2018年06月26日(火)12時19分

『Pode』海外レビュー

pode.jpg

『Pode』の海外レビューです。

  • ジャンル:パズル・プラットフォーマー
  • 機種:Switch
  • 開発:Henchman & Goon
  • 販売:Henchman & Goon
  • 概要:星を空に帰すために小石が奮闘する協力プレー重視のパズル・プラットフォーマー
95/100 GamingTrend

良い点:
・素晴らしいアートワークと音楽
・生命が息づき変化する世界
・ユニークなキャラクター・メカニック、物理演算、スキル
・落ち着いていて、やりがいがあり、あらゆるタイプのプレーヤーが取っ付き易い
悪い点:
・距離感が分かりにくいことがある
・マップ移動が困難になることがあるRockのパワー

『Pode』は息を呑むほど美しく、パズル・ゲーム好き必携だ。独自のメカニック、物理演算、スキルを持つキャラクターたちはシンプルだが表情豊かで、目前で命を吹き込まれる不毛の山々を彷徨うことになる。協力プレーを念頭に置いた『Pode』は、シングルプレーも同じくらい楽しく、公平で取っ付き易いがやり応えのあるパズルを存分に堪能させてくれる。

8.0/10 Nintendo Life

繊細で落ち着いた、適切な音楽スコア、素晴らしいソフトなビジュアル、シンプルだが感動的な物語など、『Pode』はeショップに溢れかえるスピーディでテンションの高いマルチプレー・ゲームの中で光り輝く、寛容で控えめな協力プレー・コンテンツを8時間から10時間分提供することに成功している。

7.1/10 Video Chums

良い点:
・世界に徐々に命を吹き込んでいくのは超満足感がある、友達とだと尚更
・キュートなビジュアルと美しいサウンドトラック
・やりがいのある収集要素を含むボリューム満点のキャンペーン
悪い点:
・協力プレーと相性が悪い難解な思考に依存する進行
・環境があいまいに見えることがあり、それが不必要なストレスに繋がる

『Pode』は優れた協力プレー体験だが、ストレスの溜まる要素のせいで、傑作には及んでいない。とはいえ、可愛らしい協力プレー・アドベンチャーを食い足りないなら、試してみても後悔はしないはずだ。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・愛らしいキャラクターたちとアート・スタイル
・協力プレー向きの対照的な能力
・外出時のプレーに最適な一口サイズのデザイン
・Austin Wintoryのサウンドトラック
悪い点:
・分かりにくいパズル
・混乱する操作性
・不安定なフレームレート

正反対だからこそ惹かれ合うと言うが、『Pode』の対照的なキャラクターたちはその最高の一例で、協力して環境パズルを克服していくことになる。荒削りではあるものの、『Pode』は一人でも友達と一緒でもチャーミングなパズル・ゲームだ。

良い点:
・美しいビジュアル
・巧妙なメカニック
・ローカル協力プレー
悪い点:
・分かりにくいエンド・パズル
・不安定なフレームレート
・イライラするプラットフォーミング
・退屈なソロ・プレー

『Pode』は息を呑むビジュアルを備えた協力プレー・パズルだが、ペース配分と出来栄えが今一つだ。死に絶えた部屋に色鮮やかな命を宿すのは、格別の喜びだ。しかし、そこまでの道のりは必ずしも楽しいとは言えない。テンポの遅さは協力プレー向きと言えるかもしれないが、それでも少々苦痛だし、ソロ・モードは退屈だ。チェックする価値がないというわけではないものの、不明瞭でストレスの溜まるゲームプレーに向き合うことを厭わない熱心なパズル・ファン向けのゲームではある。

6.5/10 Critical Hit

ミニマリストなアート・デザインは美しく、キャラクターたちはシンプルにもかかわらず表情と感情が豊か。『Pode』には、不完全なプラットフォーミングや頻繁なイライラとは矛盾する優雅さがある。

最新記事