2018年11月28日(水)20時57分

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』海外レビュー

p5d.jpg

欧米でこの12月に発売となる『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』と『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』の海外レビューです。

  • ジャンル:リズム
  • 機種:PS4/Vita
  • 開発:アトラス
  • 販売:アトラス
  • 概要:『ペルソナ3』『5』の楽曲を用いたリズム・ゲーム
『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』
9.0/10 GameSpot

良い点:
・美しい3Dモデルで再現されたキャラクターやロケーション
・楽しく直感的なリズム・ゲームプレー・システム
・リズム・ゲームのベテランをも苦しめる難易度ALL NIGHT
・『ペルソナ3』の歴史を網羅するリミックスやリマスターを収録した素晴らしいサウンドトラック
・彼らと再び遊ぶ機会を与えてくれる社交イベント
悪い点:
・重要なメンバーが何人か収録されていない

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』は、シリーズ全体の強みである音楽にスポットライトを当てている。ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニカの融合は、シリーズの作曲家である目黒将司の驚異的な仕事を見せ付けている。お馴染みの楽曲の強力なリミックスやリマスター、あの場所の再現、旧知のキャラクターたちのリイマジネーションなど、『ダンシング・ムーンナイト』は際立って特別な作品となっている。設定自体に違和感を感じる人もいるかもしれないが、SEESの面々のように気楽に臨めば、見事なサウンドトラックを盛り込んだ素晴らしいリズム・ゲームを堪能できるはずだ。

8.0/10 God is a Geek

良い点:
・リミックスを含む最高のサウンドトラック
・HD化した『ペルソナ3』のキャラクター
・『ペルソナ3』のアート・スタイルを活用
・美鶴がいる
悪い点:
・収録曲が少ない
・細かなパフォーマンス上の問題

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』は楽しいリズム・ゲームで、ポテンシャルを活かし切れているとは言えないものの、『ペルソナ3』ファンならプレーする価値のある素晴らしい楽曲を収録したゲームだ。

8.0/10 CGMagazine

『ダンシング・ムーンナイト』は12年に及ぶ楽曲を用い、『ペルソナ3』のキャスト陣に相応しいミュージカル・トリビュートを仕上げている。

7.0/10 Game Informer

コンセプト: SEESの面々と交流を深めながら、ムード満点で独創的なサウンドトラックに合わせてダンス
グラフィック: チラ見できる振り付けは良く出来ている。会話場面でのキャラクターの動きはぎこちない
サウンド: 収録曲は比較的少ないし、一部が駄曲だが、オリジナルやリミックスは楽しくキャッチ―。とはいえ、バージョン違いに依存し過ぎている
プレー性: ノート・インターフェースは違和感があり、ノートに気付かないことも。驚くほど豊富な難易度調整がストレスを緩和
エンターテイメント性: ポテンシャルを活かし切った再会とまではいかないものの、サウンドトラックで『ペルソナ3』を追体験するのは楽しい
リプレー性: 控えめ

『ダンシング・ムーンナイト』を支える『ペルソナ3』のサウンドトラックは、このシリーズをメインストリームに押し上げた作品の良い思い出を喚起するだろう。収録曲は数も種類も少ないとはいえ、リズム・ベースのゲームプレーを自分の好みに調整できるお陰で、お気に入りの曲に合わせて気軽に首を振ることができる。『ペルソナ3』のキャスト陣や音楽に追いつきたい人にとって、『ダンシング・ムーンナイト』は影時間に足を踏み入れる価値のある体験だ。

7.0/10 Destructoid

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』は、期待を凌駕することはないが、期待には応えてくれる。最高のキャラクターたちが帰ってきたのは嬉しいし、奇抜で楽しいユニバースが内包する、やりがいのあるカラフルで楽しいリズム・アクション・ゲームとなっている。価格は間違いなく高めだが、パーティが盛り上がること間違いないし、『ペルソナ』ファンも失望しないはずだ。

3.5/5.0 Hardcore Gamer

収録曲は少な目だし、物語は存在しないものの、『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』は楽しいリズム・ゲームに仕上がっている。ゲームプレーは「敷居は低いが天井は高い」絶妙なバランスだし、完全な初心者にも優しい。各楽曲はどれも多少異なる体験を提供してくれるし、難易度に関係なく達成感がある。『ペルソナ3』ファンは特別課外活動部の面々との時間を楽しめるだろうが、物語の方が良かったと思うだろう。オンラインとVR機能を盛り込んでくれたのは嬉しいが、そんな必要なかったと思うほど最低限の内容になっている。結局のところ、本作の王様はゲームプレーと音楽であり、その二つが非常に楽しい体験を演出している。ファン以外にとっては60ドルの価値はないが、値下げしたら試してみる価値はあるだろう。

