2018年11月21日(水)19時11分

『Steel Rats』海外レビュー

steelrats.jpg

『Steel Rats』の海外レビューです。

  • ジャンル:プラットフォーマー
  • 機種:PS4/PC
  • 開発:Tate Multimedia
  • 販売:Tate Multimedia
  • 概要:『Urban Trial』シリーズで知られるポーランドのスタジオによるバイク・アクション
85/100 GamingTrend

良い点:
・滑らかなドライビング操作と楽しい戦闘
・4人のキャラクターをその場で切り替えできる
・全キャラを試したくなるユニークな能力
・最高なタイヤ・チェンソー
悪い点:
・イライラする落とし穴セクション

『Steel Rats』は、バイクを使った戦闘が楽しい最高の2.5Dプラットフォーマーだ。4人のバイカーは最高に格好良くてユニークなので、全員を試したくなるし、その場で切り替え可能なお陰で鮮度が落ちることはない。

4.0/5.0 Video Chums

キラー・ロボットや3次元移動を備えた『Trials』を望むなら、『Steel Rats』は確実にプレーする価値がある。

比較的無難なバイク・アクションとして非常に楽しめる洗練された出来であり、テンションの高いアクション・プラットフォーミングが好きな人は『Steel Rats』に満足できるはずだ。

3.5/5.0 Dark Station

ゲームプレーや、バイクの神経質な挙動には慣れるのに時間を要する。『Steel Rats』は『Trials HD』に酷似しているため、つい先を急いでしまい、それが度重なる死やフラストレーションに繋がってしまった。ステージ毎のボーナスやとあるチェース・シークエンス(驚くほど難易度が高く、概ね楽しくない)を除くと、急ぐ必要はなく、ゆっくりプレーして何の問題もない。これは高速バイクに乗るという前提と相性が悪く、徒歩でプレーできるか、バイクがもう少し寛容だったら良かったのではないかと思う。とはいえ、このようなゲームプレーのマッシュアップは見たことがないので、独創性は評価したい。その世界観にマッチしたスタイルを堪能できる、楽しいゲームである。

64/100 COGconnected

良い点:
・素晴らしいビジュアル
・優れた戦闘
・スタイリッシュ
悪い点:
・穴のあるレベル・デザイン
・極めてバグが多い
・単調なゲームプレー

『Steel Rats』は、歯車がかみ合えば上手く機能してくれる。練られたコースを疾走し、宙を舞い、障害物を吹き飛ばしていくのは最高に楽しい。『Steel Rats』には、諸手を上げておススメできる箇所もあるのだが、残念ながら歯車がかみ合うことはそう多くないのである。全体としては、とてもスタイリッシュな「そこそこ」のゲームだ。

6.0/10 Wccftech

良い点:
・面白い舞台設定
・期待以上のサウンドトラック
・ステージ・クリアにハマる
・魅力的なボス
悪い点:
・やりがいがない
・差異が感じられない
・簡単なパズル
・単調な戦闘

『Steel Rats』は楽しいゲームだが、つまずいている箇所も多い。今シーズンの他のゲームと比べても『Steel Rats』は劣っているし、大抵の人が連想するゲームにも及んでいない。

良い点:
・優れた雰囲気
・このジャンルにしては面白い物語
悪い点:
・イライラする操作性と視点
・鬱陶しいチェックポイント
・不正確な戦闘
・稀なグリッチ

『Steel Rats』は、自らが提示した疑問に答えている。バイクの前輪にノコギリを付けると聞けばクールだと思うだろうが、タイヤを切り裂いたり、ブレーキ・ホースを切断したり、スポークを破壊してしまうかもしれないのだ。『Steel Rats』は世界観構築に長けているが、いざプレーヤーに操作を委ねるとつまずいてしまう。時として、提供された答えは必要なものとは限らないのである。

4.0/10 GameSpace

良い点:
・綺麗なグラフィック
・バイクの速度を適切に活用すれば楽しい
悪い点:
・神経質な操作性
・物理演算が奇妙で重さを感じないバイク
・全く印象に残らないストーリーライン

『Steel Rats』は、残念な操作性と物理演算が、優れたプラットフォーマー・アイデアの足を引っ張っている。ストーリーラインも気合が空回りしており、意地以外の推進力がなく、それは必ずしも楽しさと一致しないのである。