2018年07月07日(土)15時31分

『SpiritSphere DX』海外レビュー

spiritspheredx.jpg

『SpiritSphere DX』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Switch
  • 開発:Eeendhoorn
  • 販売:Fabraz
  • 概要:エアホッケーから発想を得たというインディ・ゲーム

良い点:
・チャーミングなプレゼンテーション
・巧みなヒネリを加えた『Pong』/テニス
・至高のローカル・マルチプレー
・多種多様なモードとオプション
悪い点:
・短く限定的なシングルプレー体験
・キャラクターやアイテムの単調なアンロック方法

『SpiritSphere』唯一の欠点は、ローカル・マルチプレー向けに作られていることで、人を集めるのはそう簡単なことではない。友達や家族と一緒に一風変わった『Pong』をプレーしたいなら、本作は傑作になるだろうが、Switchを1人でプレーすることが多いなら、あまり長くは楽しめないだろう。しかし、その僅か間だけでも、『SpiritSphere』は素晴らしい出来だ。

8.0/10 Cubed3

タイトな操作性からチャーミングな見た目まで、『SpiritSphere DX』はSwitchで最も優れたマルチプレー・ゲームの一つだ。オンラインがないことに失望する人は多いだろうが、それもコア・ゲームプレーが強力だからこそ。手軽にプレーできるが極めるのは難しく、目視できないほど高い『SpiritSphere』のスキルの天井は、凄まじいプレー・スタイルが生まれるポテンシャルを秘めている。しかも、プレーヤーを飽きさせないシングルプレー・コンテンツも十分収録されている。キャンペーン、ターゲット・モード、豊富なアンロック要素など、できるだけ長くプレーヤーを引き留めておくことを念頭にデザインされたゲームなのだ。Switchでローカル・マルチプレーをプレーしたい人にとって、『SpiritSphere DX』は必携だ。

7.0/10 Nintendo Life

『SpiritSphere DX』は、『ゼルダの伝説』を基にしたテニス・ゲームに最も近いかもしれない。Switchのeショップで配信されている類似ゲームと比べると、価格もお手頃。3種類の難易度が用意され、小規模だがやり応えのあるキャンペーン・モードを備え、4人でプレーできるローカル・マルチプレー・コンテンツも充実。レトロ・ゲームの精神を見事に再現している。

70/100 GamingTrend

良い点:
・独創的なマルチプレー・モード
・多彩なステージとキャラクター
・グラフィックとサウンドのチャーミングなオマージュ
悪い点:
・リプレー性を限定するシンプルなメカニック
・バランスの悪いキャラクターたち
・すぐ飽きる

『SpiritSphere DX』は定番ジャンルにヒネリを加え、シンプルなコア・メカニックに盛り沢山のバラエティを詰め込んでいる。アンロック要素やプレー・モードも豊富だが、リプレー性を高めてはいない。『SpiritSphere DX』は短時間のマルチプレー・セッション向けだが、ソロ・プレーヤーを長く引き留めることはできないだろう。

最新記事