2019年07月04日(木)00時46分

『勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ!! アルティメットRPG宣言!!』海外レビュー

sn.jpg

欧米でこの6月に発売された『勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ!! アルティメットRPG宣言!!』の海外レビューです。

  • ジャンル:RPG
  • 機種:PS4/PC/Switch
  • 開発:Artisan Studios
  • 販売:コンパイルハート
  • 概要:『ネプテューヌ』フランチャイズの2Dメトロイドヴァニア風スピンオフ

80/100 GamingTrend

良い点:
・ファン向けのネタや第四の壁の破壊が楽しい
・ネプテューヌたちと一緒に新たな冒険ができる
・刷新された戦闘システムと2D化は良い気分転換になる
悪い点:
・戦闘システムがシンプル過ぎて鬱陶しいと感じるプレーヤーもいるかも
・ドッジできない

『勇者ネプテューヌ』は、『ネプテューヌ』フランチャイズの素晴らしいスピンオフだ。2D化と刷新された戦闘システムなど、シリーズにとって嬉しい気分転換となっている。と同時に、戦闘システムはシンプルなので、それが嫌なプレーヤーもいるかもしれない。

7.1/10 Video Chums

良い点:
・メトロイドヴァニア探索と特徴的なJRPG戦闘システムの見事な融合
・風変わりなキャラクターたちが楽しい
・やりがいのあるパーティ・カスタマイズ
悪い点:
・非直感的に感じることがある戦闘システム
・グラフィックの不具合が多い
・イライラさせられるいつもの欠点は健在

『勇者ネプテューヌ』は、メトロイドヴァニアと新鮮なJRPG戦闘の革新的な融合だ。しかし、調整が必要な箇所も多く、より洗練された続編を望みたい。

7.0/10 Cubed3

確かに、『ネプテューヌ』フランチャイズは万人向けではない。主要キャラクター、特にネプテューヌ自身、好き嫌いが分かれる存在だ。加えて、ファンサービスに耐えられない人は、本作は楽しめないだろう。それでも、ここには愛さずにはいられない魅力がある。『勇者ネプテューヌ』は、より幅広い層に受け入れられるような作品に昇華されている。面白いプロットは、ユニークな悪役たちに支えられている。戦闘システムも、お馴染みのコンセプトに素晴らしいヒネリを加えている。アート的には昔とは一線を画しており、それが好きな人もいるかもしれないが、イマイチ馴染めない人もいるだろう。なんにせよ、そんな些細なことでこの冒険を見逃すべきではない。

7.0/10 Nintendo Life

『勇者ネプテューヌ』は、通常は複雑すぎるシステムを万人向けにカジュアル化しているという面で、伝統的なRPGよりも『South Park: The Fractured But Whole』に近い。戦闘はカジュアル寄りすぎるきらいがあり、スピードアップ能力を使うと尚更だが、環境デザインや牧歌的なクエストの強みのお陰で、近年のPS Vitaを彩る小銭稼ぎよりも重みのあるスピンオフとなっている。

6.0/10 Push Square

『勇者ネプテューヌ』は、楽しいが平凡なスピンオフだ。ネプテューヌたちは笑えて愛さずにはいられないが、物語は不必要に長く退屈な会話に足を引っ張られている。『ネプテューヌ』シリーズのファンなら、ゴージャスな2D世界でお馴染みの顔ぶれに会えるのを楽しめるだろうが、ファン以外にとってはありきたりなJRPGである。

6.0/10 RPG Site

『勇者ネプテューヌ』は楽しいゲームだが、物足りない部分も多い。ポテンシャル満載の続編もありえるが、現時点では技術的不具合が多く、結局は『ネプテューヌ』のファンかどうかにかかってくるだろう。傑作と呼ぶには粗削りすぎるが、将来的な続編か、『ネプテューヌ』という足枷から解き放たれた新規IPなら、より面白いプロジェクトになるかもしれない。

『勇者ネプテューヌ』は、ポテンシャルを活かし切れていない。スピンオフの最高傑作にもなりえたが、ゲームプレー関連の問題とバグが多すぎて、長所を台無しにしてしまっているのだ。光り輝くシェアクリスタルのように、本作の素晴らしさは泥だらけの中からも垣間見れる。ただ、唯一の疑問は、磨き上げるだけで十分かどうかだ。

2.5/5.0 Hardcore Gamer

『勇者ネプテューヌ』のようなゲームをレビューする時は、愛憎入り混じる気分になる。ストックホルム症候群かもしれないが、2D世界で過ごした時間は無駄ではなかったと感じる。腹立たしい欠点も多いものの、魅力は失われていないのだ。同路線の新作も期待できるし、そうなってくれれば嬉しい。本作の欠点を修正した続編は、傑作になるはずだ。一方、シリーズのファンは大いに堪能できるはず。このシリーズが嫌いな人は、今すぐ逃げるべきだ。まだ迷っている人にとっては入門編として悪くないし、リトマス試験紙に最適だ。