3.5/5.0 Twinfinite

熱心な『ペルソナ』ファンは、物語やキャラクターたちの出番が少ないことにガッカリするかもしれないが、私のようにこのシリーズの虜になっている人間は、『ペルソナ』なら何でも受け入れてしまうのだ。ゲームプレーは良く出来ているし、収録曲は少しダウングレードしているものの、それでも十分に楽しめる。

『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』
8.5/10 Destructoid

『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』は、ファン層の中のファン層を知り尽くしている。最初から全てにアクセスでき、やることがもっと多かったら嬉しかったものの、極めて魅力的なリズム・ゲームとなっている。怪盗団のように、心に従うべきだろう。私の心は音楽と共にある。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・初心者にも優しい爽快なリズム・ゲームプレー・システム
・手強いALL NIGHT
・『ペルソナ5』の多種多様で刺激的なサウンドトラック
・怪盗団のスタイリッシュさ全開
悪い点:
・過剰に性的な女性キャラクターが場違い

全体の設定には慣れが必要かもしれないが、このキャスト陣の宴を見ることができるのは嬉しい。『ダンシング・スターナイト』は、オリジナルの豊かで多種多様なサウンドトラックにスポットライトを当て、シリーズの作曲家である目黒将司の傑作群を際立たせている。『ペルソナ5』の楽曲の多くはオリジナルの出来事に紐づけされているものの、曲を聞けばあの旅路がどれほど特別だったか思い出させてくれる。素晴らしい楽曲群が最高のリズム・ゲームプレー・システムと繋がっていることが、驚異的な音楽を楽しみながら怪盗団に再会する素晴らしい機会を作り出している。

7.0/10 Game Informer

コンセプト: 能天気なダンス大会のために怪盗団が再集結
グラフィック: チラ見できる振り付けは良く出来ている。会話場面でのキャラクターの動きはぎこちない
サウンド: 『ペルソナ5』の素晴らしい楽曲のリミックスが出来の悪い一部のリミックスを補っているが、収録曲は少な目。同じ曲の複数バージョンが存在することも問題を悪化させている
プレー性: インターフェースは違和感があり、そのせいで見逃してしまうこともあるが、難易度調整が豊富なのでイライラは最小限にできる
エンターテイメント性: 『ペルソナ5』のキャスト陣の会話を見れるのは楽しいが、少ない収録曲を何度もプレーするのはあっという間に飽きる
リプレー性: 控えめ

『ペルソナ5』はその魅力的なサウンドトラックがスタイリッシュだったが、『ダンシング・スターナイト』はそこを祝福している。ぎこちないダンス・インターフェースや少ない収録曲のせいでリズム・ゲームとしては物足りないものの、一部の最高のリミックスや楽しい成長要素のお陰で、今世代で最もスタイリッシュなRPGの見た目や感覚、サウンドを再訪する価値がある。

7.0/10 God is a Geek

良い点:
・リズム・ゲームで上手く機能する『ペルソナ5』アート
・リミックス無しでも機能する多くの楽曲
・優れたリミックス
・新島真がいる
悪い点:
・場違いな一部の楽曲
・細かなパフォーマンス上の問題

『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』は優れたリズム・ゲームだが、もう少し時間をかけていれば、より優れたリミックスを収録した多彩なサウンドトラックに仕上がったかもしれない。

3.5/5.0 Hardcore Gamer

RPGシリーズの奇妙なスピンオフにしては、『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』は非常に良く出来ている。リミックスの数を考えると収録曲数は少し寂しいが、楽曲はどれもやりがいがあり楽しい。絆を深めるイベントやキャラクター・カスタマイズがプレーヤーを飽きさせないし、怪盗団を知り尽くしている人なら社交イベントも大いに楽しめる。充実したチュートリアルとオプション・メニューのお陰で、自分に合わせてプレーできるようになっているので、リズム・ゲーム初心者にも優しい。限定的なオンライン機能、最低限のVR、物語の不在は少々がっかりだが、致命傷というほどではない。『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』は楽しい仕上がりだが、ファン以外には60ドルの価値はない。無料で楽曲が追加されない限り、カジュアルなファンは値下げを待つべきだろう。

3.5/5.0 Twinfinite

きちんとしたキャンペーンがないことを許容できるのであれば、『ペルソナ5』のファンは十分に楽しめるはずだ。怪盗団との追加タイムを楽しみ、没になったストーリー・モードのことはなるべく考えないようにしよう。

6.0/10 CGMagazine

『ダンシング・スターナイト』は『ペルソナ5』への愛の詰まったトリビュートだが、選曲は弱く、他のリズム・ゲームのスピンオフには及んでいない。

最新記事