2019年04月10日(水)16時53分

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』海外レビュー

pw.jpg

欧米でこの4月に発売された『逆転裁判123 成歩堂セレクション』の海外レビューです。

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:カプコン
  • 販売:カプコン
  • 概要:シリーズ初期3作品を現行機向けにリマスターしたコレクション

95/100 GamingTrend

良い点:
・トリロジーの最も美しいバージョン
・ストレスを緩和する細かな改善
悪い点:
・現時点では外出先でプレーできない

携帯機からコンソールへの移行でも、私のお気に入りシリーズである『逆転裁判』トリロジーのクオリティは損なわれていない。大画面に相応しいシリーズであり、まだ未プレーならプレーする価値があるだろう。

9.0/10 GameSpew

この3作品を既にプレー済みでも、『逆転裁判123 成歩堂セレクション』はその3作品を大画面でプレーする機会を提供してくれる。もし成歩堂龍一が裁判に勝利する様を目撃したことがないなら、本作を素通りするのは罪である。

4.5/5.0 Hardcore Gamer

『逆転裁判』は文句の付けようがないクラシックだ。10年以上に亘って物語とキャラクターでファンを魅了し続けてきたし、今後も魅了し続けるだろう。オリジナル・トリロジーは、プレーヤーの記憶に残る数々の素晴らしい物語の始まりだ。その3作品を様々な機種に移植されたことで、シリーズに新たなプレーヤーを引き込みつつ、メカニックやゲームプレーにアップデートを施す完璧なチャンスとなっている。『逆転裁判』ほどリプレー性の高いビジュアル・ノベルは多くないが、このジャンルの中でも突出した名場面や最高の裁判劇を何度も楽しみたくなるだろう。『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は、練られた物語が好きな人なら誰もがプレーすべきだし、既存ファンも改めて楽しめるはずだ。

4.5/5.0 Game Revolution

殆どのプレーヤーは気付かないであろう細かな欠点はあるものの、『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は史上最高のアドベンチャー・ゲーム3本の素晴らしいリマスターだ。どの事件も満足のいく結末を迎えるばかりか、それぞれの物語を繋ぎ合わせてより豊かな体験を作り出すことでプレーヤーを感嘆させるのだ。オリジナル・トリロジーを一つのパッケージで手にできるというのは超お得なだけでなく、巧舟作品全てを収録することになる。次は、他のシリーズや様々なスピンオフもより幅広い層に届くことを願いたいが、本作は最高の出だしとなっている。

8.5/10 Wccftech

良い点:
・愛すべき変人たち
・プロットがタイトなミステリー
・HDビジュアル
・快活なサウンドトラック
・30ドルで豊富なコンテンツ
悪い点:
・少し中弛みする調査
・古臭いローカライズ
・特典が少ない

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は、充実したミステリー・コレクションで、発売当時のシャープさは色褪せていない。最近のビジュアル・ノベルと比較すると確かに古臭く感じる箇所もあるとはいえ、キャラクターたちの魅力は唯一無二だ。このHDアップデートは必要最低限ではあるが、全体としては古典に相応しい出来となっている。

8.0/10 DualShockers

『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は、リマスターの成功例だ。カプコンはコア・ゲームプレー体験を台無しにすることなく現代化することに成功している。魅力的な物語、時代を超越したキャラクターたち、シンプルな設定が詰まった傑作であり、僅か29.99ドルという価格は、新旧ファンが投資する価値が十分にあるものだ。ベテラン弁護士も、司法試験に合格したばかりの人も、『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は見逃すべきではない。

新作を出す代わりに、カプコンはオリジナル・トリロジーをさらに多くの機種に移植することにしたようだ。携帯機ではなく家庭機向けに作られた『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は、シリーズの特徴であるチャーミングさとゲームプレーを維持しつつ、身だしなみを整えている。

7.5/10 God is a Geek

良い点:
・3本のゲームを収録
・素晴らしい物語
・素晴らしいキャラクターたち
悪い点:
・必要以上に分かりにくいパズルの解き方
・新フィーチャーがない
・オリジナルの個性が失われたHDアート

ファンを新たに獲得できるなら、コンソールで『逆転裁判』をプレーできることに異議を挟む余地はないだろう。

7.5/10 IGN

未経験者にとって、『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は時として融通が利かず非論理的なゲーム・メカニックを覆い隠してくれる素晴らしい脚本と賑やかなキャラクターたちを収録した、充実の裁判劇ビジュアル・ノベルのコレクションとなるだろう。しかし、既にこれらのゲームを経験済みなら、このコレクションを勾留する理由は殆どない。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・綺麗な作り直されたアートワーク
・記憶通りの『逆転裁判』クラシック
・Switch版のタッチ画面対応
悪い点:
・野心的なリマスターとは言い難い
・2000年代初頭感の強いMIDIサウンドトラック

奇抜なキャラクターと入り組んだ事件が満載の『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は最高のビジュアル・ノベル・アドベンチャーで、現行機向けに丁寧にアップデートされている。リマスターとしては野心的ではないが、初心者だけでなく既存ファンをも魅了するチャーミングさがある。

良い点:
・ゲーム史に残る楽しいキャラクターたち
・シャープな台詞と効果的なメロドラマ
・巧みなパズルとサイコ・ロックの難題
・豊富なコンテンツ
悪い点:
・オリジナルの問題点は健在
・稀な非論理的解決策
・オリジナルの魅力が失われたHDビジュアル
・理不尽なほど高価

時の経過が不利に働き始めているとはいえ、『逆転裁判』は馬鹿げたアドベンチャー・ゲームを楽しく魅力的に仕上げる手法を示した証拠品Aであり続けている。

3.5/5.0 USgamer

『逆転裁判』で傲慢な目撃者を論破して裁判に勝つ爽快感は否定できない。証拠を集めて矛盾を探し出すのは満足感があるが、目撃者とゲーム全体にもう少し深みと繊細さがあれば嬉しかった。

最新記事