2018年10月17日(水)07時18分

『Starlink: Battle for Atlas』海外レビュー

slb.jpg

『Starlink: Battle for Atlas』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/Switch
  • 開発:Ubisoft Toronto
  • 販売:Ubisoft
  • 概要:フィギュアと連動するToys to Life要素を盛り込んだスペース・アドベンチャー
4.5/5.0 Hardcore Gamer

『Starlink: Battle for Atlas』と同じようなアプローチを取ったゲームは殆ど存在しないし、Toys to Lifeジャンルでは確実に最高傑作だろう。各惑星、そして宇宙自体も探索が凄く楽しいし、Atlasの世界はボリューム満点だ。フィギュアに重きが置かれているせいで子供向けと思うかもしれないが、『Starlink: Battle for Atlas』はあらゆる年齢層が楽しめるゲームであり、決してフィギュアを理由に一蹴すべきではない。優れたオープンワールドのスペース・アドベンチャーを探しているなら、捜索はもう終了だ。『Starlink: Battle for Atlas』が提供してくれる旅路は、これまでで最も楽しいもののひとつである。

8.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・楽しいスペース・コンバット
・最高のフィギュア
・充実したアップグレード・システム
・やることが多い
悪い点:
・弱いストーリーテリング
・少し単調
・限定的なバニラ版

『Starlink: Battle for Atlas』は、あらゆる年齢層がプレーすべき素晴らしいSFゲームだ。フィギュアは棚に飾れるほど魅力的だし、ちゃんと遊べるほど良く出来ている一方で、クリアするのに不可欠ではなく、一切使わないオプションも用意されている。他の部分と比べて物語だけが物足りないのは残念だが、楽し過ぎて気にならないかもしれない。

8.0/10 GameSpace

良い点:
・宇宙を舞台にした広大なRPG
・ローカル協力プレー
・Switchで『スターフォックス』
・様々な武器の組み合わせ
悪い点:
・ビジネス・モデル
・すぐ単調になる惑星のオブジェクティブ

フィギュアの有無にかかわらず、『Starlink』は最高のゲームだ。そこにローカル協力プレーが加われば、この規模のRPGに子供を引き込める楽しい手段となっている。純粋なファンタジーではなく、宇宙やテクノロジーを扱った数少ないRPGの一つでもある。面白い物語、充実したゲーム・システムなど、Ubisoftは優れた新規IPを完成させている。今後しばらくは拡張を続けて欲しいものだ。

4.0/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・広大な恒星系
・滑らかなスペース・コンバット
・独創的な属性コンボ
・クールなモジュラー・フィギュア
悪い点:
・Switch版の粗削りなテクスチャとポップイン
・不可欠というわけではないフィギュア

ゴージャスな世界、スリリングな戦闘、魅力的な謎、プレーヤーを見下さないプロットが詰め込まれた『Starlink』は、Toys to Lifeジャンルが成長した姿だ。

フィギュアの重要性を薄めるのは諸刃の剣で、親御さんは子供のためにレアなフィギュアを探さなくて済む一方で、それ無しでプレーしてしまうと、本作の最も特別で楽しい要素を奪ってしまうことになる。

とはいえ、どのような形でプレーしようとも、物語とメカニックに驚くほどの深みを備えた、最高のスペース・コンバットと探索を楽しめるはずだ。嬉しい驚きである。

4.0/5.0 Games Radar+

良い点:
・美しい世界と豊かな物語
・極めて上手く機能するフィギュア
・フィギュア無しでもプレー可能
悪い点:
・少しわかりにくいフィギュア要素

優れたフライト、戦闘、敵など、『Starlink: Battle for Atlas』は素晴らしい宇宙探索ゲームだが、分かりにくいToys to Life要素のせいで、理解やおススメするのが困難だ。

7.5/10 DualShockers

Ubsioftが本作を現在進行形のフランチャイズにするならば、『Starlink: Battle for Atlas』は強固な土台となるはずだ。フィギュアの有無関係なしでプレーできるのも嬉しく、特にSwitch版でプレーしていて、色々なフィギュアを持っていきたくない人にとって朗報だ。世界観やキャラクターは、もっと知りたいと思わせる程度には魅力的。もう少しバラエティがあれば、『Starlink』は子供と大人の両方にとって素晴らしいフランチャイズになっていただろう。

7.5/10 Worth Playing

『Starlink: The Battle for Atlas』は、Ubisoftの伝統的なオープンワールド・フォーミュラのスペース・ファイター版で、非常に楽しめる出来となっている。ボリュームも豊富だし、非常に楽しい体験だ。唯一足を引っ張っているのは、他のゲームプレーと相性が悪い、退化したおもちゃシステムだ。ありがたいことに、デジタル版は問題を完全に回避させてくれるし、通常の小売価格で十分なコンテンツを収録している。子供に丁度良いし、大人(特に『スターフォックス』のファン)でも気に入るはずだ。

7.0/10 GameSpot

良い点:
・特に宇宙が舞台だと楽しいスペース・コンバット
・やることが尽きず、目標が明確な成長デザイン
・宇宙の巨大さ、惑星を自由に出入りするスリルは魅力が薄れない
・Switch版の『スターフォックス』コンテンツは包括的なボーナス
悪い点:
・同じ構造の戦闘が何度も登場する単調さ
・Switch版の『スターフォックス』サイド・ストーリーを除くと感情移入が難しいプロット
・デジタル版と同じコンテンツを揃えようとすると出費が増えるパッケージ版

『Starlink』は、興味深く楽しめるオープンワールド・ゲームで、新たな惑星の探索や深宇宙でのドッグファイトの魅力を知り尽くしている。小規模の艦隊を率い、銀河を支配するForgotten Legionの要塞を急襲して弱体化させるのは本当に楽しい。パッケージ版でデジタル版と同じ体験をするには出費が増えるのが残念である。

6.5/10 God is a Geek

良い点:
・美しく描かれた世界
・技術的偉業
・見事な移動の解決策
・最高のモデル
悪い点:
・単調なミッション構造
・ムラのある声優の演技
・腹立たしいプラットフォーミング

腹立たしいプラットフォーミング要素とコピペ・ミッションのせいで、『Starlink』はポテンシャルを活かし切れていない。

良い点:
・優れた戦闘
・戦場となる太陽系の規模とダイナミズムが驚異的
・Switchの限界を考慮すると素晴らしいグラフィック
・最高の宇宙船デザイン
悪い点:
・全ての要素、特にミッションと敵がすぐ単調になる
・殆ど詐欺のようなフィギュアを使った要素
・恐ろしく高価なアドオン

善意と企業の欲深さのごちゃまぜが、無意味な単調さと極めて高価なフィギュアを使ったギミックによって、期待の持てるスペース・アドベンチャーを台無しにしている。

最新記事