2019年02月06日(水)00時37分

『8-Bit Hordes』海外レビュー

8bit.jpg

『8-Bit Hordes』の海外レビューです。

  • ジャンル:RTS
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Petroglyph Games
  • 販売:Petroglyph Games
  • 概要:16年にPCで発売されたRTSのコンソール版

4.0/5.0 Video Chums

楽しい中世設定、直観的なRTSゲームプレーなど、『8-Bit Hordes』はこのジャンルのファンには諸手を上げておススメできる。小さな兵士とモンスターが殴り合うのを見るのは楽しい。

80/100 GamingTrend

良い点:
・過去作とは異なるクールなファンタジー設定
・やりがいのあるゲームプレーの流れ
・チャーミングなセンスと優れたビジュアル
悪い点:
・敵勢の成長の早さが不公平に感じる
・少々単調になりがちなミッション中のゲームプレー

『8 Bit Hordes』は『8 Bit』シリーズの楽しい新作で、ファンタジー設定も嬉しい。ゲームプレーは基本的に同じだが、過去作のファンには嬉しいだろう。RTSファンは、資源をやりくりしながら3種類のグループを操るのを堪能できるはずだ。

3.8/5.0 Impulsegamer

腕前に関係なく楽しめる素晴らしい『8-Bit Hordes』は、あらゆる年齢層を満足させるはずだ。

70/100 COGconnected

良い点:
・丁度良いレトロ感のあるグラフィック
・満足感のある戦闘エフェクト
・チャーミングな音楽
悪い点:
・とにかく酷い邪悪な軍勢
・原始的な戦闘システム
・ムラのある難易度

各要素は出来のムラがあるものの、どのステージも戦闘は魅力的だ。戦闘が1時間ほど長引いても、建設と制服のリズムは充実していた。キャッチ―な音楽と破壊環境は、たとえイライラする時ですら楽しい。欠点もそれなりにあるものの、シンプルなRTSを求める向きにはおススメだ。

6.0/10 Gameplanet

良い点:
・レトロなビジュアル
・スピーディでやりがいがある
・コンソール向けにそれなりに最適化された操作性
・手軽に短時間プレーできる
悪い点:
・戦略的繊細さや深みに欠ける
・ズーム無しや文字の読みにくさなど、PC版から劣化している
・バグる音楽
・スカスカの物語

『8-Bit Hordes』は、スピーディで楽しいRTS全盛期へのオマージュだ。それに、気軽にプレーできる。しかし、ハードコアなストラテジー・ファンにとっては深みに欠けるし、いくつかの鬱陶しい要素が洗練された製品の足を引っ張っている。

3.0/5.0 Screen Rant

『8-Bit Hordes』は決して悪いゲームではないが、勿体なさを感じてしまう。過去のストラテジーへのオマージュでも、初心者向けRTSでもなく、興味を持続させるだけの深みに欠けている。とはいえ、それなりに楽しめるので、牧歌的なストラテジー・ゲームが好きな人におススメだ。

5.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・チャーミングで奇抜なビジュアル
・シンプルで効率的な操作性
・優れたオンライン・オプション
悪い点:
・独創性が全くない
・少ない戦術オプション
・ありきたりで退屈なプロット

『8-Bit Hordes』には目を引くビジュアルがあるが、それ以外が薄味だ。ありきたりで印象に残らないリアルタイム・ストラテジーだが、他のデベロッパーには『8-Bit』シリーズの操作体系を採用してもらいたい。少なくともそういう意味で、『8-Bit Hordes』は他人のアイデアを借用するよりも自分のアイデアを盗まれる方が良いかもしれない。

乏しいコンテンツが「リアルタイム・ストラテジー」から「ストラテジー」を省いてしまっており、古典的RTSゲームへのオマージュは、悲しいかな模倣できずに終わっている。

2.5/5.0 Xbox Hub

良い点:
・クールなグラフィック・スタイル
・キャッチ―な音楽
悪い点:
・酷いインターフェース
・難易度の急上昇
・細かなディテールに欠ける
・最低限の派閥とキャンペーン

良い部分も多い優れたRTSだが、『8-Bit Hordes』はそれだけだ。限定的なゲームプレー、面白味のない派閥、出来の悪いインターフェースや難易度の急上昇のせいで、あくまで平凡な出来に留まっている。もっと好きになりたかったが、それは無理だった。

コンソール向けに簡略化を図って失敗した、ボクセル・ベースのコンソールRTS。盛り沢山のゲームだが、シンプルな操作性と貧弱なAIのせいで、熱心なRTSファン以外が楽しむのは難しい。

最新記事