2018年07月31日(火)18時37分

『Semblance』海外レビュー

semblance.jpg

『Semblance』の海外レビューです。

  • ジャンル:プラットフォーマー
  • 機種:PC/Switch
  • 開発:Nyamakop
  • 販売:Good Shepherd Entertainment
  • 概要:地形を変形させて先に進んでいくメカニックを売りにした南アフリカのインディ・スタジオのデビュー作
9.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・目を見張るビジュアルと音楽
・シンプルな操作性
・愛らしい主人公
・素晴らしいパズル・プログレッション
悪い点:
・ダメだSquish、あのトゲトゲの上に着地するな!
・Squish!レーザーは痛いぞ
・お前の尻拭いをしてやったぞSquish
・Squish・・・朝5時だけどまだエサはあげないぞ

『Semblance』は、決して長すぎない凄まじい楽しいパズル・ゲームだ。短すぎることも長すぎることもなく、パズル・デザインも的確。最終ステージは類を見ないほど難しいが、そこまでに学んだこと全てが詰まっている。『Limbo』のようなゲームのシンプルなビジュアル・スタイルに、僅かな色を加えることで深みを持たせている。没頭できる新作ゲームを探している人には最適だろうが、休憩したくなるほど叩きのめされても驚かないこと。

9.0/10 Shacknews

良い点:
・革新的なプラットフォーミング
・やり応えのあるパズル
・独創的なゲームプレー
・一流のレベル・デザイン
・Switchで発売
悪い点:
・自分がバカに思える
・Switch版は動画シェアに未対応

『Semblance』はパズル・ジャンルの枠を超え、特殊なプラットフォーマーとなっている。アートと音楽は、美しさと腹立たしい驚きに満ちた牧歌的な世界を生み出している。Nyamakopの面々は、Switchで発売される初のアフリカ産ゲームであるこのデビュー作を誇りに思うべきだ。『Semblance』に挑戦すれば、素晴らしいレベル・デザインとアート・スタイルを備えたやり応えのあるパズル・プラットフォーマーを堪能できるだろう。

9.0/10 Destructoid

今年は優れたプラットフォーマーに恵まれたが、『Semblance』はそれでも突出した出来となっている。デザインは素晴らしく、パズルは手応えがあるが心が折れるほどではなく、操作性はタイトでお手軽だ。もう少しボリュームがあれば嬉しかったが、パズルの答えを忘れた頃に、改めてSwitch版を購入してもいいかもしれない。

88/100 GamesBeat

『Semblance』はユニークなパズル・プラットフォーマーだ。Ian Snyder氏のカラフルな『The Floor Is Jelly』を彷彿とさせるが、跳ね回るゼリーと異なり、正確性が要求されるのだ。自分で作った丘から少し左にジャンプし過ぎると、死んでしまう。着地を成功させれば、勝利の美酒に酔えるだろう。

『Semblance』の難易度の高さは大いに気に入ったし、プレゼンテーションも美しい。有機的な形状と目を引く色彩に満ちた、ユニークな見た目となっている。ストーリー性は薄いものの、何度も死ぬ価値のある体験だ。

8.0/10 DualShockers

『Semblance』はユニークなプラットフォーマーで、そのミニマリストな環境は、愛らしいSquishの世界を救うためには解かなければならない充実した手応えのあるパズルにとって、完璧な背景となっている。落ち着いていて、目の保養になり、決して単調にならない難易度曲線のバランスが絶妙だ。操作性やSquishの動きには少し違和感を感じることがあるとはいえ、全体的には快適な体験となっている。Nyamakopにとってはこれがデビュー作であり、彼らが今後どんなにユニークなゲームを作ってくれるのか、非常に楽しみである。

『Semblance』は、斬新なパズル・プラットフォーマーだ。不屈の精神力を試したい人は、今すぐプレーしよう。しかし、忍耐力があまりない人は中止した方が良いかもしれない。ミニマリストなアート・スタイルはゲームの売りにもなっているが、そのせいでパズルの難易度が必要以上に上がってしまうこともある。だが、そこを克服すると凄まじい達成感を実感できるので、『Semblance』は確実に時間とエネルギーを注ぎ込む価値があるだろう。

72/100 COGconnected

良い点:
・手応えがあるがイライラはしない
・目に優しいアート・スタイル
・ユニークなプラットフォーミング
悪い点:
・単調になりがちなパズル
・セーブ・ファイルが一つだけ
・ステージ・セレクトがない
・少し短い

『Semblance』は、プラットフォーミングに独自性を持たせた優れたパズル・プラットフォーマーだ。リニアな性質がゲームのテンポの良さに繋がっているとはいえ、各ステージにチェックポイントがあれば嬉しかった。単調さを筆頭とする私個人が感じた欠点を除けば、『Semblance』は快適な体験だ。比較的短めのボリュームと、一部で求められる精密さなど、『Semblance』はスピードランに最適のゲームかもしれない。

7.0/10 GameSpot

良い点:
・充実した地形の変形
・巧妙なパズルの解き方を思いついた時の快感
・どれも上手く機能する新メカニック
悪い点:
・活かし切れていないのが実に勿体ないメカニック
・物足りないストーリーテリングと消化不良なエンディング
・不正確に感じる操作性と進行を阻害するグリッチ

短めの長さと、決して極悪な難易度にはならないパズルのお陰で、『Semblance』は楽しいが軽量級の体験となっている。それは必ずしも悪いことではない――寝しなやSwitch版なら電車の中でプレーするのに最適な、リラックスしたゲームである――が、コンセプトが持つポテンシャルを最大限まで活用できていないように感じられるゲームでもある。とはいえ、もっとプレーしたくてしょうがなくなったり、唐突に終わってしまったことに失望したという事実が、本作が持つ強みを如実に示している。多少の物足りなさを感じるだろうとはいえ、優れたアイデアをしっかりと具現化している。

7.0/10 Critical Hit

『Semblance』は、ルールを壊すことがメインの、革新的で楽しいプラットフォーマーだ。絶好調時は恐ろしく巧妙だが、そのペース配分は不思議と堅苦しい。斬新な地形変形プラットフォーミングはプレーするのが楽しいが、活用できていないコア・コンセプトを勿体なく感じるだろう。

50/100 GamingTrend

良い点:
・見ていて楽しい地形の変形
・全般を通してヒネリの効いたメカニック
悪い点:
・活かし切れていない強力なコンセプト
・極めて短い
・本格的なゲームというより概念実証に感じる

『Semblance』は、パズルを解くために地形を変化させるゲームだが、ツールが著しく制限されてしまうため、平凡なパズルがアイデアを台無しにしてしまっている。見た目こそ綺麗だが、コア・メカニックは2時間の旅路が終わる前に飽きてしまうだろう。

最新記事