2019年07月23日(火)13時55分

『Etherborn』海外レビュー

etherborn.jpg

『Etherborn』の海外レビューです。

  • ジャンル:パズル・プラットフォーマー
  • 機種:PS4/Xbox One/PC/Switch
  • 開発:Altered Matter
  • 販売:Altered Matter
  • 概要:重力が変化するステージでパズルを解いていくスペイン産プラットフォーマー

90/100 GamingTrend

良い点:
・重力が切り替わる巧妙なステージ
・やりがいのあるパズル
・目を見張るビジュアルと牧歌的な雰囲気
・リプレー性を高めるニューゲーム+
悪い点:
・あっという間に終わってしまう

『Etherborn』は息をのむビジュアルとエッシャー的なステージを収録した、重力が変化するパズル・プラットフォーマーだ。洞察力と論理的思考が試される適度決してイライラすることはない。クリアには5時間ほどを擁するが、その価値は十分すぎるほどあるだろう。

8.0/10 Shacknews

良い点:
・重力メカニックの独創的な使い方
・美しくデザインされた世界
悪い点:
・ムラのある難易度

『Etherborn』は、短くもスウィートなパズル・プラットフォーマーで、アイデンティティと目的といったアイデアを軸にしている。物語には、人間という存在、人であることの意味についてのメッセージが含まれている。ナラティブはプレーヤーに考えさせるだけでなく、ゲームプレーの水ション力としても機能している。楽しい重力メカニックや練られたカメラワークのお陰で、プラットフォーミングとパズルは卓越した出来。『Etherborn』は、このジャンルに特別な何かをもたらす、ユニークなパズル体験となっている。

『Etherborn』は、カラフルだがシンプルなアート・スタイルが素晴らしい、巧みなレベル・デザインとゴージャスな風景を備えたユニークなパズル・プラットフォーマーの傑作だ。少々短めだし、もう少し試行錯誤してもらいたかったが、最近のパズル・ゲームの中では、プレーする価値とやりがいのあるゲームとなっている。

7.0/10 Nintendo Life

『Etherborn』は非常に美しく、サウンドも驚異的。核を成すゲーム・メカニックは素晴らしいものの、あっという間に難易度が上がり、まだ慣れていないうちからイライラするほど複雑になってしまうため、巧妙なパズルを堪能できずに終わってしまう。傑作のポテンシャルはあるものの、急激な難易度上昇に耐える聖人のような忍耐力が不可欠である。

70/100 COGconnected

良い点:
・最高のレベル・デザイン
・素晴らしい音楽
悪い点:
・行ったり来たりが苦痛
・低いリプレー性
・短い

『Etherborn』は、最高のレベル・デザインとサウンドトラックを備えた、チャーミングなゲームだ。物語とキャラクターは平坦ではあるものの、ゲームプレーがそれを補って余りある。視点と重力操作を巧みに活用した、シンプルなパズル・ゲーム。『Etherborn』は短めだし、各ステージのリプレー性も低い。私は『Etherborn』を大いに楽しむことができたが、もう一度プレーする理由があればなお嬉しかった。新たな視点からの問題解決について教えてくれるリラックスしたパズル・ゲームを探しているなら、『Etherborn』がおススメである。

6.6/10 Xbox Tavern

良い点:
・魅力的で巧妙なコア・メカニック
・美しいビジュアルと音楽
・練り込まれたステージ
悪い点:
・的外れで過剰のドラマチックな脚本
・変化の少ないニューゲーム+

少々短めだし、脚本は過剰にドラマチックだが、ゲームプレー・サイクルは非常に練り込まれており、プレーヤーを飽きさせない魅力的で巧妙なメカニックを前面に推しだしている。それを優れたビジュアルとオーディオ・デザインが支えており、ゲームのムードを巧みに盛り上げている。午後のひと時をのんびり過ごしたいパズル・ファンは間違いなく楽しめるだろうが、あっという間に終わってしまうのが本当に残念だ。

6.5/10 Wccftech

良い点:
・面白いコンセプト
・目を見張るデザイン
・ルートが明確でない
悪い点:
・目標も明確でない
・全てがのんびりし過ぎている

『Etherborn』は見た目も綺麗でパズルも本当に面白いが、テンポが少し遅すぎるし、フラストレーションが溜まり過ぎて楽しめない。

6.0/10 GameSpot

良い点:
・判断力が試される革新的で新鮮なパズル
・ミニマリストな世界でベストなルートを探す満足感
悪い点:
・非論理的に感じる分かりにくいプロット
・数が少なく、唐突に終わってしまうパズル

『Etherborn』のハイライトは間違いなく独創的なパズルと充実した小世界の数々だ。だが僅か5チャプターしかないボリュームはやはり少なすぎるし、もっとパズルを楽しみたかった。『Etherborn』は、再び同じ世界に舞い戻れるニューゲーム+のアンロックで、そこを補おうとしている。このモードはオリジナルとほぼ同じで、唯一の違いは到達しにくい場所に置かれたオーブだけ。全てのシークレットを発見済みなので発見のスリルは弱まっており、再訪する動機がほぼ存在しないのである。結局のところ、小世界の魅力だけでは再訪するには不十分であり、物足りなさしか感じないのである。

6.0/10 TheSixthAxis

良い点:
・天才的な5ステージ
・刺激的なパズル
・素晴らしいサウンドトラック
悪い点:
・ゲームプレーのアイデアを掘り下げるにはステージ数が少ない
・いい加減なニューゲーム+
・ちゃんとした幕引きのない幻想的な物語

『Etherborn』には凄いポテンシャルがあったが、最高の見せ場はあっという間に終わってしまい、デザインのクールさを見せびらかす以外のリプレー性がない。

5.5/10 God is a Geek

良い点:
・綺麗
・面白いアイデア
悪い点:
・解法が分かりにくい
・カメラを自由に動かせないことが難易度を上げている
・あっという間にアイデアが尽きてしまう

『Etherborn』は、プレーヤーの空間認識能力に挑む、空間と重力を捻じ曲げたパズル・ゲームだが、非常に魅力的な設定と美しいビジュアルにもかかわらず、あっという間にアイデアが尽きてしまう。