2018年07月25日(水)17時12分

『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』海外レビュー

rock123.jpg

『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・プラットフォーマー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:カプコン
  • 販売:カプコン
  • 概要:『ロックマンX』誕生25周年を記念し、『X8』までを収録したコレクション
9.0/10 Wccftech

良い点:
・8本とも英語版と日本版でプレー可能
・難易度の高いステージが簡単になるルーキーハンター・モード
・シリーズの音楽やコンセプト、日本独占モデルのオモチャを収録したギャラリー・モード
悪い点:
・タイダル・マッコイーンよ安らかに
・どれも変わり映えしないXチャレンジのステージ
・オリジナルのラグが健在
・ルーキーハンター・モードは難易度が大幅に下がるので、使用は控えめに

『イレギュラーハンターX』の冒険が、一つのパッケージに綺麗にまとまっている。初心者からベテランまでが楽しめるグレイテスト・ヒッツだ。

9.0/10 EGM

『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』は、ファンが『X』フランチャイズを再訪するのに完璧なコレクションだ。古典的な2D/3Dプラットフォーミングの中毒性は全く衰えていないし、ベテランも新たなXチャレンジで腕試しができる。新参者にはルーキーハンター・モードが用意されているので、このコレクションはフランチャイズ全体の決定版となっている。

9.0/10 CGMagazine

隙のないプレゼンテーション、歴史重視、古いゲームに新鮮味を取り戻すチャレンジのリミックスなど、『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』はシリーズのファン必携だ。

8.5/10 DualShockers

シリーズごとのロックマン自身の変身と同じように、『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』はあらゆる面でアップグレードであり、見事な入門編となっている。過去のコレクションの売りだったアドオンにも対応し、巧妙なモードで全てをまとめ上げたカプコンは、新たなリマスター・コレクションで自己記録を更新してみせた。

85/100 COGconnected

良い点:
・完璧な操作性
・難しいが楽しいXチャレンジ
・『X6』までは素晴らしい
悪い点:
・『X7』『X8』のせいで『2』は魅力がない
・簡単すぎるルーキーハンター・モード
・バンドルのみのPS4版

私は『ロックマン』に特に思い入れはない。当然知ってはいたものの、大人になるまで殆ど触れたことがなかったので、懐かしさも全く感じない。私の幼少期のゲームのように見えるが、私の幼少期のゲームではないのだ。だから、そんな私が言う素晴らしいゲームの数々が揃っているという発言を信じて欲しい。レビュー執筆時には、2本が個別に販売されている他機種と異なり、PS4ではバンドルしか入手できない。『X8』や最初の4作品が好きでない人は、PS4版はスルーしよう。しかし、操作性が本当に素晴らしいので、バンドルをおススメしたい。操作性はともかく、全作品をクリアしようと思えたコレクションは本当に久しぶりだ。『X』シリーズ未体験だったり、未プレーのゲームが多い人にとって、『ロックマンX アニバーサリー コレクション』は素晴らしい投資になるだろう。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・プラットフォーミングの古典を複数収録
・全てを網羅したミュージアム
・巧妙で過酷なXチャレンジ
・上級者に報いるハンター・メダル
悪い点:
・すっかり色あせた『X7』と『X8』

ある意味、このコレクション自体が博物館のようだ――長所も短所も含めたシリーズ全体を展示し、プレーヤーの判断を仰いでいる。完全に色褪せてしまったところもあるが、そこも間違いなく『ロックマンX』の歴史の一部なのだ。『ロックマン11』にゴーサインが出たのは、『ロックマン クラシックスコレクション』が注目されたことも一つの要因らしい。もしカプコンが『ロックマンX』の続編を出すとするなら、このコンピレーションはシリーズの本質やチャンスを与えられた時の可能性を示した貴重な教科書になるだろう。

8.0/10 Shacknews

良い点:
・完璧なプラットフォーミングと横スクロール・アクション
・整理整頓されたメニューとプレゼンテーション
・膨大な量のボーナス・フィーチャー
・リプレー性を高めるXチャレンジ
悪い点:
・相変わらず不安定な『X7』
・込み合った時のカクツキは健在

『ロックマンX アニバーサリー コレクション』は、『1』と『2』のどちらもレトロ・ゲームの現代コレクションのお手本のような出来栄えで、ゲーム本編、新たな調整、追加ボーナス、トリビア、予告編など、シリーズの全てを網羅している。もはや何も残されておらず、シリーズの長年のファンや、シリーズ未経験の新規プレーヤーの両方にとって完璧な出来となっている。

8.0/10 God is a Geek

良い点:
・豊富なディスプレイ・オプション
・6本の素晴らしい傑作
・オリジナルの感触の維持に尽力
悪い点:
・出来の悪い『7』と『8』
・どのゲームも変わり映えしない

カプコンの人気マスコットにとって歓迎すべき回帰であり、『ソニックマニア』風のリバイバルを期待したい。

4.0/5.0 USgamer

カプコンの古典を一つにまとめた『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』は、『ロックマンX』シリーズに焦点を当てている。過去のコレクション同様、隙のない傑作やそこそこのゲーム、駄作までがまぜこぜになっている。セーブや巻き戻しといったフィーチャーは不在だし、オリジナルの楽曲もなくなっている。新たなXチャレンジ・モードも、『ロックマン クラシックスコレクション』におけるカスタム・チャレンジには及んでいない。それでも、14年も新作が出ていないシリーズにとって、非常に良く出来たコレクションとなっている。

7.0/10 GameSpew

『ロックマンX アニバーサリー コレクション 1+2』を買うべきかどうかは、自分がどれだけ『ロックマン』好きかによるだろう。大ファンなら躊躇せず飛び込むべきだ。腕試しを堪能できる8作品に加え、ミュージアムや新モードを末永く楽しめる。しかし、ファンでない人は、なぜこれほど神格化されているのか理解できないかもしれない。とはいえ、特別な魅力を見出せる人もいるはずだ。

3.5/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・『X6』までは素晴らしい
・厳選されたミュージアムの特典
・最高に楽しいチャレンジ・モード
悪い点:
・出来の悪い『X7』と『X8』
・限定的な魅力しかないミュージアム・モード
・過去のコレクションほど多様性のないチャレンジ・モード

『ロックマンX アニバーサリー コレクション1』は、シリーズのファンなら必携だ。

しかし、『コレクション2』の方はおススメするのが難しい。2D作品の魅力が欠落した出来の悪い3D作品であり、2D作品には遠く及ばない。

端的に言って、『ロックマンX アニバーサリー コレクション2』はハードコアなファンやコンプリート主義者のためのゲームで、『コレクション1』はファンかどうかに関係なく傑作揃いである。