2019年02月01日(金)07時20分

『A Fisherman’s Tale』海外レビュー

fisherman.jpg

『A Fisherman’s Tale』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/PC
  • 開発:Innerspace VR
  • 販売:Vertigo Games
  • 概要:漁師の人形を主人公にしたVRパズル・アドベンチャー

9.0/10 UploadVR

スローモーションの銃撃戦から銀河を跨ぐ旅、愛する者を失う物語まで、VRは既にあらゆる題材に取り組めることを証明してきた。しかし、『A Fisherman’s Tale』はゲームプレー、没入感、ナラティブを一つの体験に完璧にまとめ上げた初めてのゲームかもしれない。短時間ではあるものの、体験とインタラクティブ性を融合させ、この媒体の可能性を見せ付けている。熟練船乗りにはできない、全く新しい体験なのだ。

8.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・極めて没入感が高い
・美しいサウンド・デザイン
・革新的な帰納的パズル
悪い点:
・短すぎる

『A Fisherman’s Tale』は、VRで最も興味深いゲームの一つだ。チャーミングでマジカル、そして驚きに満ちている。本作は人形を主人公にそれらを実現しており、小さな人形に対して温かい気持ちにさせられる。プレー時間の短さが残念で、あとわずか数時間ほど長ければ、決して見逃せないゲームになっていたはずだ。現時点でもプレーすべき素晴らしいゲームだが、プレー時間が非の打ちどころのないゲームに泥を塗っている。

良い点:
・見事に具現化されたコンセプト
・最高のビジュアルと楽しい声優の演技
・巧妙だが決して分かりにくくはならないパズル
・真の深みを備えたナラティブ
悪い点:
・半分破綻したように感じる操作性と物理演算
・苦痛な終盤のパズル
・極めて短い

頭を悩ますパズルを生み出すだけでなく、現実の性質に思いめぐらすために素晴らしい設定が用いられている。ただ、操作性と短いプレー時間が残念だ。

7.0/10 God is a Geek

良い点:
・物理演算ベースのパズルが最高
・素晴らしいレベル・デザイン
悪い点:
・イマイチな動作
・唐突なエンディング
・イライラするナレーション

『A Fisherman’s Tale』には素晴らしいパズルと最高のレベル・デザインがあるが、動作が一部のパズルを台無しにしている。

7.0/10 Push Square

『A Fisherman’s Tale』は、典型的な1人称パズルVR体験で、長すぎない質の高いギミックで頭一つ抜きんでている。挨拶して終わりというくらい短いが、一気にプレーする価値があるだけのウィット、チャーミングさ、そして斬新さを兼ね備えている。

良い点:
・VRでは珍しいコンセプト
・驚くほど深いナラティブ
・多彩な規模の面白いパズル
悪い点:
・あまりに短すぎてポテンシャルを活かせていない
・忍耐力が試される最終パズル

あらゆる傑作VR体験は、一つのアイデアが発端だ。「こうしたらクールじゃないか?」本作のユニークなコンセプトと驚くほど深いナラティブなど、私は『A Fisherman’s Tale』を楽しんだものの、これほど短いゲームをおススメすることは難しい。独立したVR体験というより、単なる概念実証のように感じられるのだ。この灯台には、無限は思ったほど無限ではないという侘しい感覚が付きまとうのである。

『A Fisherman’s Tale』は、驚くほど深みのあるチャーミングな物語を語っているが、技術的不具合が足を引っ張っている。短いプレー時間の間に、このゲームの物語には思慮深いコンテンツを含んでおり、クリアしてから何日も経ってから本作のことを考えている自分に気が付いた。私は『A Fisherman’s Tale』をおススメすることはないが、プレーしようと思っても責めはしない。

3.0/5.0 VRFocus

『A Fisherman’s Tale』は、色々な意味で私が望んだVRゲームであり、心と魂が滲み出る巧みなテクノロジーの活用によって、キャラクターと彼の素晴らしい小世界に感情移入させるのだ。パズルは物語を進めるのに一役買ってるが、『Transpose』のようなゲームの複雑さには程遠い。主な欠点は、もっと欲しくなっても何も残っていないことだ。

最新記事