2019年02月23日(土)14時36分

『Anthem』海外レビュー

atm.jpg

『Anthem』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクションRPG
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:BioWare
  • 販売:EA
  • 概要:『Mass Effect』シリーズのBioWareによるマルチプレーRPGシューター

7.0/10 Destructoid

こうあればいいのにと思うところもあるが、私はレビュー執筆後もプレーを継続したくなっている。ジャンルに革命を起こすようなゲームとは程遠いし、これまでこのジャンルを好きになれなかった人は、本作も好きになれないだろう。人の興味を持続させるためにBioWareは即急に土台を発展させる必要があるが、引っ越し先を探している人は、今すぐであろうと修正やアップデート後であろうと、『Anthem』をチェックしてもいいかもしれない。

『Anthem』の技術的欠点、退屈な戦闘、綺麗だが雑な環境は、キャラクター描写やプロットを推進する無意味な会話の二択、ステレオタイプな皮肉屋主人公、使い古されたお約束を用いたナラティブと噛み合っていない。そうした要素が合わさり、『Anthem』はアイテム漁りに飢えたゲーマー以外を満足させることはほぼないであろう辛いゲームになっている。

7.0/10 CGMagazine

無数の問題点がありつつも、私は楽しいゲームプレーを楽しんだし、大量のコンテンツやイベントが追加された後に再びプレーを再会するつもりだ。

3.5/5.0 Twinfinite

『Anthem』の操作は直感的で魅力的だ。Bastionを飛行するのは思わず見惚れてしまうほどだし、グランドマスターのような高難易度で友達と連携するのはやりがいがある。疑問の残るデザイン決定や欠点にもかかわらず、『Anthem』にはジャンルを牽引できる強固な土台があるが、まだそこまで到達していない。

6.5/10 IGN

『Anthem』は、物語重視型ゲームとしてよりも協力プレー・アクションRPGとして成功まであと一歩だったが、それも単調なメイン・クエストを耐えれてこそ。それでも、派手な戦闘やメカニック的に豊かなボスといった突出した要素には、洗練、バラエティ、バランスが欠けている。BioWareが強みを生かして『Anthem』を大量の時間を費やす価値のあるゲームに発展させてくれることを願っているが、そのためにはかなりの労力が必要になるだろう。

6.0/10 GameSpot

良い点:
・飛行は爽快で風景は美しい
・ミッションごとに新しいロードアウトを試すことで戦闘の楽しさと満足感が持続
・面白いサイド・キャラクターたちと彼らの物語
悪い点:
・頻繁に徒歩を強いられる
・極めて分かりにくいメイン・ストーリー
・他のプレーヤーと一緒だとテンポが悪く、一人だと退屈
・他の戦闘と比べて盛り上がりに欠けるボス戦

『Anthem』の発想は良いが、実際の出来栄えはイマイチだ。皆が口をつぐんでこその協力プレー・ゲームであり、それなりに面白いキャラクター同士のやり取りを脇に追いやり、不可解な物語を前面に押し出している。翼が無意味になるボス戦までは、戦闘はエキサイティングだ。空を飛ぶというシンプルで爽快な行為すら、ジャベリンの限界が頻繁に邪魔をする。最終的には墜落を強いられることが分かっているだけに、どれだけ良い部分があっても失望が拭いされないのである。

6.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・目を見張る美しさ
・シームレスな飛行と戦闘
・相互作用が魅力的なジャベリン・クラス
・優れたキャラクターたちと物語展開
悪い点:
・バグや技術的不具合
・多すぎるロード画面
・決まり切ったミッション・デザインと敵
・ベタな物語

『Anthem』は、聞き飽きた曲のようなものだ。友達と長くプレーできるオープンワールドの協力プレーRPGシューターの壮大なビジョンを公約しながらも、ロンチ時には期待に応えることができていないのだ。エグゾスーツでの飛行、ジャベリンのデザイン、織り込まれた戦闘、ゴージャスな世界はどれも素晴らしいのだが、ロンチの時点ではバグや技術的不具合、面白味のないデザイン決定に台無しにされているのである。私はこのゲームのことを好きになりたかったが、そうさせてくれないのである。

良い点:
・メインストリームのゲームでは最高峰の飛行など、素晴らしいトラバーサル・システム
・面白い能力を備えた特徴的な4種類のジャベリン
・素晴らしいグラフィック
悪い点:
・戦利品漁りがメインのシューターにとっては少し問題になる面白くない戦利品とコズメ・オプション
・退屈なミッション・デザイン、酷いボスとストーリーテリング、雑な協力プレー・オプション

特に飛行時において傑作の片鱗が垣間見えることもあるが、分かりにくいストーリーテリング、退屈な戦利品、物足りないミッションなど、長い開発期間に見合わない出来となっている。

