2018年07月03日(火)00時36分

『Rainbow Skies』海外レビュー

rs.jpg

『Rainbow Skies』の海外レビューです。

  • ジャンル:シミュレーションRPG
  • 機種:PS4/PS3/Vita
  • 開発:SideQuest Studios
  • 販売:eastasiasoft
  • 概要:ドイツのインディ・スタジオによる『Rainbow Moon』の続編
8.0/10 Push Square

『Rainbow Skies』は、前作より改善されたナラティブを備えた壮大なアドベンチャーだ。中毒性のあるゲームプレーのお陰で隅々まで探索したくなるし、充実したカスタマイズ・オプションと豊富なサイド・クエストなど、前作を凌駕したこの続編は末永くプレーヤーを虜にするはずだ。

『Rainbow Skies』は表面的で底が浅いゲームだ。恥ずかしげもなく作業的だし、無駄に時間がかかる。大半は私が普段楽しむようなゲームではないのだが、にもかかわらず、本作とその前作はどちらも私が大いに楽しめるゲームに仕上がっている。本作の推進力となっている純粋さやシンプルさは魅力的で新鮮ですらあり、日曜日の午後にすっきりしたい時に最適のゲームである。

73/100 Video Chums

良い点:
・シンプルだが充実したターン制戦闘
・楽しいキャラクターや豊富なユーモア
・成長させ甲斐のあるパーティの成長メカニック
悪い点:
・長すぎることがある戦闘
・ユニークで魅力的な物語
・すぐ飽きてしまうゲームプレーの流れ

時間を吸いとるシンプルなSRPGを探しているなら、『Rainbow Skies』は必携だ。一方で、すぐ満足感を味わいたい人は、他を探すべきだろう。

72/100 COGconnected

良い点:
・豊富なシステム
・優れた台詞
・便利なクロスバイ
悪い点:
・ミスマッチなグラフィック
・少し展開の遅い戦闘
・気が狂いそうになるクエスト・メニュー

『Rainbow Skies』は、素晴らしい時間の鍛錬になる。メイン・クエストから数多くの気晴らしまで、多種多様なタスクを自分のペースでこなさせてくれるのだ。タスクをこなすゆったりとしたペースが足を引っ張るこのシステムには、多くの自由がある。戦闘、プログレッション、モンスターの育成、マップの移動まで、全てがゆったりと進むのである。私自身はこのテンポも気にならないが、無視することはできない。全てを極めるために時間を割きたくなるゲームではあるが、私のライフ・スタイルがそれを許さないのである。そういう意味で、『Rainbow Skies』はレビューのスケジュールや積みゲーに縛られないRPGの熱心なファンにとって素晴らしいゲームになるはずだ。スキルやレベルをコンプすることに喜びを見出せるような人なら、チェックすべきゲームである。

70/100 GamingTrend

良い点:
・バランスの取れた魅力的な戦闘
・価格のわりに豊富なコンテンツ
・チャーミングなビジュアルと心地良い音楽
・しっかり制御された難易度曲線と学習曲線
悪い点:
・単調になってくるダンジョン
・煩雑なアイテムやスタッツ管理
・バラエティの少ないサイド・アクティビティ

『Rainbow Skies』は、チャーミングな表面の下に豊富なコンテンツを隠した、昔気質のインディSRPGだ。『Rainbow Moon』のフォーミュラを改善した本作は、広範囲に及ぶパーティ管理、深みのある戦闘、広大な世界、大量の敵など、質も量も手を抜いていない。残念ながら、何百時間に及ぶゲームプレーは、バラエティの少なさからくる苦痛とは無縁ではない。

6.0/10 GameSpace

良い点:
・優れた世界観構築
・最高のプログレッション・メカニック
・手堅い戦闘
悪い点:
・「どこに向かっているんだ?」と感じることが多すぎる
・平凡な物語

『Rainbow Skies』を1週間プレーしてみて、ターン制タクティカルRPGをあまりプレーしない私ですら、本作に注がれた労力には驚嘆させられる。最高のプログレッション・システム、魅惑的な世界と物語、最高のタクティカル戦闘など、『Rainbow Skies』は特定の層を喜ばせるはずだ。しかし、次にどうすれば良いか分からない物語展開のテンポの悪さが、楽しいターン制タクティカルRPGの足を引っ張っている。

5.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・シンプルで中毒性のある戦闘
・魅力的なアップグレード・システム
・多種多様なアクティビティ
悪い点:
・最低な脚本
・ムラのある古臭いビジュアル
・バランスの悪い難易度曲線
・オートセーブがない

『Rainbow Skies』が情熱の結晶であることは明らか。メカニックやアイデアには、様々な古典RPGやストラテジー・ゲームへのオマージュが詰まっている。だが、愛情が注がれているとはいえ、特にビジュアルと脚本において質の低さが顕著だ。『Rainbow Skies』は、ノートにクレヨンで走り書きした古典RPGへのラブレターである。

良い点:
・キャラクターの奥深いカスタマイズ・システム
・多種多様な環境
・素晴らしいチュートリアルと敷居の低い難易度オプション
悪い点:
・RPGのステレオタイプと平凡なナラティブが満載
・バランス調整が必要な退屈な戦闘
・注意しないと作業だけになってしまう

見た目や使い古されたお約束への依存は問題ではない。ちゃんと出来ているのだが、そこが最大の問題――そこそこに過ぎないのである。少しプレーするには楽しめるし、仲間たちの頑固なプラスチックの心を好きになってくるかもしれない。しかし、引き込まれるナラティブやバランス、戦闘のバラエティが不十分なのである。『Rainbow Skies』は、本作が明らかに影響を受けている過去の二ッチなタクティカル・ゲームを彷彿とさせる。古き良き時代に思いを馳せるならノスタルジアも悪くないが、あえて過去にした時代に戻っているような気がしてしまう。

4.0/10 Cubed3

『Rainbow Skies』はありきたりなだけでなく、JRPGファンのノスタルジアを利用した安易な金儲けに感じられる。キャラクターは鬱陶しくて一本調子だし、脚本は出来が悪く、構文に問題を抱えている。探求性に魅力を感じる人もいるかもしれないが、極めて貧弱な部分を引っ張るには不十分。戦闘システムはそのシンプルさが可愛らしいが、『Rainbow Skies』の大半を埋め尽くす鬱陶しさを凌駕するユニークさはない。

最新記事