2018年06月07日(木)00時01分

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』海外レビュー

blazblue1.jpg

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の海外レビューです。

  • ジャンル:格闘
  • 機種:PS4/PC/Switch
  • 開発:Arc System Works
  • 販売:Arc System Works
95/100 GamesBeat
アニメ格闘ゲームしかプレーしない我々にとって、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は中毒性の高いゲートウェイ・ドラッグになるかもしれない。取っ付き易さに不満を言うベテランは多いだろうし、簡素化された入力や、普段よりも短めの試合になる要素全ては特にそうだ。

そうしたベテランたちは、既に心を決めているはずだ。とはいえ、もう少し深く掘り下げてもらいたいと思う。

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、アグレッシブな攻守の読みを可能にするアニメ格闘体験で、若干複雑なメカニックを分かり易く提示する取っ付き易い仕上がりとなっている。本作から新鮮な戦いが生まれるなら、存分に謳歌しよう。

9.0/10 Nintendo Life
『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、極めて完成度の高い2D格闘ゲームだ。コンテンツ盛り沢山で、あらゆる手法を駆使したビジュアル・スペクタクルをフィーチャー、好きな時に二人目のキャラクターを呼べるなど、Switchで必携の現行機格闘ゲームとなっている。カプコンやSNKが過去の人気作をリリースしてくれるのも嬉しいが、Switchでも十分現世代ゲームに対応できることにいつ気付くのかと思わされる。いくつかの不思議な決断を除けば、あらゆる格闘ゲーム・ファンが購入リストのトップにすべきゲームだ。このフランチャイズの過去作のファンでなくとも、ボリューム満点の本作をプレーし尽した時にはファンになっているはずだ。
8.5/10 God is a Geek
良い点:
・非常に取っ付き易い格闘ゲーム
・ユニバース同士の最高の相互作用
・今のところ素晴らしいオンライン
・復活した英語のボイス・アクト
悪い点:
・ほぼ半数のロースターがDLCでロックされている
・ムラのあるスプライト

どちらかのユニバースのファンであれば、時間とお金を投資する価値がある。価格設定には不満が残り、50ドルで土台を売り、20ドルで残り半分のロースターを売るより、60ドルで全てを提供してくれた方が嬉しかった。土台が10ドル安くても敷居が下がるとは思えないし、全てのキャラクターを欲しがるファンは、フル・プライス以上を支払う羽目になるのだ。価格への不満はさておき、私はこの数週間にPS4版とSwitch版に費やした50時間近くを楽しんだ。日本では先週発売されているので、オンラインもアクティブだ。

良い点:
・安定したオンライン
・ファンサービス満載
・シンプルだが深みのある格闘システム
・ユーモアが楽しいストーリー・モード
悪い点:
・ファン以外は置いてけぼりに
・全てを習得するには時間がかかる

私は『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』を気に入った。カオスなゲームプレー、クールなビジュアル、充実したオフラインとオンライン体験など、Switchで手に入る格闘ゲームとして非常に優れている。これがシリーズ初体験だと混乱しがちだし、上達するにはかなりの練習が不可欠だ。しかし、タッグ戦の楽しさを完璧に捉えており、ビジュアル的にも目を見張る出来だ。

良い点:
・初心者や新規プレーヤーが取っ付き易い
・個性に忠実で、楽しく笑えるストーリー・モード
・幅広いファンにアピールするオールスター・ロースター
悪い点:
・キャンペーンに未リリースの有料ファイターを含んでいる
・格闘ゲームのベテランなら問題ないであろう、長くて複雑なコンボ

自分が本作のターゲット層かどうかは、既に分かっているだろう。熱心なアニメ・ファンで、格闘ゲームを理解していて、このシリーズに馴染みがあるなら、本作を隅々まで楽しめるはずだ。たとえ1つか2つにしか当てはまらずとも、本作はピッタリだ。メカニックは強固で、他のArc System Works作品のような複雑なシステムへの移行を考える初心者にとって、完璧な環境を提供してくれる。同時に、格闘ゲームのベテランを魅了するだけの複雑さもある。DLC絡みの不満を除けば、ロースターはファンお気に入りのユニークで楽しいキャラクターが満載。エピソード・モードは楽しいし、4つのフランチャイズの風格に磨きをかけている。『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、華麗に万人を満足させるゲームだ。

8.3/10 IGN
『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、全く別のセットから出来たジグソー・パズルで、奇跡的にも全てが上手くハマり、ユニークで魅惑的なタッグ・ファイトを生み出している。物足りないシングルプレーと腹立たしい課金の壁キャラクターを除けば、取っ付き易さと奥の深さの絶妙なブレンドであり、格闘ゲーム入門に最適だ。
8.0/10 Destructoid
コア・メカニックは過去作ほど洗練されていないものの、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は万人を満足させる格闘ゲームだ。複数のユニバースから参戦した多彩なキャラクターたち、2v2重視、オンライン対戦に興味がない人でも存分に楽しめる豊富なボリュームがある。アイデアには尽きなそうなので、本作が更に実験的なオールスター・タイプの格闘ゲームの土台になってくれることを心から願いたい。
4.0/5.0 Hardcore Gamer
『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』はクロスオーバーのタッグチーム格闘システムに革命を起こしてはおらず、過去に機能したフォーミュラに忠実で、それが大成功を収めている。アーケード・モードがなく、エピソード・モードはカットシーンの比重が大きいため、他の格闘ゲームほど充実していないものの、シングルプレー体験は楽しい。このジャンルがそうであるように、『BLAZBLUE CROSS TAG
BATTLE』は対人戦こそ真骨頂であり、ローカルでもオンラインでも対人戦は最高に楽しめるはずだ。当初のロースターは20人とまずまずだが、いずれDLCによって40人に拡張される。シングルプレー・コンテンツだけでは購入に値しないかもしれないが、対人戦なら末永く楽しめるはずだ。
7.8/10 Wccftech
良い点:
・敷居は低く、天井は高い
・ほぼ格闘ゲーム4本分の価値
・英語のフル・ボイス
悪い点:
・ロースターの半分がDLC
・既視感の強いスプライト、ステージ、音楽

『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は素晴らしい格闘ゲームで、疑問の残るDLC商法と、既視感の強いアセットが足を引っ張っている。しかし、そこを許容できるなら、手に汗握る直感的なアニメ格闘を堪能できるだろう。

7.0/10 Push Square
『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』は、練り込まれたチーム・メカニックに注力した極めて楽しめる格闘ゲームなので、製品自体が論争の的になってしまったのは本当に残念だ。取っ付き易いが奥は深いArc System Worksの最新作はスムーズで表現力豊かだが、首を傾げたくなるDLC商法がケチをつけている。

最新記事