2019年07月25日(木)14時33分

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』海外レビュー

ffxivsb.jpg

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』の海外レビューです。

  • ジャンル:RPG
  • 機種:PS4/PC
  • 開発:スクエア・エニックス
  • 販売:スクエア・エニックス
  • 概要:2010年にサービスがスタートした人気MMOの拡張パック第三弾

10/10 CGMagazine

『漆黒の反逆者』は、人気物語における巧みなストーリーラインというだけでなく、『ファイナルファンタジー』史上最高峰の物語の一つであり、MMORPGの頂点に君臨している。

5.0/5.0 RPGamer

良い点:
・変わらず一流の戦闘とエンカウンター・デザイン
・ダンジョンの素晴らしい追加要素フェイス
・驚異的なサウンドトラックとビジュアル・デザイン
・光の戦士に重きを置いた素晴らしい物語
悪い点:
・辟易する大量のサイド・クエスト
・他のゲームに言及したくなってしまう

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』は驚異的な出来で、『ファイナルファンタジーXIV』の頂点だ。全ての要素が綺麗にまとまり、MMORPG体験として最も強力であるだけでなく、RPG体験としても最強である。一人でプレーするのが好きな人から、MMOとして共同でプレーしたい人まで、両方のプレーヤーの要求に応じるゲームプレーは素晴らしく、オーディオとナラティブも最高のオマケだ。『ファイナルファンタジーXIV』に参戦しようか迷っている人にとって、『漆黒の反逆者』は理想的な入口であり、出口には天国が待っているのである。

5.0/5.0 Screen Rant

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』は、ここ最近ではもちろん、MMORPG拡張パックの史上最高傑作だろう。極めて少ない欠点もパッチで簡単に修正できるはずだし、そうすれば傷ひとつなくなるはずだ。『漆黒の反逆者』は『ファイナルファンタジーXIV』最高峰の物語を語っており、同等に魅力的な物語のお膳立ても済ませつつ、このジャンルで目にしたことがないほど荘厳な環境と戦闘を提供してくれる。もうこれで議論は終わりだ。『ファイナルファンタジーXIV』はMMORPGファンから新参者までが楽しめるゲームであり、『漆黒の反逆者』はそれを証明する拡張パックとなっている。

5.0/5.0 Twinfinite

『漆黒の反逆者』によって、開発チームは『ファイナルファンタジーXIV』らしさを極めたことを証明している。次こそもう少しリスクを冒してもらいたいが、だからといってこのメイン・クエストの素晴らしい出来が覆るわけではない。私は、開発チームが勝ち取ったこの勝利の瞬間を否定する気は一切ない。

9.5/10 IGN

『漆黒の反逆者』は、テンションが上がらずにいられないほど美しい物語を語っている。ジョブ・バランスに違和感を感じることもあるものの、拡張パック全体の素晴らしさを損なうものではない。私はよそ者としてノルヴラントに足を踏み入れたが、最後にはその住人となり、最もシンプルなクエストですら物語に引き込まれてしまうのだ。『漆黒の反逆者』は、史上最高の『ファイナルファンタジー』の一つとしての『XIV』の地位を改めて強固なものにしている。

9.5/10 DualShockers

『漆黒の反逆者』はコンテンツのクオリティという意味で高いハードルを設定しており、開発チームはコミュニティからのフィードバックにも積極的に応じている。修正すべき欠点もあるとはいえ、それは全て本作が野心的だからこそ。『NieR: Automata』とのコラボ・コンテンツ、容赦ないほど難易度が高いレイド、広がり続ける物語といった追加コンテンツの配信も予定されており、『漆黒の反逆者』はこれからも楽しませてくれそうだ。

9.5/10 Destructoid

本作こそいい年の取り方をしたMMOのお手本であり、『ファイナルファンタジーXIV』は恐らく今が最高潮だろう。

9.0/10 GameSpot

良い点:
・心のこもったテンポの良いナラティブと効果的なストーリーテリング
・取っ付き易さを改善し、ストーリーテリングの可能性を広げるフェイス・システム
・新たな命を与えられた古くからの脇役たち
・パワフルなサウンドトラックと強力なナラティブが支える作り込まれたダンジョン
悪い点:
・ロンチ時にはバランスが悪く感じる新クラスなど、ジョブ間のバランス問題は健在
・要求が過酷なクエスト・デザイン

主人公の動機や疑念に焦点を絞って始まった物語が、『ファイナルファンタジーXIV』史上最大かつ最高の物語に結実している。道中で少しつまずいているとはいえ、贖罪、復讐、冷酷さ、そして生意気なエレゼンを均等に散りばめた『漆黒の反逆者』は、ノルヴラントに足を踏み入れた瞬間から目を見張る結末まで、実に盛り沢山である。

9.0/10 GameSpace

良い点:
・凄まじく面白い物語
・探索し甲斐のあるゴージャスなゾーン
・美しい音楽
・最高に楽しいガンブレーカーと踊り子
悪い点:
・古臭いグラフィック

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』は、史上最高のMMO拡張パックの一つだ。物語は素晴らしく、新ジョブはとてつもなく楽しく、メカニックへのアップデートも成功している。第一世界は目の保養になるし、音楽は一流。そう聞いて自分向きだと思うなら、必ずプレーすべきである。

4.5/5.0 Hardcore Gamer

『漆黒の反逆者』は、『ファイナルファンタジーXIV』の現在最高峰のMMOとしての地位を確実なものにしている。確かに『新生エオルゼア』は敷居が極めて高いのだが、そこを乗り越えることができれば、素晴らしい2つの拡張パックだけでなく、現代と過去のJRPGの最高峰に匹敵する物語を堪能することができるのだ。正に、古き良きJRPGに感じられる。中盤に若干の中弛みを感じるくらいで、ペース配分は実に素晴らしい。幸運なことに、中盤の中弛みもエキサイティングで引き込まれる出来事、度肝を抜かれる第三幕の足を引っ張ることはない。ダンジョンも一流で、風の試練は物足りないものの、最後のダンジョンはシリーズ最高の一つだろう。ヒーラーがもう一つ欲しかったものの、ガンブレーカーと踊り子は劇的な変化をもたらす優れた追加ジョブとなっている。見直す必要があるジョブもまだ残されているものの、ジョブのバランス再調整もポジティブな効果をもたらしている。『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒の反逆者』はMMOがお手本にすべき存在であり、進化を続けるメカニックでプレーヤーを魅了し続けている。体験すべき至極のアドベンチャーだ。

4.5/5.0 USgamer

『ファイナルファンタジーXIV』は過去の拡張パックで高いハードルを設定してきたが、『漆黒の反逆者』は頭一つ抜きんでている。追加要素は、新たなゾーンとジョブ、踊り子とガンブレーカー。新ジョブはどちらもゲームに新たな風を吹き込んでいるが、踊り子の方が突出している。何より、『漆黒の反逆者』が語る物語は、現実世界との重みのある繋がりを含むだけでなく、『ファイナルファンタジー』らしさに溢れている。最高の脚本、優れた演技、素晴らしいサウンドトラックなど、『漆黒の反逆者』は『ファイナルファンタジーXIV』のファンはもちろん、新参者も満足させるはずだ。