2018年12月31日(月)03時51分

『Gungrave VR』海外レビュー

ggvr.jpg

欧米でこの12月に発売された『Gungrave VR』の海外レビューです。

  • ジャンル:シューター
  • 機種:PS4
  • 開発:RED Entertainment/IGGYMOB
  • 販売:XSEED Games
  • 概要:PS2のガン・アクションが13年振りにVRシューターとして復活

良い点:
・照準が動くヘッドトラッキング
・悪くない1人称セクション
悪い点:
・1時間弱のボリューム
・水準以下のグラフィック
・値段が高すぎる

『Gungrave VR』は、VRという新技術の魅力に包まれた平凡なシューターだ。16年前のPS2のシリーズが好きだった人は、間違いなく懐かしさに浸れるだろう。しかし、本格的な体験を求める殆どのゲーマーは、あまりのボリュームの少なさに失望するはずだ。29.99ドルという価格では、誰も納得しないだろう。前作が15ドルで本作の5倍のボリュームだったことを考慮すると、どれほど高すぎるか分かる。超ハードコアな『Gungrave』ファンだけが『Gungrave VR』をチェックしたいと思うだろう。それ以外の人はセールを待とう。

5.0/10 Destructoid

10年以上前にデビューした時から、『Gungrave』は好き嫌いが分かれるゲームだった。柔軟性に欠け爽快感もなく、VRだとその欠点がより際立ってしまっている。そうした問題を抱えつつも、私は『Gungrave』フランチャイズには期待しているし、新作も出るようだ。だが、本作は素通りして良いだろう。

4.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・良く出来た1人称オンレール・シューター
・そこそこ綺麗
悪い点:
・とても短い
・VRの恩恵を受けていない大半のステージ
・時代錯誤なデザイン要素
・ストーリー性がない

『Gungrave VR』は、開発チームがVRの可能性に興奮しながらも、魅力的な体験へと昇華する術を知らなかったゲームのように見える。とても短く、ストーリー性もなく、カメラは違和感があり、3人称モードは出来が悪く、全般的に平凡だ。どうしても小一時間ほど潰したくて、『Gungrave VR』は激安で手に入るのでもなければ、もっと良い時間とお金の費やし方が他にある。

『Gungrave VR』は、VRとしてもゲームとしてもあまり出来は良くない。その試みの全てが上手く行っていないのだ。『Gungrave VR』はゲームとして出来が悪いだけでなく、素晴らしい版権を上手く活かすこともできていない。

4.0/10 Push Square

『Gungrave VR』は操作性がお粗末で、ストーリー・コンテンツ不足だし、PSVRヘッドセットの技術を無駄使いしており、結局のところコア・ゲームプレーが楽しくない。残念ながら、『Gungrave VR』はシリーズを蘇らせることに失敗しており、葬り去ることをおススメする。

2.0/5.0 Video Chums

避けたり跳ね返したりしながら敵を撃つ『Gungrave VR』はクールな気分を味わえるが、出来栄えがあまりに雑で、一度に数分しか楽しめないだろう。