2019年04月14日(日)16時34分

『Warparty』海外レビュー

wp.jpg

『Warparty』の海外レビューです。

  • ジャンル:RTS
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:Crazy Monkey Studios/Warcave
  • 販売:Crazy Monkey Studios/Warcave
  • 概要:恐竜やゾンビが登場する石器時代を舞台にしたリアルタイム・ストラテジー

8.0/10 GameSpace

良い点:
・それぞれ特徴を持つ3つのユニークな派閥
・プレーに大きな変化をもたらすダイナミックなアップグレード・システム
・奪い合う第三の資源で管理されるサポート・パワー
・特徴的なヒネリを加えた、親しみやすい古典的RTSゲームプレー
悪い点:
・物足りないシングルプレー・オプション
・ビルド・メニューに隠されたアイテムのせいでストレスが溜まりがちなプログレッション

『Warparty』は、近年で最も優れたデザインの洗練されたインディRTSかもしれない。デザインはクリーンで、全てが上手く機能している。シングルプレー・コンテンツは改善の余地があるが、コア・システムは極めて強力だ。ヒット作になるためにそれで十分かどうかは分からないし、更なるプレーヤーを獲得するにはシングルプレーの充実や協力プレーのコンテンツ・アップデートが必要かもしれないが、本作は多大なポテンシャルを秘めた、楽しいシステムを築き上げている。

4.0/5.0 Windows Central

良い点:
・優れたゲームプレー
・素晴らしい舞台設定
・最高のプレゼンテーション
・素晴らしい価格
悪い点:
・ゲームプレーに革新性がない
・改善の余地があるパフォーマンス

25ドルの『Warparty』は、RTSファンにとって激安と言える。3つの派閥、3つのボリューム満点のキャンペーン、マルチプレー、AIと戦えるモードなど、価格以上の価値がある。

豊富なモード、オプション、3つのカスタマイズ可能な派閥など、『Warparty』はRTSファンにとって盛り沢山のゲームとなっている。ユニークな世界観と入り組んだメカニックの構築に多大な労力が注がれたのは明白。マルチプレーがないのは残念だが、『Warparty』は高い難易度とスピーディなストラテジー・アクションでプレーヤーを飽きさせない。

70/100 COGconnected

良い点:
・滑らかなゲームプレー
・明確なチュートリアル
・没入感が高い
悪い点:
・長いマッチ
・村人が自動で動かない
・短すぎるキャンペーン

全体的に、『Warparty』はRTS入門に最適と言える。ゲーム自体も非常に滑らかで、深刻なバグやデザイン上の欠点も少なく感じた。RTSのベテランにとっては少し初歩的過ぎるかもしれないが、私自身はゲームプレーに没頭することができた。

3.5/5.0 DarkStation

古臭いRTSメカニック、ユニット・タイプなど、『Warparty』は明らかにありがちなゲームだが、古典に目がないこのジャンルのファンなら、プレーする価値があるだろう。コンソール版は操作性がイライラするものの、体験自体が台無しになるほどではない。RTSの時代を超越したクオリティは健在で、『Warparty』はそのマジックを多少は捉えることに成功している。

『Warparty』は良いゲームだが、ゲームプレーで差別化を図ることに失敗している。

3.0/5.0 Screen Rant

『Warparty』は、恐竜とゾンビが登場する好感度の高い奇抜な舞台設定を備えたRTSだ。独創的な攻撃手段の数々を見ると、非常にユニークなゲームに思えるかもしれない。だが実際のところ、本作は極めて型通りのRTSで、キャンペーンは単調でAIメカニックはストレスが溜まるものの、大規模な軍勢同士がぶつかり合う時、恐竜とゾンビが入り乱れる楽しいカオスの不協和音を提供してくれる。とはいえ、そうした瞬間は稀で、まだまだ磨き上げが足りていない。価格が手ごろなこともあり、『Warparty』はハードコアRTSのファンや子供にも優しいRTSを探しているゲーマーにとっては悪くない選択肢となっているが、それでもより洗練された選択肢が他にある。

5.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・魅惑的な石器時代設定
・チャーミングなビジュアル
・恐竜!
悪い点:
・機能していないゲームパッドの操作性
・ありきたりなゲームプレー
・バランスが悪い

極めて昔気質なRTSに恐竜のDNAを散りばめた『Warparty』は、コンセプト的には盛り沢山だが、出来栄え自体は物足りない。たとえゲームパッド操作自体が障害にならなかったとしても、3つの種族はバランスが悪く、数の勝負に陥りがちである。新鮮な舞台設定だけでは、ありきたりな昔気質のRTSを過去から引っ張り出すのには不十分だ。

『Warparty』は単純なマルチプレー・マッチを楽しめるゲームとしては悪くないが、独創性の欠如や粗削りなメカニックのせいで、その時代設定異常に古臭く感じてしまうのだ。

2.5/5.0 TheXboxHub

良い点:
・異なるプレースタイルを提供する3つのユニークな派閥
・バラエティ豊富なミッションを揃えたキャンペーン
悪い点:
・理不尽に感じる難易度とイマイチの操作性
・あらゆる種類のバグ

しっかりと差別化された3つの特徴的な種族など、『Warparty』には素晴らしいアイデアが詰まっている。トリケラトプス、ラプター、ゾンビ、弓兵、霊体などが共存するのだから、バラエティには事欠かないのだ。キャンペーンは最高に楽しめそうだが、容赦ない難易度と多種多様なバグのせいで台無しになりかねない。殆どのコマンドは教えられず、特定ユニットの選択もやり辛いなど、操作性も分かりにくい。

大規模なパッチが配信されない限り、Xbox Oneの『Warparty』は残念ながら素通りすべきだろう。

Switch初のRTSとして、『WarParty』はRTS栄光の日々の再現を目指した勇気ある試みだ。その試み自体は素晴らしいものの、爽快感が全くなく、規模が小さいため、私はSwitchに大量にある傑作ターン制ストラテジーで満足だ。

最新記事