2019年07月19日(金)19時09分

『They Are Billions』海外レビュー

tabs.jpg

『They Are Billions』の海外レビューです。

  • ジャンル:RTS
  • 機種:PS4/Xbox One/PC
  • 開発:Numantian Games
  • 販売:BlitWorks
  • 概要:早期アクセス版からおよそ1年半を経て正式版がリリースされたゾンビ・サバイバルRTS

8.5/10 Wccftech

良い点:
・決して飽きさせない驚異的なコア・ゲームプレー・サイクル
・特にリソース管理と都市計画において奥の深いストラテジー
・一つのアウトブレイクで全てが無駄になる可能性を秘めた緊迫感
・舞台設定にピッタリな最高のビジュアルとオーディオ
悪い点:
・険しい学習曲線
・サイド・ミッションの素晴らしいコア・ゲームプレー・サイクルが欠落しているキャンペーン

『They Are Billions』には、ほぼ完璧なゲームプレー・サイクル、都市建設と探索を織り交ぜたタワー・ディフェンスがあり、プレーヤーはゾンビに支配された壊滅間近の世界で、リソース管理、ディフェンスとオフェンスをやりくりすることになる。説得力のある舞台設定で手に汗握る体験を提供する、見た目も音も素晴らしい本作唯一の欠点は、Numantian Gamesが磨き上げたゲームプレー・サイクルを最大限生かすことができていないキャンペーンが、本作の真の魅力であるサバイバル・モードと比べると、見劣りがする点である。

8.5/10 Critical Hit

『They Are Billions』は、ゾンビに全てを賭けたゲーム。だがその賭けは大成功を収めており、プレーヤーは最善を尽くして構築した拠点に向かってくるゾンビたちを相手に、何十時間も楽しめるはずだ。

8.0/10 GameSpot

良い点:
・濃厚な戦略性をもたらすコア・サバイバル・ゲームプレー
・ゾンビ一体で全てが崩壊する緊迫感
・初心者にとっては役立つチュートリアルであり、ベテランには手応えのあるキャンペーン
・守って拡張する緩急がミッションのテンポの良さを生んでいる
悪い点:
・手作りキャンペーン・ミッションに適していない死んだら終わりというデザイン
・コア・ゲームプレーの面白さを打ち消す、キャンペーン中の一部の新ミッション・スタイル

サバイバル・モード、キャンペーンの大半、そして週刊チャレンジ・マップまで、『They Are Billions』はタイトで充実したストラテジー・ゲームであり続けている。一歩間違えるだけで惨劇が待っているという感覚が、このジャンルには珍しい魅力的で手に汗握る雰囲気を作り出しているし、ウェーブごとにディフェンスとオフェンスが入れ替わることで、テンポの良い切迫感と明白な短期目標を生んでいる。細かな欠点はあるが、土台は非常に練り込まれているのだ。一体のゾンビで全てが終わってしまうように、時には強力なアイデアが一つあれば十分なのだ。

8.0/10 God is a Geek

良い点:
・手に汗握る
・素晴らしいコンセプト
・美しい
悪い点:
・クートリアルがない
・イライラしがち
・パッドでの操作はイマイチ

『They Are Billions』は、ユニークで手に汗握る『Civ』風シミュで、一つのミスで全てがあっという間に崩壊してしまう。

良い点:
・ゾンビを再び面白くした、繊細で独創的なRTS
・ポーズ機能でバランスを取った容赦ない難易度
悪い点:
・キャンペーンが配信されていないコンソール版
・楽なゲームが好きな人は逃げよう
・もうゾンビは全滅させなかったっけ?

暗闇とゾンビだらけのスチームパンク世界を舞台にした、複雑で魅力的、かつ容赦ないRTSとタワー・ディフェンスの融合。

7.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・奥が深く容赦ないストラテジー
・緊迫感のある雰囲気
・最高のゾンビ・メカニック
悪い点:
・難しすぎるかも?
・バラエティ不足
・2つのモードと4種類のマップしかないコンソール版

『They Are Billions』はコンテンツ不足の素晴らしいゲームだ。「現実的」なゾンビ・メカニックを備えたサバイバル・メカニックという発想は素晴らしく、実際のメカニックも作り込まれており、一部のプレーヤーには難しすぎるかもしれないが、奥が深く魅力的なストラテジーとなっている。この種のゲームは殆ど存在していないので、そこに魅力を感じる人には、コンテンツ不足も問題ではないだろう。

7.0/10 GameSpew

死んだらそこで終わりなど高い難易度のせいで、『They Are Billions』は過酷なスチームパンク世界を許容するハードコア・ゲーマーだけにアピールするであろうことは想像に難くない。優しく導いてくれるストラテジーを探しているプレーヤーの手には余るはずだろう。だが、時間をかけて隅々まで知り尽くせば、大いに楽しめるはずだ。万人向けではないが、凄まじい数のゾンビが拠点に一気に押し寄せてくる様は唯一無二である。

3.0/5.0 Screen Rant

どちらの要素もポテンシャルを活かし切れているとは言い難いものの、サバイバルと拠点構築ストラテジーの優れたハイブリッドを探している人にとって、『They Are Billions』は十分楽しい出来だ。スチームパンク世界にゾンビというのは新鮮だが、途中で止めてしまうプレーヤーも出そうなほど操作性にイライラさせられるだけあって、あまり長続きはしないだろう。なんにせよ、欠点を凌駕するほどの楽しさは詰まっているし、手に汗握るサスペンスには欠点を無視するだけの価値があるのだ。