2018年06月11日(月)14時37分

『Far Cry 5: Hours of Darkness』海外レビュー

fc5hod.jpg

『Far Cry 5: Hours of Darkness』の海外レビューです。

  • ジャンル:FPS
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Ubisoft
  • 販売:Ubisoft
  • 概要:ベトナム戦争を舞台に、仲間の救出に向かうWendell Redlerの活躍を描く『Far Cry 5』の追加ストーリー
8.0/10 GameSpace
『Hours of Darkness』は、『Far Cry 5』の脇役を掘り下げている。『Far Cry』らしい突出した銃周りを保ちつつ、『Hours of Darkness』はシリーズ初期作のような全く異なるプレー・スタイルを可能にしている。物語は薄めだし、仲間AIはお荷物だが、濃密なサバイバル環境を提供してくれる。大作の合間にプレーする『Far Cry』体験を求めているなら、『Hours of Darkness』は購入する価値があるだろう。
7.0/10 IGN
『Hours of Darkness』は、『Far Cry』フォーミュラを巧妙かつ楽しくヒネった短い体験だ。AIコンパニオンでは新たなアプローチが取られており、戦闘中に自分以外を心配しなければならず、ステルス・キルの報酬にPerkを与えることで、私のお気に入りプレー・スタイルを推奨しているが、失敗すると勢いが一気に削がれてしまいかねない。『Far Cry』シリーズの過去の遠足同様、このベトナム旅行も実に楽しい。
6.0/10 GameWatcher
本編をクリア済みで、もっと単純で簡素なバージョンが欲しい?それなら『Hours of Darkness』がピッタリだ。物語もミッションもお店もなく、乗り物も少なく、会話やカットシーン、キャラクターもほぼなく、ただプレーヤーとオープン・マップ、殺す相手と吹き飛ばす対象があるだけ。収集物はあるが、本質的にこのDLCはとにかく撃ちまくるだけだ。普通なら諸手を挙げて大喜びなのだが、ひたすら平凡でもある。マップには目的が殆どなく、全てが色褪せて同じに見えるし、すぐに飽きてしまう。それに、敵にてこずらされるのは、ズルをして背後にスポーンしてきた時くらいだ。

既にシーズン・パスを所有しているなら試してみると良いが、『Hours of Darkness』を単体で購入する価値があるとは思えない。もっと楽しそうなゾンビやエイリアンのためにお金を貯めておこう。

6.0/10 Critical Hit
『Far Cry 5』初の大型DLCのボリュームは1時間ほどで、Hope Countyのカオスな大暴れを、より抑制の効いたステルス重視のベトナム戦争遠征に置き換えているが、内容は非常に薄い。
5.0/10 Push Square
新たなメカニックをいくつか導入しているにもかかわらず、『Far Cry 5: Hours of Darkness』はあらゆる面で本編に劣っている。物語はほぼ存在せず、オープンワールドは平凡極まりない。本編のフィーチャーがいくつか削除されていることもあり、後退にしか感じられない。『Far Cry』作品の本質自体は健在ではあるものの、もうそれには飽き飽きしているはずだ。
面白味には欠けるが魅力的なビジュアルを備えたベトナム戦争『Hours of Darkness』は、野心はあまりなく、『Far Cry 5』の見た目を変えただけ程度に落ち着いている。

最新記事