2019年02月16日(土)00時38分

『Crackdown 3』海外レビュー

cd3.jpg

『Crackdown 3』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション
  • 機種:Xbox One/PC
  • 開発:Sumo Digital
  • 販売:Microsoft Game Studios
  • 概要:9年ぶり3作目となるオープンワールド・アクション

9.0/10 GameSpew

『Crackdown 2』の存在は忘れてもいい。『Crackdown 3』こそ真の続編だ。1作目の良さを全て維持したまま進化させ、Xbox Oneのパワーを活用してパワーアップさせている。New Providenceは探索し甲斐のある面白い街だし、エージェントは操作もアップグレードも楽しい。なにより、『Crackdown 3』はとにかく楽しいのだ。New Providenceに足を踏み入れた瞬間から、メイン・メニューに戻るまでずっと楽しい。アクションが途切れることはなく、画面に釘付けになるだろう。それこそ、我々がビデオゲームをプレーする理由のはずだ。

85/100 GamingTrend

良い点:
・史上最高のレベル上げ報酬
・ぶっ飛んだ充実したゲームプレー
・目を見張るWrecking Zoneの破壊環境
悪い点:
・物足りないプレゼンテーション
・テック・デモのようなWrecking Zone

『Crackdown 3』は、机上では意味不明だ。物語は滅茶苦茶だし、オーブ探しとレベル上げに費やす時間が長すぎるし、プレゼンテーションは全然凄くない。にもかかわらず、ぶっ飛んだ狂気と爆笑物の印象的な瞬間は、止め時が見つからないのだ。PvPマルチプレーは物足りない出来だが、遂に帰ってきた『Crackdown 3』には良いところが沢山ある。

7.5/10 God is a Geek

良い点:
・最高に楽しい動作と戦闘
・中毒性のあるAgilityオーブ
・探索し甲斐のある世界
悪い点:
・奇妙なマルチプレー・デザイン決定
・単調なボスとアクティビティ
・難しい正確なプラットフォーミング

やかましく元気で、中毒性の高い『Crackdown 3』は臆面もなく楽しいが、続編というよりもリメイクのように感じられる。

7.0/10 Shacknews

良い点:
・テリー・クルーズは最高
・ド派手で満足感のあるシューティング
・滑らかな動き
・2人協力プレー
・Agilityオーブ
悪い点:
・4人協力プレーがない
・セーブ・データが上書きされる可能性がある協力プレー
・コア・ゲームプレーに革新がない
・取って付けたようなマルチプレー
・レベルで変形せず、乗り心地の悪い乗り物
・Xbox One Xでは30fps

『Crackdown 3』のようなゲームには時と場所がある。決して酷い出来ではないし、それなりに楽しめる。しかし、時流に逆らうゲームが称賛されることもあるとはいえ、自らの道を行くのと革新を無視するのとでは全然違うのだ。『Crackdown 3』は最高に楽しいが、印象には残らないし、収集すべきオーブが1000あるとしても、プレーを続ける同期としては不十分かもしれない。旧友のように、昔とは違って生活が噛み合わなくなってしまったのだろう。『Crackdown』は大切な記憶のままにしておくべきだったのかもしれない。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・臆面もなく『Crackdown』な楽しいキャンペーン
・カオスな戦闘
・最高の箱庭New Providence
・極上のジャンプとクライミング
悪い点:
・構造的に目新しさがない
・非常に物足りない「クラウドのパワー」
・永井開発期間に関わらず中途半端なマルチプレー

『Crackdown 3』は困難な開発を見事に抜け出すことに成功し、明るく控えめなキャンペーンで過去作のスーパーヒーロー・コップ・アクションへ無難に回帰している。肥大化した最近のオープンワールド体験に対する完璧な解毒剤のようだ。手の込んだクラウド技術の可能性に思いを馳せたくもなるが、短い間ならWrecking Zoneでのド派手な破壊に浸ることはできるはずだ。

7.0/10 EGM

『Crackdown 3』はいつもの『Crackdown』だ。それで十分と感じるプレーヤーもいるだろう。しかし、『Crackdown 3』の公約と比べると、深みと破壊が不足している。ボス戦など、長所は唯一無二。残念ながら繋ぎのコンテンツが多すぎるし、一番エキサイティングなフィーチャーがマルチプレー・モードなのだから、『Crackdown 3』は全く進歩していないのだ。

6.0/10 Video Gamer

良い点:
・カオスが楽しい戦闘
・爽快なトラバーサル
・ゲームを壊しても良いのは嬉しい
悪い点:
・まるでサイド・ミッションのようなメイン・ミッション
・メインの悪役の名前を忘れてしまうほど印象に残らない物語

ミッション構造は単調で、物語は最低、悪役は射的の的でしかない。しかし、ビルをよじ登る無敵のスーパーヒーローになるのは楽しいのだ。

6.0/10 Destructoid

『Crackdown 3』は優れた『Crackdown』ゲームだが、残念ながらそれがどうしたという感じだ。現代ゲームデザインは、エージェントのジャンプ力よりもはるかに高く『Crackdown』モデルを大きく凌駕している。『Crackdown 3』で一番凄いのは、その野心の無さだ。古臭い遺物でいることに満足してしまっている。ある意味では落ち着くが、とんでもなく失望させられるのである。『Crackdown 3』は、単なる気晴らし以外の何物でもない。

3.0/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・やり甲斐と中毒性があるエージェントのアップグレード
・爽快なガンプレーと動き
・テリー・クルーズ
・大暴れするのは最高に楽しい
悪い点:
・命を感じない舞台設定
・退屈なボス戦
・ストーリー性の欠如
・すぐ単調になるゲームプレー・サイクル

