2018年06月06日(水)12時38分

『Smoke and Sacrifice』海外レビュー

smokesacrifice.jpg

『Smoke and Sacrifice』の海外レビューです。

  • ジャンル:RPG
  • 機種:PC/Switch
  • 開発:Solar Sail Games
  • 販売:Curve Digital
89/100 COGconnected
良い点:
・美しい手書きビジュアル
・極めて魅力的な物語
・非常に楽しいアイテムとアイテム収集
悪い点:
・キャラクターが多いエリアでの戦闘中に低下するパフォーマンス
・装備アイテムの切り替えが少々面倒

Solar Games開発による『Smoke and Sacrifice』は、このジャンルの人気要素の多くを成功させており、明確な目標とモチベーションを持つ主人公をプレーさせてくれるのも嬉しいボーナスだ。それに、死ぬたびに教訓を学ぶことができる。セーブ・ポイントはあるものの、非常に数が少ないので、戦うべき時を選ぶことが求められるのだ。美しいビジュアルとテーマに即したサウンドトラックなど、『Smoke and Sacrifice』はチェックすべき素晴らしいゲームだ。

8.1/10 GameSpace
良い点:
・素晴らしいアート・スタイル
・最高の世界観構築
・定番メカニック
悪い点:
・古臭いセーブ・システム
・1周しか楽しめないナラティブ

『Smoke and Sacrifice』は、時間とお金を費やす価値のあるゲームだ。1周目以降は驚きが失われてしまうものの、盛りだくさんでリプレー性の高いゲームである。UIやセーブ・システムには改善の余地があるものの、全体としては、『Don’t Starve』に匹敵する、はるかにシリアスなトーンと物語を備えた優れたサバイバルRPGだ。

8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・美しい手描きアート
・サバイバルとアクションRPG
・作り込まれた世界
・ムード満点のサウンドトラック
悪い点:
・出来の悪いメニュー・システム
・パフォーマンス上の不具合
・他のキャラクターとのやり取りが過剰に複雑

サバイバル・ゲームの要素を活用したダークで歪んだファンタジーRPG『Smoke and Sacrifice』は、美しいインディ・ゲームだ。トーン的に肉体的にも挑戦的、ライバルとの違いを生み出す芸術性など、没入する価値のある不吉な世界を作り出している。

4.0/5.0 Games Radar+
良い点:
・不気味な絵本スタイル
・奇妙と同時にロジカルな作成システム
・搾乳、幽霊
悪い点:
・実験の邪魔をするインベントリーの制限

時にグロテスクで、魅力が途切れないサバイバル・ゲームに、歪んだ物語、奇妙な武器、突進してくる巨大なヤマアラシを盛り込んでいる。

7.0/5.0 Trusted Reviews
良い点:
・充実したストーリーライン
・ゴージャス
・覚えやすい作成システム
・適切なペース配分
悪い点:
・テーマが現実的過ぎると感じる人もいるかも
・水増しの作業に感じることがある
・少々原始的な戦闘

サバイバル・ゲームにカンフル剤が必要とされる今、『Smoke and Sacrifice』が登場した。作成と料理だけのゲームではなく、Sachiに感情移入しながら、生き残るための戦いから来る満足感を堪能できる。心と感情が詰まったゲームだ。

7.0/10 God is a Geek
『Don’t Starve』のようなゲームが好きで、最高のアート・スタイルを備えた類似のゲームを探しているなら、『Smoke and Sacrifice』がおススメだ。ミステリー感が途切れないのも嬉しいし、異なるメカニックのミックスも上手く機能している。世界は広大に感じられるし、決して短くないゲームだ。UIのような欠点を許容できるなら、大いに楽しめるはずだ。今後改善されていくのが待ちきれない。
2.5/5.0 RPGamer
良い点:
・ムード満点でダークな興味深い手描きビジュアル
・考えるほどに好きになるナラティブのお膳立て
悪い点:
・「物資を収集するのに必要な壊れかけた装備品を修繕するための物資を収集」するというサイクルは楽しくない
・終盤失速するナラティブのドラマ性が持つポテンシャル
・楽しい時間よりも我慢比べに重きを置いている

『Smoke and Sacrifice』にはもっとポジティブなことが言いたかったし、スチームパンク世界で息子を取り戻すために戦う母親という設定は気に入った。グラフィック的には非常にダークかつムーディで、本作の特徴になっている。しかし、ストレスの溜まる鬱陶しいゲームプレーにこれほど重きを置くと、それ以外が目に入らなくなってしまうのだ。楽しい戦闘やユニークな設定を楽しむ代わりに、新たに完成させたレシピで先に進むカギが手に入ることを願い続けてしまう。ナラティブもドラマ性を活かせていないし、私はとにかくこのゲームから逃げ出したくなってしまった。