6.0/10 GameSpew

現時点の『Anthem』は、もっと作業が必要なゲームに感じられる。好きになりたかったが、そうさせてくれないのである。このジャンルの過去作同様、『Anthem』もアップデートで充実していくだろうが、そうなるまでに時間がかかり過ぎたら、殆どのプレーヤーは他に移動してしまうだろう。とりあえず期待は持てるゲームなので、BioWareには定期的に新コンテンツを配信しつつ、今ゲームを蝕んでいる様々な問題点を修正していってもらいたいと思う。数か月後には、大幅に改善されたこのジャンルの最高峰だと言えるようになってもらいたい。だが現時点では、そこまでの道のりは果てしない。

60/100 COGconnected

良い点:
・最高のジャベリン
・豊富なカスタマイズ
・優れた戦闘
・美しいBastion
悪い点:
・不気味なアニメーション
・退屈な物語
・磨き上げが足りない操作性
・コンテンツ不足

『Anthem』の欠点は顕著だが、ユニークな作品に昇華できる強固な土台がある。悲しいかな、『Anthem』は過去の過ちを繰り返しており、エンドゲームは最小限でデザイン決定は不可解。『Anthem』の強固な土台にはあまり発展の余地が残されていないが、BioWareにはより中身のある体験に昇華させてもらいたいと思う。Bungieの逆を行く絶好の機会を台無しにしてしまったように感じられるのが残念だが、本作が期待通りに発展するのか、より現実的に考えて現状を超えることができるのかは、時のみぞ知るといったところ。美しい表面の下には、失望しか感じない平凡なゲームが横たわっているのである。

3.0/5.0 Trusted Reviews

良い点:
・探索し甲斐のあるゴージャスで野心的な世界
・スピーディでカオスかつ満足感のあるジャベリン戦闘
・スリリングな飛行
・豊富なカスタマイズ
悪い点:
・印象に残らない物語と深みのないキャラクター
・平凡で面白くないミッション構造
・多すぎるロード画面

『Anthem』は奇妙で欠点を抱えたアドベンチャーで、傑作の片鱗は大量の不可解なデザイン決定の陰に隠れている。BioWareの良さは垣間見れるものの、殆ど判別できないほど断片的だ。

5.0/10 RPG Site

BioWareには、本作で披露された素晴らしい表情アニメーション技術、アップグレードされたビジュアル、素晴らしい音楽を、次回作で活かしてもらいたい。それ以外は捨ててしまうべきだ。国歌というのは、しばらく耳にしていなくてもメロディは決して忘れないもの。歌詞は多少あやふやになっても、体で覚えているはずだ。悲しいかな、『Anthem』は私には全く響かなかったし、どれだけ時間が過ぎようとも変わることはないだろうと思う。

2.5/5.0 Games Radar+

良い点:
・驚異的な飛行
・美しい世界とジャベリン
悪い点:
・単調なミッション
・エンドゲームが存在しない
・BioWareマジックが不十分

『Anthem』は深刻な問題を抱えた未完成品だ。傑作の片鱗も垣間見れるものの、全体的な空虚さ、単調さを覆すことはできていない。

2.5/5.0 USgamer

『Anthem』はイライラさせられる体験だ。コア・ゲームプレーの発想は楽しいが、エンドゲーム以降もゲームを延命するには不十分である。飛行と戦闘が売りのようだが、グランドマスターが邪魔をする。広大な世界を提示しているが、探索する理由が存在しない。『Anthem』はBioWareの良さが活かされているようには感じられる、本当に残念だ。

2.5/5.0 Screen Rant

『Anthem』が抱える問題点の多くはパッチで容易に修正できるものばかりで、一部はすでに修正されている。問題は、プレーヤーが待たされることだ。『Anthem』は魂の欠けた体験で、喜びを引き出す展開が非常に少ないのだ。歌詞を信じ切れていない歌手による哀歌であり、それが如実に表れている。『Destiny』がヒット曲だとするなら、『Anthem』は酷いカバー曲だ。

2.5/5.0 Game Revolution

ここ最近のEAのオンライン・ゲームは、中途半端な状態で発売され、その後にパッチや追加コンテンツでてこ入れをすることが多い。往々にしてそれは手遅れに終わるが、『Anthem』にも同じ未来が待っている気がしてならない。追加コンテンツの配信予定も発表されているが、それだけで後になってプレーするために今現在本作を買わせることができるかどうかは疑問が残る。

このゲームを軌道修正するには、グリッチやバグの修正、拡張パックだけでは不十分だろう。このゲームをマストのレベルに引き上げるには、多くの要素の抜本的な刷新が必要だ。そうしないと、美しい見た目と魅力的な戦闘システム以外は、極めて平均的なハクスラ・シューターであり続けるだろう。