2018年09月20日(木)18時11分

『The Gardens Between』海外レビュー

gardens.jpg

『The Gardens Between』の海外レビューです。

  • ジャンル:パズル・アドベンチャー
  • 機種:PS4/PC/Switch
  • 開発:The Voxel Agents
  • 販売:The Voxel Agents
  • 概要:時間を操り島に散りばめられたパズルを解いていくオーストラリア産インディ・ゲーム
95/100 GamingTrend

良い点:
・ゴージャスなアートワーク
・パワフルで感動的なストーリーテリング
・手応えがあるが公平なパズル
・シンプルだが充実したメカニック
悪い点:
・3、4時間しかない

『The Gardens Between』はミニマリスト・ストーリーテリングの傑作で、友情と時間に関する物語を言葉を用いずに語っている。普遍的な幼少期の出来事を通じて、プレーヤー自身の感情や記憶で物語を埋めることで、驚くほど感動的で個人的な体験を生み出している。ゴージャスでシュールなスタイル、手応えがあるが公平なパズルを備えた本作は、パズル・ゲーム好き必携のゲームである。

9.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・練られたパズル
・優れたアート・デザイン
・優れたサウンドトラック
悪い点:
・シーン切り替え時にフリーズするバグ

『The Gardens Between』は、魅力に満ちたシンプルかつ短いアドベンチャーだ。普遍的な幼少期の記憶に訴えかけつつ、大人になることで置き去りにした体験に焦点を当て、人間関係の変化におけるほろ苦さを描いている。ボリューム満点のゲームというわけではないが綺麗にまとまっており、パズルの難易度はあまり高くないものの、ゲーム全体と同じくらい賞賛すべき仕上がりとなっている。

良い点:
・手軽にプレーできる
・素晴らしいパズル・デザイン
・みずみずしくカラフルなプレゼンテーション
悪い点:
・変な終わり方

『The Gardens Between』は、Switch最大のサプライズの一つだ。誰でもすぐに理解できる、巧みに作られたパズル・ゲームに仕上がっている。世界観のルールに沿った解法が用意されている。時間の流れも大きな役割を担っており、観察力が物を言う。唯一の欠点は、変な終わり方くらい。掘り下げることができそうだが、開発陣は曖昧なまま終わらせている。決して逃すべきではない体験の一つであり、不満点は些細なものだ。

9.0/10 DualShockers

秋の大作と比較してあまり注目されていないゲームにもかかわらず、『The Gardens Between』は記憶から消すべきではない、極めてユニークな体験となっている。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・洞察力と推察力を試す巧妙なパズル
・心に残る友情についての感動的な内省
・現実世界のオブジェクトで構成された独創的なステージがプレーヤーをファンタジーに引き込む
・台詞一切無し表情豊かなキャラクターたち
悪い点:
・上手く噛み合わない物語とゲームプレー

『The Gardens Between』は2、3時間もあれば全てを体験できるものの、最後まで途切れない心温まる感情は末永く脳裏に刻まれるはずだ。ティーン2人の豊かな表情は幼少期に親しい友人がいた人なら誰でも感情移入できるだろうし、パズル自体はそれほど難しくないものの、友情が全てな心温まる懐かしい世界を存分に堪能させてくれるはずだ。

8.0/10 Nintendo Life

牧歌的であると同時に骨が折れる『The Gardens Between』は、チャーミングなビジュアル、落ち着いたサウンドトラック、ほろ苦い物語の感動的な合体だ。操作体系のシンプルさが、神のように時間を操る、極めて入り組んだ巧妙なパズル・フォーミュラを隠している。ユニークな設定によってSwitchで最も風変わりなパズル・ゲームの一つに仕上がっているし、オーストラリアのインディ・スタジオThe Voxel Agentsの次回作が待ちきれない。

4.0/5.0 USgamer

『The Gardens Between』は、極めてシンプルなメカニックを備えたパズル・ゲームのお手本で、最小限を最大限に活かす術を見せ付ける。友情についての明るい物語はスウィートで、時間の流れを操るコア・メカニックと、どれだけ止まってほしいと願っても時間は流れてしまう無力さを支えている。

やたら短いものの創意工夫に富んだパズルが、幼少期の記憶についての美しい物語を内包する『The Gardens Between』は、プレーに値する心温まる感動的な体験である。

7.0/10 Push Square

『The Gardens Between』は、あと一歩でパズル・ゲームの大傑作になっていただろうが、細かな部分でつまずいている。完璧なスコアに支えられたゴージャスでシュールな環境が、極めて巧妙なパズルのムードを盛り上げており、ゲーム内のロジックも極めて一貫性がある。しかし、比較的ボリュームが薄く、たとえ急がずにプレーしてもあっという間に終わってしまう。もっとプレーしたくなるほどパズルの出来が優れていることもあり、The Voxel Agentsが次に何を生み出すのか本当に楽しみさせられる。

6.0/10 Video Gamer

良い点:
・印象的なアート・スタイル
・優れたパズル・コンセプト
・愛らしいムード
悪い点:
・ありきたりな記憶シーン
・あまり印象に残らない・

魅惑的なアート・スタイル、かすんだシンセ・サウンド、作り込まれたパズルが『The Gardens Between』に心地良いムードを与えているが、クレジットを眺めた後はあまり長く記憶に残らない。

最新記事