2018年11月30日(金)15時52分

『Beat Saber』海外レビュー

beatsaber.jpg

『Beat Saber』の海外レビューです。

  • ジャンル:リズム
  • 機種:PS4/PC
  • 開発:Beat Games
  • 販売:Beat Games
  • 概要:セーバーを使ってブロックを破壊していくVRリズム・ゲーム
9.0/10 GameCrate

動き 10: ブロック破壊を堪能しながら心拍数は上がりっぱなし
音楽 10: EDMやテクノが好きじゃなくても、異なるジャンルのファン作成音楽がある
バラエティ 7.0: 最初から収録された10曲はすぐ飽きる。だが、やはりMODがある
ゲームプレー 9.0: 鮮明さやレスポンスの良さはこの種のゲームにとっては義務。難易度が高すぎると感じる人もいるかも

テンション上げ上げで踊りだしたいけどクラブは嫌い?『Beat Saber』が処方箋だ。

良い点:
・触感できるセーバー
・止め時が見つからない中毒性のあるゲームプレー
・多彩なチャレンジ
・シンプルだが極めるのは困難
・体が動く
悪い点:
・アップデートやDLCで解決できるが、現時点では収録曲が少ない

『Beat Saber』はVRを代表するゲームの一つで、楽しさと独自性でプラットフォームを進歩させている。バーチャル・リアリティ体験で音楽を操るのは激しい運動になるが、たとえ疲れきっていても、お気に入りの曲を極めるために何時間も費やしてしまうのだ。シンプルで楽しく、中毒性の高い『Beat Saber』は、即座にプレーヤーを掴んで長く離さない。Beat Gamesにはこれからも本作のサポートを続けてもらい、私にとって必須のVR体験を進化させてもらいたい。

8.9/10 RoadtoVR

『Beat Saber』の特徴的なVRリズム・ゲームプレーは、高難易度ですらPSVRで爽快にプレーできる。極めて中毒性の高いゲームで、実体感が素晴らしいだけでなく、良い運動にもなるのだ。新たなキャンペーン・モードは驚くような生命力をゲームに加味しており、MODを加えたオブジェクティブは予期せぬ意味や試練を楽曲にもたらしてくれる。質の高い16曲は良いスタートであり、今後さらに追加される予定はあるが、プレーヤーを満足させる価格帯や配信スケジュールを実現できるかは分からない。

8.5/10 Road to VR

PSVRの『Beat Saber』は申し分ない出来だ。PCの早期アクセス版より洗練され、フィーチャーも満載。そもそもの良さも失われていない。Rift、Vive、Windows VRのトラッキングはPSVRより出来が良いが気にならないし、私は鮮明なビジュアルや形状が適したPS Moveコントローラーを楽しんでいる。新曲はどれも素晴らしく、キャンペーン・モードは最高で、全体として完成されたゲームに感じられる。楽曲数がもう少し多く(16曲はかなり少ない)、前から話が出ているマルチプレーが実装されていれば、より良かっただろう。しかし、現時点でも『Beat Saber』は素晴らしい出来で、VRで最も中毒性があるゲームとなっている。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・スピーディで入り組んだ楽曲が最高に楽しい
・分かりやすいがやりがいもあるメカニック
・独創的なゲームプレーによって違いが際立つ多彩な楽曲
・上達するのが楽しいバランスの良い難易度曲線
・正確性と繊細な動きを可能にする素晴らしいトラッキング
悪い点:
・キャンペーンのペース配分を阻害する非直感的なMOD
・限定的な選曲

『Beat Saber』は、最高の意味で爽快かつ疲弊するゲームだ。期待以上に多彩な最高の音楽を、複雑なパターンを完璧にビートに融合させた巧みなデザインが支えている。難易度を上げるために少しでも上達する気にさせる充実したキャンペーンが、プレーヤーを飽きさせない。だが、非直感的な試練など、キャンペーンは出来にムラがあり、休憩したくなるほどイライラさせられることもある。そうなると、少ない曲数をカスタム楽曲で補うこともできないコンテンツ不足に気付くだろう。そうした欠点がありつつも安定して楽しませてくれるし、PSVR最高のゲームの一つである。

良い点:
・素晴らしい発想
・極めて上手く機能しているツイン・セーバー
・練られた楽曲と効果的なビジュアル
・予期せぬバラエティを加味するキャンペーン・モード
悪い点:
・100%正確とは言えないPSVRとMoveコントローラー
・収録曲が少ない

VRを面白く使った今世代最高の音楽ゲームの一つであると同時に、『スターウォーズ』ではない『スターウォーズ』ゲームとしても最高の出来だ。

最新記事