2018年11月13日(火)12時54分

『11-11: Memories Retold』海外レビュー

11111.jpg

『11-11: Memories Retold』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:DigixArt/Aardman
  • 販売:バンダイナムコ
  • 概要:第一次世界大戦中の世界を舞台にした追体験型アドベンチャーゲーム

いわゆるやり甲斐は存在しないものの、『11-11: Memories Retold』は間違いなくプレーする価値のある旅路である。戦争に乗り気ではない2人の兵士から見た感動的で悲劇的な戦争観であり、心を持つ人間なら必ずプレーすべきゲームである。

良い点:
・台詞、ビジュアル、数々の印象的なアクション・シーンを備えた素晴らしいストーリーテリング
・ビジュアル的にも題材的にもユニークなアート・スタイル
・素晴らしい演技と音楽
悪い点:
・物語とインタラクティブ性の両面でムラのあるペース配分
・多少バカげたアクション・シークエンスとパズル
・ぎこちないアニメーション

ビデオゲームであっても、インタラクティブ性にのみ可能な深みと敬意をもって深刻な題材に取り組むことができるということを証明した、堂々とした素晴らしい試み。

『11-11: Memories Retold』は実に堂々とした芸術的傑作だ。技術的不具合も、素晴らしいゲームを貶めていない。

7.8/10 Wccftech

良い点:
・美しいユニークなアート・スタイル
・素晴らしい戦争物語
悪い点:
・プレーヤーの選択が殆ど介在しない
・あっという間に終わってしまう

これまでで最も魅力的なナラティブ体験というわけではないものの、間違いなく印象に残る作品だ。私は『11-11: Memories Retold』を存分に楽しんだし、ナラティブ・アドベンチャーのファンや、ユニークなアート・スタイルで描画されたゲームを一目見てみたいだけの人に、諸手を挙げておススメできる。Aardmanが次にどんな作品を作るのか、本当に楽しみだ。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・見事に機能している絵画のようなアート・スタイル
・充実した感動的な練られたストーリーライン
・素晴らしい演技
・最高の音楽スコア
悪い点:
・PS1ゲームのような屋内
・一部の酷いミニゲーム
・中途半端なペット・メカニック
・収集が苦痛

素晴らしい物語、突出した演技、そして大半は美しいユニークなアート・スタイルなど、『11-11: Memories Retold』には良いところが沢山ある。それらは素晴らしいものの、出来の悪いミニゲームや中途半端なゲームプレー・メカニックが足を引っ張っているのだ。とはいえ、そうした欠点があるにもかかわらず、巧妙なプロットや先が気になるナラティブのお陰で、私は最後まで物語に引き込まれた。

7.0/10 God is a Geek

良い点:
・題材に相応しい美しいアート・スタイル
・素晴らしい演技
・痛烈な物語
悪い点:
・終盤に勢いを失う物語
・収集要素が多すぎる
・物語と矛盾する収集要素

『11-11: Memories Retold』は、時代に翻弄される連合軍カメラマンHarryとドイツ兵Kurtの興味深い物語を語っている。残念ながら、急かされた最終幕と、収集要素に隠された第一次世界大戦に関する実際の情報が、素晴らしい序盤を台無しにしている。

最新記事