『Crackdown 3』を最高に楽しむことは可能だが、オープンワールド・ジャンルがこの10年で飛躍的に進歩したにもかかわらず、本作は過去に囚われたままだ。

3.0/5.0 Games Radar+

良い点:
・破壊遊び場で頭を空にして楽しめる
・『Crackdown』史上最も洗練された楽しい体験
・テリー・クルーズ!
悪い点:
・目新しさが何もない
・短すぎるキャンペーン
・ポテンシャルが無駄に

『Crackdown 3』はハチャメチャな楽しさを提供してくれるが、同時にポテンシャルも台無しになっている。シリーズに相応しいリバイバルではなく、ビジュアルをリマスターしてカオス度を少し上げた定番『Crackdown』であり、悲しいかないくつかの面白い追加要素も無駄になっている。

短くてあまり良い出来ではない『Crackdown 3』は、存在理由が殆どない。シリーズを2019年に解き放つにあたり、Sumo Digitalは2007年のフォーミュラにほとんど手を付けていない。完全新作価格での購入はおススメできないとはいえ、Xbox Game Passに入っているという事実のお陰で、何とか許せる状況となっている。有料会員になれば無料で入手できるのだから、短いキャンペーンは目にする価値があるが、それ以外の方法でこのゲームを体験するには、明らかにコンテンツ不足である。

3.0/5.0 Hardcore Gamer

5年の時を経てSumo Digitalが遂に『Crackdown 3』を完成させたが、過ぎ去った時代のゲームのように感じられる。開発陣は1作目の良さに固執しており、1作目が大好きなファンは本作を大いに気に入るだろうが、そのせいで楽しいとはいえデザインとゲームプレーは古臭い製品になっている。ミッションは豊富だがオブジェクティブはありきたりで、長くプレーするほど退屈になってくる。New Providenceは巨大なオープンワールドだが、空っぽに感じられる。ゲームプレーと武器は楽しく、大暴れするツールとして大活躍してくれるが、難易度が低いために退屈になってくる。トリプルAタイトルに期待するほどビジュアルは凄くないが、魅力がないわけではない。破壊環境のカオスのお陰で、Sumo DigitalはWrecking Zoneで本領を発揮しているが、著しいコンテンツ不足とフィーチャー不在のせいで、本格的なモードというよりも珍品のように感じられる。『Crackdown 3』は短時間なら楽しいし、Game Passに最適のゲームだが、1作目に固執しているせいでポテンシャルを活かし切れなかった。

3.0/5.0 Game Revolution

何年も待たされた『Crackdown 3』は、単なる次世代版『Crackdown 3』に過ぎない。それ自体は悪いことではないものの、傑作になりそうなゲームが数多くリリースされるこの2月、本作は忘れ去れらるだろう。

5.0/10 DualShockers

私は心の底から『Crackdown 3』を好きになりたかったが、結局は失望しか感じなかった。私のような長年のファンなら、オーブ収集やレベル上げというシンプルな行動に楽しさを見出せるかもしれないが、結局は『Crackdown 3』よりも他の現代オープンワールド・ゲームの方が楽しめるはずだ。『Crackdown 3』で一番良かったのは、遂に発売されたお陰で、いつ発売されるのかもう気を揉まずに済むようになったことかもしれない。Microsoftも、このゲームのような何かにかまけることなく、他のファースト・パーティ・ゲームに集中できるはずだ。『Crackdown 3』は傑作になるべきだったし、傑作になった欲しかったが、もうこれ以上このゲームの話はしたくもない。

2.5/5.0 Screen Rant

『Crackdown 3』はそれなりに楽しめるものの、キャンペーンをクリアしてすぐ忘れてしまうようなゲームだ。正にGame Passに最適のゲームだが、60ドルの価値があるゲームではない・・・今はまだ。仮に数年前に出ていれば、面白味のないオブジェクティブも許されたかもしれない。だが数年前に発売されたゲームではないので、許されるべきではないのだ。オンラインに関しては、残念ながらレビュー解禁前日に短い2セッションしかプレーできなかったので、マルチプレー・モードのWrecking Zoneに関してはレビューできない。とはいえ、Wrecking Zoneは友達とプレーすることすらできないので、驚くべきことでもないだろう。

4.5/10 CGMagazine

初代『Crackdown』が好きで、同じようなゲームをプレーしたいなら、本作がそれだ。モダンなファースト・パーティのトリプルAゲームが欲しいなら、他を当たろう。

良い点:
・協力プレーなら特に楽しめるキャンペーン
・多種多様な武器
・これまで以上に楽しいオーブ探し
悪い点:
・底が浅く既視感が強いキャンペーン
・イライラするプラットフォーミングと中途半端な戦闘
・分かりにくいグラフィックやありふれたモードなど、笑っちゃうほど酷いマルチプレー

物足りないキャンペーン、技術とデザインの両面で大惨事なマルチプレーなど、長く苦痛に満ちた『Crackdown 3』の旅路の悲劇的な結末。

2.0/5.0 Giant Bomb

『Crackdown 3』が酷いゲームだとは思わないが、古臭いのだ。開発の内情は詳しくは知らないが、数年前に発売されていればもっと高く評価されていたのは確かだろう。と同時に、Game Passに上手くフィットしているゲームでもある。本作に60ドルを支払うのはバカらしい。短く平凡なキャンペーン、2つのマルチプレー・モードはプレーする価値がない。しかし、本作を追加課金なしでプレーできるGame Pass会員にとっては、いくらかの暇潰しになるジャンクフードとして悪くない。

最新記事