers
良い点:
・陳腐なドッキリ演出に頼っていない
・細部に凝った環境
・不気味な見せ場とビジュアル・デザイン
・クールな憑依メカニック
悪い点:
・分かりにくいナビゲーション
・ビジュアルのグリッチ
・あまり面白くないパズル
・飽きやすい収集

『Agony』は、不快な要素が多すぎて楽しむことができない。ビジュアルやオーディオ・デザインは素晴らしく、大いに気に入ったものの、実際のゲームプレーはとにかくイライラさせられるし退屈なのだ。中身よりもスタイルを優先するゲームにも居場所はあると思うが、『Agony』は着地に失敗している。

5.0/10 Push Square
これまでになった地獄描写を提示する『Agony』は、ストレスの溜まるステルス・セクションと説明不足のメカニックが足を引っ張っている。恐ろしい風景は効果的だし、プレゼンテーション全体は腹立たしい技術的不具合を克服しているが、本作は文字通り好き嫌いが分かれるだろう。
4.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・素晴らしく息が詰まる雰囲気
・優れた声優の演技と効果音
・素晴らしいビジュアル・デザイン
・途切れない無防備感
悪い点:
・イライラするゲームプレー
・制限がきついタイマー
・バグやクラッシュが満載

『Agony』は、そのタイトルの意図通り、地獄のような体験だ。本作に対する私の興奮は、バグやクラッシュ、バランスの悪いゲームプレーに打ち消されてしまったし、コアを成すアイデア驚異的なビジュアル・デザインが持つポテンシャルを活かすことに失敗している。大規模パッチ配信後にもう一度地獄に戻れたら嬉しいが、現時点の『Agony』は、悪い意味での拷問だ。

4.0/10 IGN
『Agony』は、美と同様に、恐怖も表面的になりえることを証明している。暴力とマゾ的な空気に満ちたこの血みどろアドベンチャーは、心臓が弱い人間には向いていない。しかし、大胆かつディテールに富む環境が最高に悪夢的な地獄を描いているものの、極めて卑猥な光景や不気味なサウンドも、単調な迷路やありきたりなアイテム探し、貧弱なステルス・ゲームプレーが連続すると、ありふれたものになってしまうのだ。
3.5/10 Game Informer
コンセプト: 機転と憑依能力だけで地獄からの脱出を目指すわがままな魂
グラフィック: 敵と環境のどちらも面白味のないデザインで、暗すぎて見えないことも多い
サウンド: 耳障りな演技と呪われた魂の単調な叫びが耳を汚す
プレー性: 説明不足のシステム、出来の悪い環境のせいで移動が苦痛に
エンターテイメント性: ムラのある敵AI、酷い物語、物足りない環境が合わさって、苦痛でしかないゲームを生み出している
リプレー性: 低い

『Agony』は、最も恐ろしい意味でそのタイトルに相応しい。グロで驚かせる手法は必死過ぎるし、私が感じたかもしれない恐怖や驚愕を手際よく腹立たしさに置き換えてしまうのだから、結局は意味がないのである。

3.0/10 GameSpot
良い点:
・苦悶が染み渡る環境
悪い点:
・広大な世界にもかかわらず苦痛なほどテンポが悪いゲームプレー
・まばらでイライラするチェックポイント・システム
・世界デザインほど独創性のない敵デザイン
・腹立たしい印章パズル
・陳腐な声優の演技

本作が抱える様々な問題点は、これまでで最も忌々しく、陰鬱で、根本的に不快な環境が舞台という事実が更に悪化させている。最悪なのは、時間が経つとその不快さに慣れ切ってしまうこと。序盤にプレーヤーを襲う残酷な驚きの代わりに、その環境に辟易するようになってしまう。苦悩は無関心へと変貌し、主人公とその拷問の性質が明らかになっても、何も感じなくなってしまうのだ。私は驚愕しながら地獄の門をくぐったが、関心を失って去ることになってしまったのは本当に残念だ。

1.5/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・往々にして効果的な雰囲気
悪い点:
・退屈なゲームプレー
・オーディオとビジュアルの不具合

苦悶(Agony)。なんとピッタリなタイトルだろうか。

1.5/5.0 Twinfinite
良い点:
・恐ろしく、グロく、移動が不快な舞台設定が見事で、サバイバル・ホラーの期待に応えている
悪い点:
・常にイライラさせられる酷いレベル・デザイン
・魅力がなく粗削りなビジュアルのせいで苦労させられる
・学習がほぼ不可能な理不尽な死
・全てが説明不足で、混乱と理不尽な死が増える
・それら全てを置いておいても、プレー自体楽しくない

様々な問題点が『Agony』の良さを打ち消しており、結果として誰におススメできないゲームとなっている。『Agony』を考慮すべきなのは、楽しさを犠牲にしてでも、超ハードコアな忍耐力を試されるサバイバル・ホラーを求める人だけ。もしくは、これまでに見たことがないような本当に恐ろしい地獄を、本物の拷問と併せて体験してみたい人だ。『Agony』から絞り出せる価値がそれだけだというのは、本当に残念だ。