2019年07月08日(月)13時49分

『Sea of Solitude』海外レビュー

sos.jpg

『Sea of Solitude』の海外レビューです。

  • ジャンル:アクション・アドベンチャー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Jo-Mei Games
  • 販売:EA
  • 概要:怪物化した少女Kayが水没した世界を冒険する3人称アクション・アドベンチャー

9.5/10 God is a Geek

良い点:
・美しいアート・スタイル
・素晴らしいスコア
・難しい題材を多く扱った素晴らしい物語
・知的で順応性のあるゲームプレー
悪い点:
・ボート周りのグリッチ

『Sea of Solitude』は、孤独に関する力強い物語を、美しいアート・スタイルとスコアが完璧に支えている。

9.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・感情移入できて感動的
・心地良いグラフィック・スタイル
・抑制の効いた美しいサウンドトラック
悪い点:
・ムラのある声優の演技
・稀に言うことを聞かなくなるカメラ

巧妙で感動的かつ生々しい『Sea of Solitude』は、プライバシーを侵害しているかのようなパーソナルな旅路である。確固たる誠実さがあるし、Kayが葛藤するのと同じように、プレーヤー自身も周囲の人々や自分の脳内での立場を考えざるを得なくなるだろう。

9.0/10 Critical Hit

『Sea of Solitude』は、ストーリーテリング、アート・デザイン、テーマのビジュアル化における傑作だ。ボリュームが多いわけでも、メカニック的に奥が深いわけでもないが、凄まじく作り込まれており、誰もが経験すべきである。

7.5/10 Game Informer

コンセプト:
グラフィック: カラフルなアートや嵐の最中の暗めの色彩など、『Sea of Solitude』は美しくも恐ろしい。
サウンド: 耳を刺すカラスの鳴き声や波の音が不穏な雰囲気を生み出すサウンド・デザインは良くできている
プレー性: 操作性は簡単で、ミニマリストなインターフェースが没入感を高めている
エンターテイメント性: メンタル・ヘルスを掘り下げ、キャラクターも有意義な進化を見せる
リプレー性: 低め

『Sea of Solitude』は、メンタル・ヘルスが本人だけでなく周囲の人間にどれほど影響を及ぼすかを思慮深く描いている。耳を傾けることの大切さを通じてKayは多くを学び、自らの欠点を受け入れ、家族に共感するだけでなく、単純な解決策など存在しないという事実を受け入れるのだ。

7.0/10 GameSpot

良い点:
・パーソナルで感動的な意義深い物語
・極めて自然でデリケートな問題に取り組んだ会話
・幻想的なワールド・デザインと美しいアート・スタイル
悪い点:
・あっという間に飽きてしまうシンプルなメカニック
・ムラのある声優の演技

普遍的だが誤解されがちな人生の一部に取り組んだ物語こそ、『Sea of Solitude』最大の魅力。ゲームプレーは良くて許容範囲、悪くて退屈だが、真摯なキャラクターと真実味のある嘆きから感動的な物語を紡ぎ出すJo-Mei Gamesの手腕は、体験する価値のあるものだ。自分が怪物に変貌してしまった理由を知りたいというKayの願望が、本作の推進力になっている。何が切っ掛けになったのか、なぜ怪物たちはこれほど複雑にリンクしているのか?いくつか欠点はあるものの、『Sea of Solitude』は自らの目で答えを見るまで、止め時が見つからないゲームである。

7.0/10 Shack News

良い点:
・感動的で共感できる物語
・同情を呼ぶ主人公
・シンプルなプラットフォーミング・シークエンス
・ナラティブを支える美しい世界
・中弛みしない短い物語
悪い点:
・不明瞭なことのあるオブジェクティブ
・行き先が良く分からないことのあるフレア
・イライラしがちな戦闘
・場面を軽くしがちなモノローグ

『Sea of Solitude』は、自らの欠点と向き合い、より良い人間へと成長する過程を描いている。長いゲームではないし、収取要素を除くとリプレー性も低い。しかし、ナラティブの持つ重みだけでも、一度は体験する価値があるだろう。

孤独な怪物化した理由を探るKayの感動的な自己発見の旅路には一切手抜きがないものの、冒頭から一切進化しない独創性のないゲームプレーのせいで、『Sea of Solitude』は苦戦している。

6.5/10 IGN

『Sea of Solitude』はポテンシャルを活かすことができていない。目の保養になる美しさだが、小さな池の綺麗な水しぶきといったところ。物語は最後までプレーヤーを魅了するが、単調なタスクは前半で魅力が失われてしまう。決して長いゲームではないのだが、最後には早く終わってほしい気持ちになっていた。終わるよりもはるか以前から、もう何も提供できなくなっていたように感じられる。楽しめる、魔法的ですらある瞬間も存在するとはいえ、全体的には凡庸で傑作になり切れずに終わってしまった。

2.0/5.0 USgamer

目を見張るアートや真摯なストーリーテリングですら、残念な『Sea of Solitude』を救うことはできない。退屈なアクションとイライラするシークエンスに台無しにされた『Sea of Solitude』は、実際のプレー時間よりも倍は長く感じられる。モンスターと世界は確かにゴージャスなのだが。